この記事の所要時間: 522

みなさん、韓国で地下鉄を利用した事はありますか?

安いからいつもタクシーだったり、オプショナルツアーでピックアップされて行くだけだから、公共交通機関に乗った事がないわって方、何て勿体ない事をしてるんでしょう。


韓国の地下鉄はソウル市内を縦横に通っていてとても便利なんですよ!

例えば、こんな経験ありませんか?
明洞近辺にホテルをとっていて、その日は江南の狎鴎亭へ。

行きは一時間かからずについたのに、荷物が一杯だったから一旦ホテルに戻ろうとタクシーに乗ったら、明洞まで1時間以上かかっちゃって私どうもタクシーに遠回りされたような気がしてしょうがない!!!!というのです。


実は私もあるんです。

ロッテワールドからロッテマートで買い物をしたので、タクシーを拾って忠武路へ戻ったのですがやっぱり一時間以上かかりました。

道がとても渋滞していたのと、どの橋を渡って帰るかによって所要時間がかなり違うようで、決して遠回りではないらしいのです。

一回、タクシーの運転手さんが、「騙されてるとかよく言われるけど、乗った位置によってはUターンできないから大回りするしかないんだよ。これでも一番近い道を頑張って走ってるんだ~」と言われた事がある(…的な事を言ってたんだと思う)ので、それが正解だと思います。


地下鉄ではそこまでかかりません。
明洞から狎鴎亭まで17分です。(コネストの地下鉄路線図による:http://map.konest.com/psubway)


どうです?この違い!これは利用しない手はないですよね。

でも、乗り方がわからないというあなた!これを読めば絶対に乗れます!

よ~く読んで頂いて、韓国旅行に行った時に他のお友達にちょっと差を見せつけちゃうのもいいかもしれませんよ!




まずはT-moneyを準備しよう!


150619-3-02

T-moneyとは何か。
日本で言うとSuicaとか、Pasmoとか、そういったカードの事です。

最初カードをコンビニ等で購入して、地下鉄の駅にある券売機(チャージもできる)でチャージして使います。

日本と使い方は全くいっしょ。改札で「ぴっ!」とさせるだけ

カードタイプや、携帯ストラップタイプ、韓流ショップ等ではアイドルのカードがあったりと、自分のお好みで持つのが楽しいアイテムです。

チャージする機械は、最初韓国語で何が何やらわからず困ってしまうのですが、ご安心ください。

日本語を選べば、日本語表示になりますので全然大丈夫。

初めてだって、韓国語わからなくたって、チャージできます。

それでもダメなら、困っていると大体親切な人が助けてくれるんですよね~。ここが韓国の素晴らしい所。
私がおばちゃんだからかもですが、結構若い子が助けてくれます。



韓国地下鉄路線図を読みこなそう



150619-3-03

http://ameblo.jp/travelrans/entry-11746936379.html

ソウルナビの地下鉄路線図が(http://images.seoulnavi.com/map/subway_l.html)
一番わかりやすいと思いますが、韓国の地下鉄の見方にはコツがあります。


まず、1号線…と線があるのですがすべて路線図の色と同じ色で看板も、道案内も分けられています。

つまり、自分が何号線に乗るのかが分からなくても、韓国語が読めなくても、色を見ればわかる仕組み。

そして、全ての駅には番号がついており、三桁の数字になっています。


例えば明洞駅は424番。
これは4号線の24番目の駅です、という意味です。
当然隣の会賢は423番になるのです。わかりますか?

なので、うちの子供達が韓国に行った時、全く韓国語は読めないにも関わらず、車内の路線図を見て、次の駅の番号を伝えると「あと何駅だ!」とか、「ここで5号線に乗り換えだね」とか勝手に読み取ってるんです。
それくらいわかりやすいです。

あとは乗っている時にアナウンスをするのですが、これは残念ながら韓国語なので、自分が乗った駅が何番で、何番に降りるのかしっかり見ておく必要があります。

150619-3-04


勿論駅に着いたらホームを見れば、物凄くわかりやすく駅名が出ていますので、番号をチェックすれば大丈夫!




ただひとつの問題点…それは乗り換え




ソウルの地下鉄は、縦横無尽に走っているとお話しました。

空港鉄道まで入れると合計10本のラインが少なくとも地下を走っている事になります。


東京などでもそうですが、要するに後からできたラインになるほど、その階層は下になります。

重なり合っていないラインもあるので10段階とはいいませんが、下の階層のラインから地上へ上がるのに、どこまで登っても地上に出ない…ってのはよくある話で、乗り継ぎ駅で、出口が古い地下鉄のラインの方しかない場合は、それこそ1キロくらいあるんじゃないかな?ってくらい歩かされます。

便利を求めて電車に乗っているのに、めちゃくちゃ健康的に歩きます。

正直、韓国旅行へ行って、足が痛くならずに帰って来たことがないくらいです。…そういう時、さすがの私もタクシーに乗ってしまいます。時間はかかるんだけど、もう歩けないので(笑)。



さてみなさん。どうですか?チャレンジできそうな気がしてきたでしょ?

①T-moneyを準備する
②駅の番号を覚える
③ちょっと歩く覚悟はする

これさえできれば、地下鉄チャレンジOKです!

次の韓国旅行では、ちょっと一段階アップした旅行ができそうですね!…さあ、次のステップはバスですよ~~!!それはまた今度にしますね!


ちょっとだけハングル読める方はこういうのを覚えておくといいかもです。



いかがでしたか?韓国旅行が少し楽しみになりましたね!泊まる場所の確保も忘れずに!こちらを読んで最適なホテルを選んでくださいね。
韓国旅行・賢いホテルの選び方~目的別最適ホテルはどれ?~