この記事の所要時間: 713

日本の大都市の1つである、名古屋。これからお出かけになる方も多いのでは。

「けれど、どこに泊まったら?そもそもサービスはどうなの」
と思っていませんか。

いえいえ!実は名古屋はシティホテルが充実
他の都会ではありえない!?びっくりのサービスがうけられるんです。


名古屋市民で、ホテル大好きな私が、ステキな情報を教えちゃいます。


シャンパンのフルボトルが「おまけ」に!?


150616-2-02

名古屋のホテルって、いいですよ!
もともと、こちらはサービスがいいんですが、それだけではないんです。


私は約20年前から名古屋市民です。たまには奮発して、あえて市内のシティホテルでお泊り、という時も、泊まるホテルはほぼ決まっているので、去年末までそのことを知りませんでした。


ところが、従姉妹が遠くから来てくれる時に、せっかくだから地元のシティホテルで女子会しようということになった時、いろいろな宿泊プランを調べてみて、ほとんど驚愕しました。


そのおトク感と、気配りといったらないんです!


これは当時の情報になりますが、宿泊料金がすでにお客様思いなのに、なぜかシャンパンがフルボトルでついてきちゃうだとか、条件をクリアしていなければならないけれど、スイートルームに驚きの料金で泊まれちゃう!だとか。


そして今は?この記事を書くにあたっていろいろ調べさせていただきましたよ。
いい意味で、あいかわらずです。


これは前も見たんですけれど、とあるホテルでは、花びらが敷き詰められた大きなベッド!が用意されていて、その上で、シャンパンで乾杯できるというんですよ。
こちらはシャンパンのハーフボトル、チョコレート、フルーツがついてきます。

はっきり言えば「ヒルトン名古屋」なんですけれど、それでも1室あたり2名の料金は、東京などでは考えられないおトクさなのですね。


それにしても、行ってみたい!
だってこういう機会、他にあります?よその宿泊施設で花をもちこんで勝手にやったら、迷惑どころか、花びらでシーツなんかが草木染めになっちゃって、タダじゃすまないかもしれないですよ?


そうかと言って、そこそこキレイにしてあっても、自宅でこれをやられたらなんだか照れちゃうというか、ひょっとしたらちょっと怖いかもしれない。悪いけど。


ヒルトンだからこそできるイベントなのかも。


これを読んだ読者の皆様、どなたか行ったら、教えてくださいね!


専用ラウンジも太っ腹!


150616-2-03

それはともかく、例えば「名古屋マリオットアソシアホテル」。
コンシェルジュフロアに滞在すると、フィットネスクラブや専用ラウンジなどが無料で利用できます。


そしてこの専用ラウンジが太っ腹!


広いですし、インテリアもステキ。ドリンクがスナックつきで自由に飲めて、素晴らしい景色を見ながらまったりできる。


ここまでは他でもあるかもしれないのですけれど、さらに夕方からは、いろいろなオードブルを少しずつつまみながら、ワインなどを食前酒としていただき、連れとおしゃべりしてから出かける、ということもできるわけです。


豪華朝食もあります。そしてこれらがすべて、ついてくるというか、はっきり言えば、タダなんですね。


宿泊料金はさすがに安くはないですけれど、私はよその大都市のホテルで、頑張ってこういうフロアに泊まって専用ラウンジも使ったのですけれど、コーヒーと小さなお菓子くらいしかないので、がっかりした経験があります。そっちの方が高かったのに。


名古屋の「おまけ」と「おトク感」


それにしても、なぜ名古屋ではこういうことが起こるのでしょうか?


皆さん、名古屋の喫茶店では、コーヒーを注文すると、おまけがついてくるのが多いのをご存じですか?透明な袋に入ったピーナッツだとか。


あと「名古屋モーニング」は有名ですね。朝何時までなら、飲みものを頼むと、トーストやゆで卵が無料でついてくるだとか、時にはサラダどころか、ちゃんとした食事とセットにできるところもあって、「もうモーニングじゃないでしょ!」と突っ込みたくなるような、なんでもありの状態になっています。


それとたとえ高級デパートの、きもの売り場でも、フェアなどで、わけも何もない高級呉服がびっくりするような値段になっているのを目撃したことがあります。しかもそれを買っているのが、どう見てもセレブな方々なのですよ。


私見ですが、名古屋では、大きな買い物をする、そうでなくともまとまったお金を出すさい、「おトク」であるかどうかを吟味する習慣というか、文化があると思うのですね。


毎朝、毎日、同じ店でコーヒーを飲むのも、積もれば大きなお金じゃないですか。
「同じお金を出すなら、ぐっとおトクな方を選ぶわ」みたいな。


大きなホテルが時にそんなサービスをしてくれるのも、消費者の心をつかむためでしょう。損になるならこういうことが頻繁にあるはずがないです。


とにかくもともと、名古屋のシティホテルは他の都市に比べて、サービスもレベルが高いのに、値段はおさえめのところが多いのです。


この心地よさとおトク感を知ってしまうと、東京などの大都市、また海外に旅行したさいも、物価が安くない国ならなおさら、よそのホテルには泊まれない、もしくは損した気分になることがあります。


保守的で、よくも悪くも堅実といわれる名古屋人。それはそうかもしれないのですが、いいですよ。ひとも優しくて。

おすすめのホテル


150616-2-04



つまり、名古屋のホテルステイ、ホテルライフ自体がおすすめなのですけれど、最後に、特におすすめのホテルをいくつか紹介します。


まず、前述の「名古屋マリオットアソシアホテル」。
JR名古屋駅からすぐで、観光、ビジネスどちらにもとても便利なシティホテルです。


開業15周年になるのですね。それを記念してさまざまなイベントや宿泊プランがあります。


ここのロビーや部屋、レストランって、独得の雰囲気なのです。


ロビーから下におりていくと、名古屋駅の凄い喧騒。でもエレベーターでふうっとあがると、いきなり「下界」から切りはなされる感じです。


広々して、静かだけれど、華やか。でもちっとも気どってはおらず、名古屋らしい、フレンドリーかつ洗練されたサービスに癒されます。


コンシェルジュフロアに泊まらなくても、部屋は十分広いです。ルームサービスもおいしい。


あと「名古屋観光ホテル」は、やはりはずせません。
歴史のあるホテルで、高貴な方もよくお泊りになります。


玄関からして違う。この風格を動画でどうぞ。



格式あるホテルであると同時に、宿泊プランも充実しています。


私は女子会でここに泊まったのですけれど、大好評でした。
今回、調べたところ、「お泊り女子会プラン」では、スイーツやシャンパンもついてくるとか。


あと、これもびっくりしたのですけれど、「Ever Green」というプランでは、いつまでも若々しくステキなご夫婦のために、デラックスツインまたはスイートが、お2人の合計年齢で正規料金からの40%以上!!の割引に。


これは、ステキなはからいですね。読者の皆さん、ご両親にお伝えしてみては?


でもね、他のホテルも、まだまだありますよ。本当に書ききれないんです。


皆さんも、名古屋行きが決まったら、やった!と思ってくださいね。
ぜひ名古屋のシティホテルに泊まってみてください。各ホテルの宿泊プランのチェックも、どれにしようかな?ってまよっちゃうくらい、楽しいです。


また、ここに名前をあげたホテルの宿泊プランなどの情報は、各ホテルの公式サイトを参考にさせていただきました(すべて2015年5月30日現在)。


宿泊プランはどこも流動的なものですので、あくまで、めやすとしてお考えください。
またすべてのサービス、宿泊料金などは、予告なしに変更になる場合があります。



この記事でも登場した、名古屋マリオットアソシアホテル。ここのイタリアンレストランのランチもおススメです。ホテルステイを思う存分に楽しんでくださいね!
名古屋でおしゃれランチ!満足したいなら、このイタリアン