この記事の所要時間: 622

こんにちは、日々汚部屋と格闘して
ついに断捨離に成功したなっちです。


断捨離が言われはじめてもうどれくらいたったでしょうか。


私の家には4人の子供がいます。

子育てに駆け抜け、その間片付かない家のなかに散々悩み抜いてきました。
ですが、一回もその「断捨離」実行することはありませんでした。


言い訳はいっぱい、自分の気持ちもいっぱいいっぱい。

片付かない家を横目にずっと自分を誤魔化してきたわたしも、長男の中学校入学を機会に、ちょっくら要らないものを捨てようかと、重い腰をあげたのです。

思いっきり断捨離は出来なかったけど、私にも出来ましたよ!プチ断捨離。


今日はずぼら主婦代表の私が、「ずぼらもときめく片付け方 プチでいいのよ、断捨離は!」をお届けします(笑)

人生何でもときめかないとねーーー!

何が大事で何がいらないのか。自分の価値観の線引きをしっかりしよう


150627-2-02

断捨離をする前にまず考えてほしいことがあります。
それは、大事なものとそうではないものをどこで分けるか、です。


今回のプチ断捨離の私のテーマは、「赤ちゃんはもういない」でした。

4人今まで使ってきて、捨ててなかった赤ちゃん用グッズ、おもちゃ、洋服をまず家から排除する。
そうすれば少しは家のなかが片付くと思ったからです。


このテーマから派生して
「学生は学生らしい生活が出来る環境作り」も平行して実践中です。


プチ断捨離をはじめて半年ですが、この4月の長男の中学校入学に合わせた目標で、そこは辛くも間に合いました!


赤ちゃんがいなくて、学生が学生らしい生活が出来る環境を、とテーマを中心に考えると、自然と要るものと要らないものが見えてきました。
赤ちゃん用品は全部もう要りません。

どうしても自分が取っておきたいもの(しまう場所があるのが絶対条件)だけ数点、
今捨てることが出来ない大きなものは残し、思いっきり廃棄です。


学生の持ち物は難しいですが、発送の転換。
本人の思い入れが深い物ひとつ二つ以外のおもちゃは不必要と判断して捨てる候補に。


ところが我が家はまだ年中さんがいるので、まだ要るおもちゃ、もう要らないおもちゃを分け、まだ要るものをロフトにあげてしまいました。
半年以上彼女が遊ばなかったらそのおもちゃも廃棄です。


このように、目標に対する必要不必要の切り分けが出来ると、捨てられない症候群のあなたでも、えいやっと思いきれそうですよね。これがコツです。

プチ断捨離だから、グレーゾーンはとりあえず保留

捨てられない人って逆に言うと物を大切にする人ですよね。
切り分けがしっかりできていても、悩む物品に遭遇すると思います。


かたづけのプロ等は、
そういったグレーゾーンは捨てろと指南する方も多いです。


でも、私がお薦めしてるのは「プチ断捨離」なので、
悩む時間は勿体ないからとりあえず保留しときましょう。


何もその日にどうしても全部判断しなきゃいけない訳ではないでしょ?
時間をかけてゆっくり答を見つけていいんです。


なので、家の中に「暫定的に一旦保留置き場」を作りました。
あくまでも暫定的なのでいつかは片付けなければいけない場所です。


それが多分私は一年くらい暫定的にそこにいちゃう可能性もあります。

でも、暫定だと思っておけばいつか片付け場所を作るか、捨てる気になるんですよ。不思議に。
だからそういうグレーな場所もある意味「プチ断捨離」には大切なんです。

150627-2-03

150627-2-04

(参考までに我が家のグレーゾーン。上は子供会書類&片付け場所を決められないぬいぐるみ等。下はオークション出品くらいしないと勿体ない、綺麗なブランド子供服。一年後には処理してあるはず…)

1つだけコツを言うと、一つの項目のグレーゾーンを2か所にしない事

同じものは同じ場所にしまうというのは、片付けの鉄則ですが、ここでもそれは守りましょうね。
(ちなみに、例えばお店とかやってて、在庫管理をする場合も、同じ材料を倉庫に一か所店舗に一か所場所を決めたら他に絶対に置いてはいけません。在庫を見失って過剰発注、もしくは賞味期限アウト、もしくは盗難を誘発など、店舗の損益に大きく響きますよ!)


傍目には片付いていないような我が家…でも私の頭の中ではかなり良くなっています。

暫定的な場所が何か所かあるだけ。

これはきっと年中さんの末っ子が小学校へ上がったり、私のライフサイクルがもうちょっと余裕が出て来るであろう来年には少しずつまた、
「プチ断捨離」の繰り返しで、完成に近づくでしょう。

ね!
こういう風に考えれば断捨離も楽にできますよ!

最終的に自分が楽しめる断捨離でなければ意味がない


さて、断捨離と言えば、「捨てる」行為とイコールと考えがちですが、だからと言って必ず捨てなければいけないのではないと私は思います。

自分にとって、とっても大事なものは別に必要なくても捨てなくていいし、他の人が必要でも自分がいらなければ捨てればいいんです。


プチ断捨離を成功させつつある私ですが、他の人が何と言おうと、韓国ドラマを撮りためてコレクションしているブルーレイは絶対に捨てませんし、K-pop系の動画や写真、などが沢山入っているHDDは2TBが既に三個目なんですが、これも捨てる事はできません。

別に見返すわけでもなんでもないんですけど、絶対に捨てない。こういうものはいいんです。


その代り、子供が作って来た作品などは私はすぐ捨ててしまいます。
酷い母親ですよね…。



でも、紙の工作等はほこりがつくし、かさばるしで良い事なしなんです。



他の人から見たら考えられないかもしれませんが、写真撮って、子供が展示期間に満足したら即ゴミ箱行き。
大体4人分なので凄い量だというのも理由の一つですが、保管できない物なので思い切って捨てています。


思い出は私の頭の中と、HDDの中。


子供もわかっているので特に文句も言いません。
これは極端な例だとは思いますが、こういう風に、自分、家族が共通して要らないと判断したものは誰がなんと言おうと捨ててOK。



そうして物が溢れるのを防いで行きます。



これも毎日実行する「プチ断捨離」
溜める前に捨てる。
切り分けが出来ていれば即捨てる事も保管する事もできる筈なんです。


楽しい断捨離についてまとめ


①自分の価値観で線引きを!
②グレーゾーンは保留
③自分が楽しい断捨離をする!

です。

どうですか?
軽い気持ちの「プチ断捨離」なら、今からでも構える事無く実践できそうですよね?


最初の一歩は大変かもしれませんが、習慣になれば「物が溜まらない家」の世界に到達する事も可能。
やらない手はありません!是非実践してみてくださいね!


もっとレベルアップした断捨離をやってみたくなったあなたはこちらの方のお話はとっても参考になると思います。



私、始めてこの動画見ましたけど、結構こいう風に考えてやってたかも…。



プチ断捨離のコツ、写真整理にも活かせるかも!撮りためた写真、整理してみませんか?
写真整理が面倒な人へ!その方法、間違ってない?