この記事の所要時間: 525

こんにちは、パッチワーク歴数年のミサミサです。
パッチワークというと、どんなイメージがありますか?

・難しい、
・大変そう、
・時間がかかる。。など、
なんだか難しいイメージをもっている方が多いのではないでしょうか。


実際は、用具を揃えて、基本をマスターすれば、壁にかかる大きなタペストリーや、ベッドカバーも自分で作れるんですよ!!


私も最初は、基本の「き」すら知らず、もはや人にも聞けない。。なんて時期もあったものです。


今日は作ってみたいけれど、難しそう。。基本がわからない。。という初心者の方向けにパッチワークの基本の「き」からお教えします!

これさえ覚えれば、基本の事は自分でできるようになりますよ


パッチワークを始めるのに必要なものってなに?


image004


ここでは、パッチワークに必要なものを詳細も含めて、まずは紹介していきます!

1, 針・マチ針
(針の長さも様々なので、いくつか試してみて、自分の手に合った長さの物を選びましょう。)



2, 糸
(キルト用、ミシン用など様々です。いくつか違う色があると便利です)



3, 布
(自分の好きな布で構いません。薄めの生地が最初は使いやすいです)



4, はさみ
(紙を切るため、布を切るため、糸を切るため。の3種類があるといいです)

5, チャコペン
(洗って落ちる、芯が柔らかいチャコペンは何本か持っておきましょう。)

6, ロータリーカッター
(ピザを切るような形のカッターで、いくつかの形を一気に切れるので時間短縮にも)



7, カッティングマット
(上記のロータリーカッターを使用する際に使う粘土板のようなもの)



8, 指ぬき
(布を3層にして縫うときなどにこれがあると指が痛くなりません)



9, アイロン(ミシン)
(アイロンは家庭にあるもので十分です。ミシンは必需品ではないですが、あると作業も早く進みます)

10, キルト芯
(キルトトップと裏布の間にはさむ薄い綿)



11, リッパー
(間違えて縫ってしまったときに、布目を解くのに便利な道具です)



12, メジャー
(作成したい物のサイズを測ったり、特に作品が大きくなってきたときに測るのに便利です)



まずは形から!
始める前に全て揃えてしまうと、よりスムーズに作業が進みますね。


パッチワークは頭で難しく考えるより、まず作ってみるべし!


image005
画像出典:Quilt furniture Qufu blog

必要な道具を揃えたら、頭で難しく考えるより、まずは作ってみましょう。
意外とカンタンにできちゃいますよ。

一番簡単な基本の形は「ナインパッチ」と呼ばれていて、全て正方形で作る作品です。
正方形をたった9個準備するだけでで出来るので、まずはここから。


超簡単!!パッチワーク初心者が作るべきナインパッチの作り方



1, 10センチ×10センチの正方形の布を9枚用意します。
※配色は失敗しないコツがあります。前に書いた記事にまとめました!
→パッチワークの配色のコツ4つ!!初心者はコレを知っておかないと失敗する!!

2, それを縦3枚、横3枚に並べます。

3, 1列ずつ、縫い合わせて行きます。(3枚くっついたのが3列できるはずです!)
※表を中合わせにして、端から約1センチののところを縫い合わせます。
この時チャコペンを使用するとまっすぐに縫えますね。

4, 縫いしろの布をアイロンで開きます。

5, 1段目、2段目3段目を縫い合わせます。



これで基本の形、ナインパッチが1枚出来上がりました。
これを何枚も作っていくと、大きなタペストリーも、作れますね



これだけじゃわからない!という方は、
こちらの動画が参考になるのではないでしょうか。



難しそうで、なかなか挑戦できないパッチワークも、まずはいくつか試してみることが大切です。
いくつかこなしていくうちに上手になっていきますし、応用もできるようになるものです。

基本の道具を準備できたら、
どんどん縫って、コツをつかんでいきましょう




パッチワークの配色センスについては、この記事にまとめました!真似すればオシャレにできますよ。
→パッチワークの配色のコツ4つ!!初心者はコレを知っておかないと失敗する!!




ハンドメイドは最初は大変ですが、慣れてくると自分の思ったデザインが作れるのがいいですよね。
刺繍も見た目ほど難しくないので、挑戦してみてはいかが?
⇒刺繍はやり方を覚えれば簡単!刺繍のすすめ