この記事の所要時間: 336

こんにちは、
はるるんです。


先日、昼過ぎに山手線で出かけてる途中で
どーしても、
お寿司が食べたい気分になり、五反田で途中下車。

そこで一番人気のお寿司屋さんを探して、急遽、行ってみたら
店の前について。

そこは、サラリーマンしかいないようなガード下の立ち食い寿司店だったんです。


自分はといえば、女子。それも一人。

寿司食べたさに負けて突撃した結果をレポします。

休憩中のサラリーマンに取り囲まれる事態に


私の一人外食歴を振り返ると、

今まで、

・一人牛丼は行ったことがある。

でもそれは、座って食べられる
ファミリー層も行くようなお店。

・一人焼肉は無理。

行ったことない。
さすがに恥ずかしい。


そんな私、
一人立ち食い寿司を前に、かなーり迷う。



心のなかで、

「どーしても寿司が食べたい!」

「いやでも、まった!
中は休憩中のサラリーマンでぎっしり!
若い女子一人で入ったら浮いちゃうよ」


「いや、けど、
わざわざ途中下車したし、、
もう寿司の口になってるし、、、」



・・・と散々葛藤した結果、



「寿司が、食べたい」


人生一度切り。食べたいときに食べたいものを食べないでどうするんだ。
そう自分を奮い立たせて、サラリーマンで賑わう店内に突撃しました。

にぎりランチ650円。某パンケーキより全然安い!


勇気出してのれんくぐって
ガラガラガラ・・・
引き戸をあけると

「らっしゃい!」

と、大将に威勢よく迎えられる。


FullSizeRender 26


あれ、意外と普通に入れるじゃん!
お店の人がぎょっとしなくてほっとする。


あれ、私、もしかして自意識過剰だったんじゃ。


今の時代、
女性が一人で入っても誰も驚かないんじゃ。


だんだん、
そんな気がしてきて、堂々と中へ。



なんだけど、
んー、勝手がわからない、、


店中いたるところに
ネタの名前がかいてあって、
どう注文したらいいかわからない。


そしたら、
メニュー発見。

FullSizeRender 27


じっとみて迷っていると、

店主らしき70代くらいのおじいちゃんがでてきて、
「まだランチあるよ〜」と、
ランチメニューのボードを指さして教えてくれました。


おじいちゃんの優しい心遣いに泣きそうになりながら、
頼んだのがにぎりランチ、650円。

IMG_9492


寿司一人前が、650円!?!?


あれこれ、、
土日に友達といったパンケーキ1枚よりよっぽど安いじゃん。。


女子向けのお店ってそもそも値段高めのところが多いから、
(東京のカフェランチとかなら1000円ランチとかが普通だし)

感覚が狂ってたんだけど、


勇気さえ出せばこんなにコスパよくおいしいお寿司が食べられるんだ!と、衝撃を受けました。



世の中のサラリーマンはいいよなぁ。
堂々とこんなコスパいい店に入れて。


吉野家に王将、てんや、それからラーメン、駅の立ち食いそば。
どれもがっつりなのに安い。
だけど、おっさんばっかりで入りづらいんだよなぁ。


女子でも入れるコスパランチといえば、
サブウェイくらい??


女子=サラダ食べさせとけばおけ、みたいな偏見やめてほしいよね。

がっつり気分の日にはサンドウィッチじゃ満たされない!!
こってりがっつりメニューだってたべたいんだーー!



焼き肉、ラーメン、寿司、中華


これは女子も大好きなんだぞと!
表では「パンケーキ大好き(はーと)」とかいって隠してるけど、ホントは一人でもがっつり飯行きたくなる時あるんだぞと!


声を大にしていいたいですね。


世の中の飲食店には、
がっつりいきたい女子のための
気軽〜に入れる店をもっと増やしてほしい!



これから増えることに期待。




この五反田の立ち食い寿司店は、
入ってみたらとっても良かったです!

ごちそうさまでした!!