この記事の所要時間: 46

映画などでも度々登場するNYのタクシー。

NYのタクシーは黄色のボディなので「イエローキャブ」と呼ばれます。

イエローキャブ以外のタクシーもありますが、通称「白タク」と呼ばれるもので、法外な料金を請求されることがあります。

基本的にはイエローキャブに乗りましょう。

私は4年前にNYを訪れた際に2回程タクシー(イエローキャブ)を利用しました。

日本でもタクシーは移動手段として利用されていますが、やはり国が違えば同じ移動手段といえども雰囲気も違います。

乗り方はガイドブックや様々なサイトに紹介されているので、今回は私が感じたNYのタクシーの特徴をご紹介します。


乗客との間に


image004
djandyw.com

NYのタクシーでは後部座席と前の座席の間に、一般的にアクリル板等の仕切りがあります。

犯罪防止の為です。

お金の受け渡しの為に、アクリル板の一部に小さな隙間や扉があり、そこで現金のやり取りを行います。

クレジットの場合は後部座席のタッチパネルで支払います。


私はNYに着いてから、そこまで犯罪等の意識をしていませんでしたが、タクシーに乗って「はっ」としました。

日本のように治安が良いのは稀であることを、忘れてはなりません。


車内につり革?


image006

NYの地下鉄にはつり革がありませんが、タクシーの中につり革に類似したものが設置されている場合があります。

「タクシーにつり革???」

と私も疑問に思っていましたが、走り出して納得。

もちろん運転手さんによるかと思いますが、結構、運転が荒いです。

私が乗ったタクシーは、急ブレーキに急発進、急ハンドルとアクロバティックに運転してくださいました(笑)

それはもう「何かに掴まっていないと落ち着かない」程。

私は無意識につり革を掴み、隣に座っていた友達も、もれなく掴まっていました。

つり革って…電車やバスで立つ時以外にも役立つみたいです。


ちなみに、10年以上前に「TAXI」という映画が製作され、その中のタクシーにも仕切りとつり革がちゃんと装備されていました。



おもてナシ?


image008
GU / 古天熱

日本でも「この接客どうなの…」ということがたまにありますが、海外ですとその頻度はグッと上がり、タクシーも例外ではありません。

NYのタクシーに乗る際は店名やホテル名などではなく、目的地の位置を言わなければ、運転手がわからないことが多くあります
(住所ではなく、「○○st.と●●ave.が交差している辺り」というような言い方をします)

私たちはそれを知らずにタクシーに乗り込み、
「タイムズスクエアチャーチまで」
と言うと
「タイムズスクエアチャーチだって?そんなもんはねえよ!」
と怒鳴られました。

遠い異国の地でタクシーに乗り、開口一番に異国の言語で怒鳴られ、怖気づいてしまった私たち。

タクシーは発車し、タイムズスクエアに到着。

「タイムズスクエアがここだ。ったく、タイムズスクエアチャーチだなんて何言ってんだ!そんなものはここにない!」

と言われ、かの有名なタイムズスクエアで降ろされてしまいました。

「このガイドブックには紹介されているけど…」

と思いながら、インフォメーションセンターがあったので尋ねると、

「ああ、このようにして行けば行けますよ。ただ、もうゴスペルの時間は終わってますけどね」

と言われました。

そのゴスペルが見たくてタイムズスクエアに来たんですけど…(涙)

怒鳴るだけでなく、運転中にも他の車の悪態をついたり、乗り心地からもそうですが、「心地よく利用してもらう」なんていう「おもてなし」精神はあまり期待できません。

お店でも私用の電話をしながらレジを打つなど日常茶飯事です。

営業スマイルもあるとはいえ、日本の接客は他国に比べて高いなと思います。


NYのタクシーについていかがでしたか?

NYのタクシーは初乗り料金が東京の半額くらいとはいえ、日本では乗車中につり革は必要ないし、ドアは自動で開閉してくれます。
さらにトラブルがあるとはいえ、アクリル板が普及する程でもないですし、行先を告げただけで、開口一番に怒鳴られることもまずないかと思います。

NYのタクシーに乗って、日本の良さを再発見できました。



旅行中の移動手段として活躍するものと言えば、電車もありますね。
日本の電車と同じ感覚で利用すると、驚くことがたくさんあるかも!?
旅行前には確認しておきたいですね!
⇒ニューヨークの電車は日本と大違い!旅行前に知っておきたい常識とは

Sponsored Links