この記事の所要時間: 47

どうもこんにちは、汚部屋と戦ったレイナです。
自分の部屋、綺麗にしてますか?

今や片付けの定番となっている断捨離。
一気に捨てるぞー!と意気込んでもそんなにスッキリしないことってありますよね。

私も片付けてみるものの、終わってみたら
「あれ、全然綺麗になってないじゃん」ということが多かったです。


洋服が好きなのでたくさんあるのですが、これがなかなか捨てられない。
どんどん買うから捨ててもまた増えていって「これじゃ断捨離できないじゃん」って感じでした。

断捨離って使わないからただ捨てる・・・ってやってたら捨てなきゃよかったと後悔することになります
そこで今回はモノが捨てられない私が実践した断捨離をご紹介します。

なんで掃除をしても捨てられないの?


私の場合、洋服はファストファッションで買うことは殆どありません。
一着買うのもじっくり考えて買います。


安いからって買ったものはいらなくなったらすぐ捨てられます。
自分の思い入れがないからです。




でも悩んで買って大事に何年も着ていたけど、
好みが少しずつ変わって登場しなくなった服、これが一番捨てられません。


今年は着なかったら来年も着ないだろうとわかっていても捨てられないのです。



私はそういう服をリサイクルショップに出したり、友人に譲ったりしています。



「捨てる」ってことはできないけど、
誰かにまた着てもらえるなら手放せる服ってあります。


きっと「大切に着ていたのにもったいない」って気持ちがあるからかなと思います。
そんな服はまた誰かに大切に着てもらいましょう。

ただ捨てる・・・これをしていたら断捨離しても負の連鎖


断捨離ってモノに対する執着を捨てることが一番の目的なのだそうです。
収集家の人は物欲がある人には結構難しいことですよね。



モノを捨てる時に「しばらく使ってないから捨てる」とします。
しばらくしてまた同じようなものを買ってしまうことってありませんか?




私は以前、何かの本で「今必要でなかったら捨てる。もし本当に必要ならまたそれと巡り合うはず」と読んだことがあります。
でもそれって整理したことにはならないよなーと思いました。


だって捨ててまた買ってるんだから、
モノは減ってないし下手したらそれを繰り返す負の連鎖になりかねないなって思います。


自分がモノを減らせないのもそこが間違ってるからなんじゃないかなって思い始めたんです。


大切なのはモノを捨てるよりもっと前のモノを買うところ。
その部分の執着を捨てる「断捨離」をしなきゃいけないのだと気づきました。

収納をなるべくなくす


150702-1-02

それに気づいたのは今の家に引っ越してきてからです。


前の家はクローゼットが広くて、どんどん中に入れることができました。
でも今の家はクローゼットが少ないうえに狭い。
収納するならタンスや棚を買ってそこに入れなきゃいけない。


そうすると部屋が狭くなりますし、家具をたくさん置いてごちゃごちゃするのが嫌いなのでなるべく置きたくありませんでした。



前の家の服を全部持ってきても入れるところがないので、服は本当に必要なものだけ残して他はリサイクルに出しました。
そしてなんとか自分のクローゼットに収まりましたが、もうこれ以上は入らない状態です。


すると、服を買う時に不思議なことが起こりました。


「もうこれ以上服を増やしても入れるところがない。それでもこれは買うべきものか」と考えるようになったのです。

そして、
「あれはもう着ないからリサイクルしてこれを買おう」とか
「あれで代用できるからこれを買うのはやめよう」と買う時に考えるようになりました。

そしたら今まであんなにあった物欲がだんだんなくなっていきました。


収納がないという状況を自分で作りだせば、自分の物欲に歯止めをかけれます
物欲があって困る人は是非試してみてください。

また、服の収納術の動画がありますので参考にしてみてください。



断捨離の方法をまとめると


1.思い入れのあるものはリサイクルに出す
2.「捨てる」でなく「買う」に焦点を当ててみる
3.収納をなくすと物欲に歯止めがかかる

以上が私が実践した断捨離です。

スッキリした部屋で過ごすと自分の頭の中も自然とスッキリしてきます。

居心地のいい部屋を作って快適な生活を心がけましょう!



断捨離初心者はこちらから始めてみてもいいかもしれません。まずはプチ断捨離!
プチ断捨離は楽しいやり方で!自分なりの切り分け方法