この記事の所要時間: 448

花が好き
ガーデニングを始めてみたい

でも、一体何から手を付ければ良いの?
ちゃんと育てられるか不安。
どんな道具を揃えれば良いの?

いざ始めようと思っても、分からないことだらけ。
結局いつまで経っても始められない。

そんな人のために、私なりのコツと基本をお教えしますね。


育てて楽しい、食べて美味しいハーブ


image004

ガーデニング初心者向けの植物は育てやすいもの。
手間がかからなくて、丈夫なものを選ぶのが一番のコツ。

オススメをいくつか挙げてみます。

ハーブは元々痩せた土地に自生していたものが多いので、とても丈夫。
虫も比較的つきにくく、初心者には育てやすいです。

自分で育てたハーブで料理やお茶が作れたら素敵。


私が最初に挑戦したのがイタリアンに欠かせないバジル

バジルとトマトで作る冷たいパスタは夏の定番。

これが食べたくてバジルを育てていると言っても良いぐらい。


自家製だからたっぷり使えるし、
売っているバジルより香り高いような気がします。



もうひとつはカモミール
可憐な花は飾っても楽しめますね。

カモミールティーは花の部分を乾燥させるだけなので簡単。

リンゴのような優しい香りに癒されますよ。

私は蜂蜜を入れて飲みます。
ドライより断然フレッシュの方が美味しいし、香りも良い。


カモミールは一度植えると、ほぼ放置状態でも毎年花が咲きます。
手間がかからないのも気に入っています。

お菓子や冷たいドリンクに添えるミント。
肉料理に使うローズマリー。


ラベンダー、レモンバーム、セージ、タイムもオススメです。


初夏~秋にかけて咲く花は?


image006

苗を植えて、どんどん葉っぱが増えて、蕾が見えて、やがて花が咲く。

ガーデニングの一番の楽しみは、やっぱり花を咲かせること

1日も早く咲いて欲しいですよね。


今の季節(5月頃〜)なら、アメリカンブルー、インパチェンス、サルビア、
百日草、ゼラニウム、ニチニチソウ、ペチュニア、
マリーゴールド、アサガオ、ひまわり、コスモスなど。

夏~秋にどんどん咲きます。


ガーデニングの道具を揃えよう


先ず用意するのは道具類。

初心者さんなら、これだけあれば大丈夫

①シャベルやスコップ
②はさみ
③土入れ(なくてもOK)
④鉢やプランター
⑤鉢底石
⑥土(培養土)
⑦肥料

良い苗を選ぶコツ

さぁいよいよ苗や種の出番です。

ポイントは丈夫で良い苗を選ぶこと。

①葉の数が多く、下までよく葉が付いている
②葉のツヤが良い
③茎が太く、株張りが良い
④グラグラしない
⑤虫や病気がない

これを目安に、よく苗を観察して選んで下さいね。

分からなければ、お店の人に聞くのが一番。


緑のカーテンに挑戦する


夏場、室内の温度を下げる効果のある緑のカーテン。

これに挑戦してみたい人も多そう。

ゴーヤ、へちま、朝顔、フウセンカズラなど、つる性の植物で作ることが出来ます。

我が家は毎年ゴーヤです。

「なぜゴーヤか? 」

答えは簡単。「食べられるから」です。


水さえやっておけば、次々と収穫出来ます。
お蔭でゴーヤ料理のレパートリーが増えました



ゴーヤが苦手な人は、フウセンカズラをオススメします。
名前の通り、小さい緑のフウセンがとても可愛い。

秋になるとフウセンが茶色になり、中に種が出来ます。

この種にはハートの模様があって、種まで可愛いです。



緑のカーテンに必要なものは、

①プランター(大きく、深めのもの)
②土(培養土)
③鉢底石
④ネット
⑤支柱
⑥結束バンド
⑦種か苗

因みに我が家は朝顔も育てていますが、緑のカーテンには、朝顔よりもゴーヤが向いているように思います。
葉っぱが大きくて、日蔭になる面積も大きいからです。


寄せ植えに挑戦する


花とグリーンを組み合わせた寄せ植え。

センスの良い寄せ植えを見かけると挑戦してみたくなりますね。
でもすごく難しそう・・・。

そんな時のコツは、
①高い花と低い花を組み合わせる。
②メインとなる花を決める。
③同系色でまとめると上品に。
④花だけでなく、グリーンも何種類か入れる。
⑤植える前に並べて配置してみる。

たくさん色を使い過ぎないのは、ファッションと同じ。

ポイントやメリハリが大切なのも、洋服のコーディネートと同じ。

そんな風に考えたら、選びやすいかなと思います。


通気性の良いテラコッタに植えれば、見た目もオシャレ。

参考になりそうな動画をご紹介しますね。



ひと口にガーデニングと言っても、
広い庭・ベランダ・室内など、環境や規模は様々ですよね。


大切なのは、
それぞれに適した植物を選ぶこと。
それぞれに適した育て方をすること。

これで植物はちゃんと育ちます。


そこに「感性」や「センス」をプラスして、
あなただけの素敵なガーデンを作ってみて下さいね。



ガーデニングの基本もばっちりだし、実際始めてみたいけど、
家にそんなスペースがない・・・という方もいらっしゃるのでは?
最初は小スペースで始めてはいかがでしょう。
⇒棚を使ってガーデニング。これなら小スペースでも大丈夫