この記事の所要時間: 513

いよいよ、ゴールデンウィークも間近に迫ってきましたね!
ゴールデンウィークが終ると、もう気分は夏!
夏休みの計画をたて始めている人も段々と増えてきたのではないのでしょうか。

今回紹介するのは、ハリーポッターや007でも有名な「イギリス」です。

寒くて暗~いイメージが付きまとうこの国も、夏は晴れて日差しもとても強いんです!1日の日照時間も長く、夜は10時頃まで明るい日もある程。

あまり知られていない、「夏のイギリスだからこそ」足を運んでおきたい観光地をイギリス在住筆者が紹介します!


綺麗な湖畔で有名作家に思いを馳せて


image004

まずは夏に行くべき名所。
日本でも有名なピーターラビットの作者が住んでいた湖水地方、Windermere (ウィンダミア)です。

冬場は極寒なので、夏がオススメ。
ロンドンから電車で3時間のこの地、日帰りで行くことができるのに、大勢の人が「ちょっと遠いから・・・」と断念しているんです。
遠路遥々日本から来たのに、ここに行かずとどこに行く!と私は思ってしまいます!


築100年からの歴史ある家屋が建ち並ぶ街並み、ウインダミア湖のクルーズ・・・
イギリス=ロンドンではないイギリスがここにあります。

そよ風に吹かれながら都心部の雑踏から少し離れてみましょう。昔から変わらぬイギリスがここにはあります。


イギリス太古の時代に逆戻り?!


image006

夏と言ったら「海」!

イギリスには穏やかな海が実はたくさんあります。
そのひとつが、Devon (デヴォン)東部からDorset (ドーセット)に続く「ジュラッシックコースト」。

この名の通り、ジュラ紀に形成されたとする地層も多く存在し、なんと化石まで発掘されているんです。
化石発掘ツアーなんていうのもあって、海水浴客の他に本気で化石発掘をしている人も・・・

因みに私は、「一般人にもアンモナイトの化石が数多く発掘されているから見つかるよ!」と友人に言われたにもかかわらず、一つも見つけられませんでした。


でも、そんな人もご安心を!ここで発掘されたアンモナイトの化石を販売しているお店が付近にはいくつかありますので、記念に購入も可能。

私は自分で見つけたかのように購入してきました。
あなたは見つけられるでしょうか。


野生の馬なんているの?目を疑う光景が。


image008

ロンドンから電車で1時間半から2時間程の自然公園、「ニューフォレストナショナルパーク」この広い公園には、野生の動物がたくさん住んでいます。

皆さんは野生の馬を見たことがありますか?
私はここに来るまで見たことなんて勿論なし!動物園か、競馬か・・・といったところでした。

ここでは野生の馬と牛がグループを作って点在しているので、行く先々で野生の馬や牛と遭遇!なんてことも多々あります。

広い公園付近には2,3個鉄道の駅があり、降りる駅によって雰囲気もガラリと違いますし、初心者向けには、駅で無料のマップが配られています。

夏場の強い日差しから少し隠れてここで森林浴はいかがですか。
マイナスイオンをたくさん浴びて、日本から遠く離れたここイギリスで大自然と触れ合ってみるのもいいですよ


イギリスの天然温泉と言えば


image010

漫画やテレビで名が知れた「テルマエロマエ」。
その主人公の様な気分が味わえる、Bath (バース)
ここは何と言っても天然の温泉が湧く街で、今でも残っている古代ローマの温泉があります。


見学はOK!ですが、
勿論ここには今は入れませんよ!

なんだ、入れないのか・・・と思う人もいるかもしれませんが、そんなあなたもバースにある大きな温泉プール、「Bath Spa」で楽しみませんか。
3,4種類あるサウナと、建物屋上にある大浴場。
勿論日本と違い、水着着用ですが、1日中楽しめます。

そして、なんで温泉なのに夏がいいのか?というと、冬はこの屋上にあるお風呂、とっても寒いんです!
お湯からあがった後の気温は0度、それ以下の時もあります。
更に下の階へ続く階段も極寒・・・。

この後風邪をひいてしまった私としては、夏に行くのがおススメです。
屋上からバースを一望できますし、歴史のある教会や寺院も間近にみることができますよ。



バグパイプで有名なあの場所へ


image012

少々遠くに足をのばしてスコットランドへ。
冬は雪が降り積もるスコットランドエリアは夏に制覇しておきましょう。

冬はたしかに趣がありますが、天気によっては、電車や飛行機が動かず、せっかくの旅行の予定が台無し!なんてことも。


駅を降りてすぐにバグパイプを演奏している人を見かけます。
あの独特の衣装をまとっていて、隣で写真を撮ってもOK!
でも、そのあとは小銭を少し彼らの持っている(地面に置いている)箱に、忘れずに入れましょうね。

スコットランドの首都であるエディンバラはイベントも盛んなので、なにかしらイベントに出会うでしょう。

そうそう、エディンバラ城は見逃してはいけません!切り立った岩山の上に立つ要塞で、7世紀頃まで遡る歴史深い建物。一生懸命登った後は、絶景が広がります。



いかがでしたか。イギリスの行かなきゃ損損!今すぐ行こう!な場所5選!

他にも沢山魅力のあるイギリスですが、夏に行くなら、ポイントは
北と西を攻めろ!」です。
冬は寒くて日照時間の更に短い北、西のエリア。
夏に行かずにいつ行く?!といったところ。

3,4日の短期滞在はロンドン市内で効率よく旅行がいいと思いますが、
7日以上の滞在は、少し遠くに足を運んでみませんか。




折角海外に行くなら、オススメの観光地はおさえておきたいですよね!
こちらの記事にはハワイのオススメ観光地を紹介しているので、チェックしてみてくださいね!!
⇒オアフ島のおすすめスポット~ワイキキだけじゃ勿体ない!~

Sponsored Links