この記事の所要時間: 245

「名駅(めいえき)」と呼ばれ、親しまれる名古屋駅周辺。再開発でますます、にぎやかに。
だから、どこでランチすれば分からない!という人も多いはず。

便利かつ、穴場的なお店を紹介します。名古屋ならではのネタも!

隠れた場所に、あの名店が!


名古屋糖朝
香港で生まれた、「糖朝」という凄いお店があります。こちらをどうぞ。



そして、名古屋でも本場と同じレシピの料理が食べられます!

それは「糖朝ジェイアール名古屋タカシマヤ店」。

JR名古屋駅からすぐの、ジェイアール名古屋タカシマヤの中にあります。
ただこのお店、ちょっと分かりにくいんですね。
「本屋さんの奥」というか、11階の、三省堂書店などの向こうにあるのです。

スイーツレストランですが、お粥、麺、点心、一品料理も充実しており、どれもおいしい!

お得なセットのメニューがあり、特にランチタイムは人気!

一例をどうぞ。
平日の「糖朝名古屋店おすすめセット」の中で、海老ワンタン入り香港麺を選んだ場合、メニューは下記の通り。

・海老ワンタン入り香港麺
・鶏もも肉の焼き物
・選べるスイーツ

私は、この麺に辣椒油を入れるのが好き。

唐辛子がつかってある赤茶色のたれで、これを入れて、麺の前にスープを飲むと、いつもこう思うんです。
「スープがこんなに香ばしくなるなんて、ありえるの?」

辣椒油には、にんにくが入っています。ランチだと特に入れられない日もありますよね。そのままでも、魚介類など10種類以上の材料をつかったスープは、うまみと栄養が体にしみわたる感じでたまらない。

もちろん海老はぷりっぷり。極細麺が秘伝のスープに思う存分からんでくれる、絶品です。

こっくり、ミルキーなマンゴプリン

ボンドさん応募 【ランチ食べ歩きレポ】サンプル記事 

追加料金でセットのスイーツを糖朝特製マンゴプリンに変更できます。

こっくりしたマンゴの味に、こっくりしたミルク風味が加わったマンゴプリンは、生の果肉もたっぷり。

ああ、至福!このレベルで1620円、マンゴプリンの追加料金は324円。いいの?

他の日は「糖朝名古屋店ホリデーセット」と称し、鶏もも肉が冷製に、さらに2種の焼売がついて1944円になります(セットは選んだ料理により料金が変わります)。

どちらもランチ限定ではなく、一日中。行くしかないですね!

本場のレシピに、思いやりをプラス


私は、香港の糖朝に行きましたが、微妙に味が違ったんですよ。

香港の方が種類が豊富で、どちらもおいしかったんですけれど、私は名古屋の糖朝に独特の愛着を感じます。

糖朝の関係者の方々に訊ねたところ、レシピは同じなのですが、人の味覚は、国、あるいは日本国内でもその土地によって違うので、それぞれで調整をしている場合がある、とのこと。

名古屋の糖朝の方の言葉です。
「うちもレシピは同じですが、お客様の声を大切にしたいと思っています。皆様あっての私達ですから」

この味は、本場のレシピに、名古屋人への思いやりをプラスしたものかも。

皆さんも、名古屋の、またご自分が愛する街の糖朝に行ってみませんか?