この記事の所要時間: 235

旅行でも、留学でも、行ってみなきゃわからないことがたくさんありますよね。

そんな発見があるのも楽しいですが、なんだか困るシチュエーションになってしまっては楽しい旅行や留学も台無し。。

どうせならゆっくり落ち着いて過ごしたいですよね。


今回注目していくのは、日本の反対側の国、イギリスです。

ガイドブックに載ってない情報もあるかも?! 楽しく過ごすための注意点を紹介していきます。

水道水には要注意


150629-1-02

整備された綺麗な国だといって油断してはいけません。

ヨーロッパ諸国に言えることではありますが、イギリスも硬水です。

水道水も硬水なので、慣れていないと飲んで腹痛を起こすことも。。

北東に一か所のエリアだけ、軟水のエリアがありますが、それ以外は硬水。

しかもロンドンは「超硬水」といわれるエリアにあたります。

因みに私は、北東から南西に引っ越しをした際に水道水にあたり、その日1日中調子が悪かったことがあります。

だからこそ特に短期滞在の人には気をつけてもらいたいものです。

シャワーやお風呂ももちろん硬水ですから、髪が傷む覚悟が必要です。


カードは必ず持っておくと便利


150629-1-03

日本と違って、カード社会なイギリス

最近では、カードをメインで使用している国も多いですね。
イギリスもその一つ。


例えばレンタカーを借りるとき、必ずカードで仮払いをします。

車の返却時に返ってきますが、一旦カードの枠を抑える形です。

こういった時にカードがないと、借りることも出来なくなってしまいますので要注意です。


また、スリもとても多く、彼らは観光客や留学生が現金を持ち歩いているのを知っています。

それとなくお財布を出した時などに見られているので、現金は10ポンド程度をお財布に入れておくくらいが安心です。



並ぶのが好きな国の人


150629-1-04

イギリス人はとにかく「キュー」を作るのが大好きな人々です。

「キュー」とは並ぶこと。並んでラインを作ることを言います。

電車に乗る時もキューを作ります。


でも日本と違って、なぜか横一列。

これを抜かすなんてしたらさぁ大変です。

公共の場で叱られてしまいますので、抜かさないように注意しましょう。


そして、人気の料理店などに行きたい時は、早起きか、時間をずらして行くのがベストです。

いつまでも気長に待てる人達は、人気店でも長く待ちますからね。


いかがでしたか。行く前に注意しておきたいこと、3点を紹介しました。

これだけ心にとめておけば楽しい旅行や留学になること間違いなし。

気長過ぎるイギリス人に翻弄されながらもワクワクした滞在になるでしょう。



イギリス滞在で気になるマナー。こちらの記事も読んで、イギリス滞在を楽しんでくださいね。
旅行前・会議前に知らなきゃ恥!!イギリスの基本マナー3つ

Sponsored Links