この記事の所要時間: 43

Masked Malayan


脱毛サロンに通っているマイヤです、こんにちは。


皆さんは体毛で悩んだことがありますか?

私は長年悩んできました。
カミソリはもちろん、毛抜き、除毛クリーム、除毛パッドと色々試してきました。


そもそも私が特に悩むようになったのは、女友達からのこの一言。

「それ、男しか生えない毛じゃない?」

確かに男勝りで男性からも頼りにされることもありますが、ちゃんと生理も来るし、生物学上は女なハズ……そう思って生きてきましたけど?!


女性として悲しくないですか?
「女でもそんなところに毛が生えるんだ~」
なんて言われたら…。

今回は私とムダ毛エピソードをご紹介します。

そんなところに毛が残っていると、女性として見られていないかもしれませんよ?



最初のきっかけは母からの言葉


150710-1-02
Random Acts of Photography


思春期になると体毛が濃くなり、私は日頃から母にこう言われていました。

「マイヤはお父さんの血を継いで、全体的に毛が濃いわね~。女の子なのにカワイソウ」

実母に「カワイソウ」なんて言われる娘って…救いようがないじゃないですか!

その頃から意識はしていましたが、思春期の頃って恥ずかしさもあり、あまりこういう話題を友達としなかったので、実際どうなのかっていうのはよくわかっていませんでした。



寮生活の中で現実を知る


150710-1-03
mark sebastian


大学進学とともに上京し、私は寮での生活が始まりました。
その寮はお風呂が共同。

脇は毎日、手足は週1回くらいカミソリで自己処理をしていました。


ある日、
「いつも処理して偉いよね~」
と寮の友達に言われました。

「そうかな?脇は毎日しているけど」

「脇は毎日剃ってるの?!そんなに生える?大変だね!」

え…っと…生えますけど……これってフツウじゃないってこと…?!


脇は剃っても剃っても点々と毛が残り、翌日にはニョキッと伸びて芝生状態に、3日も剃らなければ草原状態になる私。


3本200円前後のものから、1本1000円以上のカミソリまで幅広く試しましたが、結果はどれも同じでした。


その日、母に用事があったので、電話でその話をついでに振ってみました。

「お母さん!私ね、カミソリで剃っても剃っても脇毛は残るんだけど、お母さんはどう?」

「ちゃんと縦、横、斜めで色々な方向から剃ってる?」

「剃ってるよ!何とかならないかと思って、縦横無尽に剃ってるよ」

「あー、そう。お母さんはそんな悩みもったことないわ~。やっぱりお父さんの血を継いでるのね~」

そ…そんなー!!!涙


寮の他の友達に脇毛について聞いたところ、
「剃れば綺麗になるよ~」
というような回答ばかり。

「私って本当に体毛が濃いのか…」と自覚した瞬間でした。



そしてあの一言


150710-1-04
makelessnoise


大学がもうじき夏休みに入る頃、私はサンダルで通学していました。

「あれ?その怪我どうしたの?」

友達に絆創膏を指さされて言われました。


「あー、昨日カミソリで毛を剃ってたら切っちゃったんだよね」

「え?足の甲って毛が生えるの?それ、男しか生えない毛じゃない?」

「え?!生えたことないの?!」

「むしろ女でも生えるって今知った!」

「ちょっと待って!私さ、他にも乳輪周りとかもフサフサしてて、しかもニョロッと1本長い毛が両方ともにあるんだけど、ない?」

「えー?!マイヤ、ちょっと、あんた本当に女だよね?!」

「そう思ってたけど…今、自信なくした……」


男性から指摘されても恥ずかしいですが、女性も人間なので毛は生えますし、女性にはムダ毛が一切生えないと思っている男性も現実にはいるので、「この人、女性に夢抱き過ぎ」と思ったりもします。
が、現実を知っている女性から指摘されると俄然ショックです。



このような出来事から私はムダ毛に対して真剣に取り組むようにしました。

そして一つの結論に達したのです。
「脱毛するしかない」と。

この結論に達するまでにも紆余曲折ありましたが、これは別の機会にご紹介します。

脱毛した今では笑い話ですが、その頃は本気で悩んでいました。

体毛で悩んでいる方へ、脱毛を本当にオススメします。





脱毛に達するまでの紆余曲折はこちらから。
毛深い女の私がアレコレ試した結論「脱毛サロンが最善の解決策だった」