この記事の所要時間: 56


http://kstudies.exblog.jp/6194612

韓国へ行く方法は飛行機だけだと思ってるあなた!

それは大きな間違いです。

実は韓国へ行く方法として、飛行機以外に船旅が存在するのをご存じですか?



韓国行きとして就航している船は、大阪から釜山まで、福岡から釜山まで、下関から釜山まで、島根の堺港から東海まで、あと対馬から釜山の5路線のフェリーと、福岡から釜山までの高速船があります。

飛行機が苦手だったり、福岡へ行ったついでにどうせなら釜山まで足を伸ばそうか…と考えるのなら、飛行機よりも楽な手段かもしれませんよ。

乗り物マニアも必見、韓国行きの船を紹介します!

フェリーは時間がかかります。一泊ゆったりと船旅を楽しむゆとりが必要!

フェリーはご存じの様に船内1泊が基本です、大阪だと15時出発、釜山に10時着。

微妙な時間かなとも思えますが、夕ご飯と朝ごはんを船で楽しむと考えると、アリかもしれないですよね。



下関ならもう少し時間は短縮され、19時45分に出発、釜山に朝8時に到着します。

これなら寝てる間に着いちゃう感じですね。

境港からも19時発の9時着。
時間はぴたりいい感じです。



しかし、東海に到着したとして、江陵の七夕祭りを見たり、海岸に駅が建っている正束津駅に行ったりという、江原道を旅するのはかなり上級者になりますので、ここの選択はあまりないかもしれません。


他の路線は船内1泊ですが福岡に関しては不思議な事に、昼出発、夕方着になっています。

帰りは夜20時発の朝7時半着と、素晴らしいスケジュールなのに、何故か行きは昼なのです。

ここには何か事情があると思いますが、ゆったり船旅を楽しむのであれば、いっその事半日船に揺られるのも情緒があります。



大阪、下関、福岡発に関しては、WILLERで予約可能です。

それぞれのサイトでも可能ですが、こちらの方がわかりやすいかも(http://travel.willer.co.jp/ferry/campaign/busan/)

飛行機のようで飛行機でない!3時間で釜山に到着の素敵な船

22

そんな時間が取れない方に朗報。同じ福岡から高速船「ビートル号」が釜山まで就航しています。

福岡から釜山までなんと、3時間弱です。
フェリーで6時間かかるところ、半分の時間で走ります。

これは一体どういう事なんでしょうか。


実は、ビートル号はスピードが乗って来ると船体が浮いて、波の抵抗を受けずに走行する事ができる水中翼船なんです。

一般の船がスクリューを使って進むのに対して、ガスタービンエンジンで駆動するウォータージェットポンプから勢いよく海水を噴射して高速走行をします。

水中翼を下ろし、時速約46キロに達すると軽いアルミニウムでできた船体が浮かび上がります。
そしてそのまま進むため、船酔いの少ない、遅延ない安全走行が楽しめるというわけです。



これ、見たら乗りたくなりますよね!

なんて素敵な乗り物なんでしょう!


私はこの動画を見て一回でいいから乗りたいと思いまして、とうとう乗ってみちゃったんですよ(笑)

高所恐怖症の乗り物ヲタクが挑んだビートルの旅

33

http://find-travel.jp/article/7299

ビートルは、福岡にある博多港国際ターミナルから出航しています。
ちなみにフェリーもここから出航します。

チケットは予めHPで予約、決済しておきます。(http://www.jrbeetle.co.jp/internet/)

私は朝いちばんの船で出発したので、ターミナルの中に入った時まだカウンターが空いていませんでした。
暫く並んでいると、チェックインが始まります。

パスポートが必要であるだけで、どうも日本でフェリーターミナルでチケット買ってる雰囲気と一緒で困惑。

高所恐怖症の私は飛行機に乗ろうとするとチェックインの段階からかなりドキドキしてくるのですが、どうも勝手が違いすぎます。



とりあえず、チケットを手にターミナル利用券を自販機で買って、2階出国審査場へ。
出発ゲートを通って、出国審査へ進みます。

出国審査が済んだらそのまま免税店(があるのがびっくり)の横を通り抜け、エスカレーターで下ってデッキに出ます。

出国したとはいえ、普通に桟橋につけてある船に乗るので日本で船に乗るのと全く変わらずです。


乗るときに、船員さんが帽子を貸してくれて写真を撮るサービスしてました。


船内は広くなった新幹線みたいな雰囲気で、座席が飛行機よりゆったりしていて乗り心地○。実は私達はその前の日、ライブ後すっかりみんなで盛りあがってしまい、あまり寝ていない状況で、揺れもない快適走行にぐっすり眠ってしまいました。

フェリーで外海を走る航路に乗った事がある方はお分かりかと思いますが、船って意外に揺れますよね。

それが全然ありませんでした。

これは凄い事です。

しかも、「空を飛ぶわけでなく」地上にいながら3時間で韓国へ行けた事実に、到着した時に私は、どうして福岡在住でないのかと地団駄を踏んで悔しがりました。

そして、乗ってみて気が付きましたが、乗ってる人は浮いているのは視線がアップするだけで実感ないんですね…これも残念!!!



いかがでしょうか?
福岡のお近くにいらっしゃる機会がありましたら、是非足を伸ばして釜山まで、高速船ビートルに乗って行ってみてください。


こんなに気軽に行けていいのか?って思っちゃうくらい手軽に乗れる国際線です。




韓国旅行に行くならこちらもチェック。
持っていかないと損をする、あのグッズ◯◯とは!?
韓国旅行には必ず持っていきたい!超役立つ便利グッズ

Sponsored Links