この記事の所要時間: 39

ガーデニングをする人にとって、広い庭は憧れですよね。

テレビや雑誌で素敵なイングリッシュガーデンを見ては
「良いなぁ」「羨ましいなぁ」とため息。

我が家は日当たりが悪く、しかも狭い庭。

イングリッシュガーデンとは程遠いです。

なのでガーデニングはベランダがメインになります。
工夫次第で結構楽しめますよ。


狭いベランダだからこそ


狭いベランダをどう使うか?
これが一番の問題ですよね。

我が家のベランダはガーデニングの専用ではなく、
洗濯物を干す場所でもありますから。


基本中の基本だけど、
洗濯物用の小物類、ガーデニング道具の整理整頓は大事

ベランダで使う道具は、大きなものは必要ないので、
持ち運びできるカゴにまとめて、ベランダには置きません。

必要な時だけ持って来るようにしてます。


日差しの確保


ガーデニングで一番大切なのは、日差しの確保。

高さの出る棚やアイアンスタンドなどの花台は便利なアイテム。
どんどん活用しましょう。


狭いスペースを有効に使えるだけでなく、
高低がある方が絶対オシャレに見えますよ。

ベランダガーデンは安が第一


マンションなど高層の集合住宅では、特に気を付ける点がいくつかあります。

*避難用のハッチを塞がない。
*排水溝を詰まらせない。
*突風で鉢などが落下しないように。
*棚や台に子供がよじ登ることが出来ないようにする。
*ベランダが木製の場合は耐久性も考えて、重い鉢などを大量に置かない。

楽しいガーデニングも人様に迷惑をかけては台無し

どんなベランダであっても、安全とマナーには十分配慮しましょうね。


真夏の高温にご注意!


真夏のコンクリート製のベランダはかなりの高温。
鉢やプランターを直接置くと、外気の影響をモロに受けます。

植物も人間と同じように、
日焼けや熱中症、火傷をするんですって。大変!

そこで様々な工夫が必要になります。

鉢などの下に差し入れて使用する「ポットフット」。
鉢が少し浮くことで、床からの熱を和らげる効果があります。

これはレンガでも代用できそう。
スノコでもOKですが、木が腐ることもあるので気を付けて。


また、エアコンの室外機の前や周辺も熱や風の影響を受けるので、植物を置かないようにしましょうね。


オシャレなベランダガーデンにしたい

image004

狭い空間をオシャレに演出するコツは、やっぱり統一感を出すこと。

どんなベランダガーデンにしたいのか?

例えばナチュラル、スタイリッシュなど。
雑誌などで、自分が好きだなと思うガーデンを探してみて。

しっかりしたイメージを持っていれば
鉢やプランター、植物を選ぶ時に迷わないし、失敗も少ないですよ。


オシャレに見せたいなら、寄せ植えが素敵でオススメ

私が好きなのは、同系色の濃淡の花に、数種類のグリーンを合わせたもの。
とても上品でイングリッシュな雰囲気です。

ぜひ試して下さいね。

image006

ベランダという限られたスペースだからこそ、
統一感を出すのも簡単。

狭いと置ける植物も少なくなるので、
世話をするにも、あまり手間がかかりません。

結構良いことばかりじゃないですか?

狭さも利点と思えば、ベランダガーデンをもっと楽しめますね!



小スペースでも棚を上手に使えばガーデニングを楽しめますよ!
利点もありますし、100均にも使える材料がたくさんあるんです。
⇒棚を使ってガーデニング。これなら小スペースでも大丈夫