この記事の所要時間: 342

シャツをかっこよく着こなしてる女子って憧れます。

実は私もシャツを着こなしたくてたくさんシャツは持ってます。

あのモデルさんみたいに着こなしたい!って思って似たデザインを買うんです。

雑誌で下調べして似たシャツを見つけて購入!

そこそこいいシャツでいざ着てみる…。

すると、なんかピシッとしすぎておしゃれ感がまったくでない!

「なんでー?!」ってなることの繰り返しでした。

私みたいに形だけ真似たってかっこよくはならないんです。

そこで今日は、誰でもできる素敵なシャツの着こなしをご紹介します。


ラフに着こなすには素材を重視せよ!


150701-1-02

街で夏に涼しげにシャツを着こなしてる人を見ると素敵だなーって思います。


私にとってシャツは日焼けや冷房対策のアイテムでもあるので、夏でも登場する機会が多いです。

対策で着ているとはいえ、汗ダラダラでフーフー言いながら着てたらかっこ悪いですよね。

夏はラフに涼しげに着こなすのが素敵です。


私が一番こだわるのは素材。

夏のラフなシャツは綿ローンのシャツがおすすめです。

綿ローンは薄くてハリのある生地でハンカチによく使われています。

薄いので風をよく通して涼しく、風に揺れるとヒラヒラと軽やかな動きをします。

裾を少しパンツにインすると、いい感じにタルみができてそれだけでなんか雰囲気が出ちゃいます!

私はいくつもシャツを持っているのに、これをヘビーローテするほど着こなしがしやすいんです。

凄くおすすめですよ!


クラシカルな着こなしには襟!


夏は暑いこともあってラフな格好ばっかりですが、秋になると一転します。

ピシッとシャツを着てプリーツスカートを履いたクラシカルな格好がしたくなってきます。

そんなクラシカルな着こなしにシャツはもってこいです。


ではどんなシャツが合うのでしょうか?

シャツって本当に色々な種類があるのでどこで判断したらいいかポイントかわからないですよね。

私がクラシカルなシャツを買う時に重視するポイントは襟の形です。

襟一つとっても大きめや小さめ、丸襟からステンカラーなどいっぱいあります。

私が思うクラシカルな着こなしに合う襟は小さめでステンカラーの襟です。

襟がちょこんとしてる感じがクラシカルな着こなしにぴったりです。

微妙な襟の大きさで雰囲気って変わるなーって色々試着で試してると感じます。

面倒くさくても、是非たくさん試着をして確認してみてください。


魔法のテクニック、ロールアップ!


150701-1-03

雰囲気がある女子がしていること、それは袖口をロールアップすること。

なんてことない普通のシャツでも、袖口をロールアップするだけで3割増しでオシャレに見えます!

簡単に出来て魔法のテクニックだと私は思ってます。


ロールアップはくるくるカフス部分を折り曲げていくだけですが、ここにも細かいテクニックを入れるとさらに魅力がアップします!

その方法は、まずカフス部分を折り曲げます。

次に同じ幅分もう一折します。

そしてその部分をぐっと肘くらいまで押し上げます。

最後に折り曲げた幅の半分の幅を折り曲げれば完成です。

こうすることで下に落ちにくくロールアップの形が持続します。


ただ曲げればいいというわけではなく、ロールアップも綺麗に見える方法を見つけて実践すると素敵に見えますよ!

ロールアップの仕方の動画があるので載せておきます。参考にしてくださいね。



いかがでしたか?

まとめると、

1.ラフな着こなしには綿ローンのシャツ
2.クラシカルな着こなしには襟が小さめのデザインを選ぶ
3.ロールアップで素敵に!

シャツの着こなしはオシャレ女子への第一歩!

着こなせるようになれば大人コーデもたくさんできるようになるはずです。

是非試してみてくださいね。



シャツの種類もいろいろ。デニムシャツの着こなしはこちらの記事からどうぞ。
デニムシャツ着回し術!!一瞬でダサ子卒業できるたった4つのコツ!

Sponsored Links