この記事の所要時間: 535

こんにちは、レイナです。


私は中学生の時に初めてニキビが出来始め、社会人になって25歳くらいまでずっと赤ニキビと格闘してきました。

たくさんの化粧品を試したり、チョコを食べるのを我慢したり・・・ネットや本で『ニキビに効く』って書かれてるものは手当り次第試してきました


そのおかげでマグマのようにプツプツと湧き上がって出てきていた赤ニキビは治まりました。

喜んでいたのもつかの間、私は次の難問にぶち当たりました。

赤ニキビが治ったところが赤みを帯びてニキビ跡として残ってしまったのです。

「赤ニキビが小さくなれば自然と消えると思ってたのに!まだ私の肌を痛めつけるつもりか!」とニキビ跡に怒りさえ覚えました。


ニキビがあった場所が全てニキビ跡になるという最悪な状態になっていた私の肌。

『赤ニキビ対策と同じケアをしていてもニキビ跡の赤みはなくならない』
それに気づいた私は赤ニキビ対策のケアをやめ、ニキビ跡を消すためのケアを試してみることにしました。

するとみるみるうちにニキビ跡の赤みなくなっていくではありませんか!

赤ニキビに合ったケア・ニキビ跡に合ったケアというものを知らずに的外れのケアをしていたら治るものも治らないんです。

ニキビ跡の赤みに悩む人は多いはず!
私がニキビ跡の赤みを消すことができたケアをご紹介します。


ビタミンを補う


ニキビ跡に悩まされていた頃の私は仕事人間でした。


朝は通勤ラッシュ前に職場に行って仕事を始めるものの、結局定時までには終われず残業、残業の毎日。

社会人になって間もない私はがむしゃらに仕事をしていました。


帰る電車で座れば爆睡、お風呂に入れば湯船で即寝、部屋で横になれば3秒で眠りにつく・・・私はだいぶ疲れていました。


その頃ニキビ跡と一緒に悩んでいたのが口内炎

しょちゅうできていて、すっぱいものを食べると沁みるし歯が擦れると痛いので困っていました。


ネットでニキビ跡について調べていた時に気づきました。
この2つ症状に関係するのってビタミンなんだ。私はビタミン不足かも」

そう思った私はビタミン剤とフルーツを食べるようにし、ニキビ跡にはビタミンCが含まれる美白美容液を塗るようにしました。

そしたらニキビ跡が少しずつ薄くなっていき、仕事も今までよりは頑張りが効くようになりました。


乾燥していませんか?


150711-2-02

一日中、クーラーや暖房がガンガンに入った、乾燥した職場でずっと仕事をしていました。

しかも私のいるところに空調があるので、風が直接当たって一日中職場にいると肌がパキっと乾燥してきます。

休憩の時に保湿クリームを塗ってファンデを塗り直したりするのですが、塗って1時間くらいで肌がまたパキっとつっぱってきて塗っても塗っても追いつかない状態に。


そして「早くしなきゃ!」と焦って仕事をしている時は、顔がかーっと熱くなって変な汗をかきながら作業をする時があります。

その作業を終えた後の自分の頬は、火照っていて頬にあった水分が全て蒸発したんじゃないかっていうくらい乾燥します。


乾燥して肌のコンディションが悪い時に決まって赤ニキビが出来始めました。

そして治ってもまた赤くニキビ跡として残ってしまうんです。

「この悪循環を止めなきゃいけない!乾燥を防がなきゃ!」

乾燥はクーラーなども原因ですが、疲れて帰るとケアに時間をかけるのもしんどくて適当にやってたのが原因だったのかな、と思います。


短時間で出来てしっかり保湿できるケアってなんだろう・・・と考えた私が行きついたのが化粧水と美容オイルだけのシンプルケアです。

化粧水をコットンにたっぷりつけてこれでもか!っていうくらい水分補給させて、オイルで蓋をするだけです。

オイルは自分の肌と相性がいいオイルがホホバオイルだったのでそれを使っています。
浸透がいいオイルはすっと肌が吸収してくれるのでツヤツヤのお肌になります。

オイルを使うようになってから乾燥知らずになって、お肌も柔らかくなりました。


血行をよくする!


150711-2-03

クーラーや暖房がガンガンに入ったところにずっといて悩んだことはもう一つあります。

体温調整がうまくできないことです。

私はとくにクーラーが苦手で、体が冷えすぎてしまうので家ではクーラーを一切使わないほどなんです。


一日のうち職場にいる時間が一番長いので夏は体が冷え切ってしまいます。

職場では絶対長袖を着ていて、帰宅するときに半袖に着替えて帰るのですがすれ違う人に「腕出してるところ初めてみた~!いつも長袖着てるよね」と言われるほどです。


冬は手は寒いのに体は熱くて脇汗をかいたり・・・と体温調整がうまくできない自分にイライラする。

一日中同じ体勢で仕事をして足もむくみ、体温調整のリズムも狂いまくっていた私は自分でも血の巡りの悪さを感じていました。


そんなある日、友達からプレゼントでバスソルトをもらいました。

早速入れて入浴してみると「あぁ~いい匂い。癒される~」
いい香りがお風呂中に漂ってリックスし、最近は睡眠タイムになっていたお風呂が癒しタイムへと変わりました。

15分くらい入ってると全身が温まって顔や腕にびっしり汗をかいていました。

お風呂から出ると本当にスッキリした気持ちになってその日はぐっすり眠れました。

リラックスできるからと続けていたバスソルトですが、ニキビ跡の赤みも同時に減っていきました。


血行が良くなったことで、肌サイクルが正常に戻ったのかもしれません。

それから寒さを感じた時はキチンと温めて血行をよくすることを心がけてます。

入浴に関するおすすめの動画がありますのでこちらも参考にしてくださいね。



ニキビ跡の赤みは生活習慣を見直してみよう


私が感じたことは、どれだけ色々な化粧品を使っても自分の生活習慣を見直さないと完璧に治すことはできないということ。

生活習慣を見直せばニキビあとだけでなく、体も健康になっていいことがいっぱい!

体も心も綺麗になってニキビ跡を根絶しましょう!



いや~なニキビ。ニキビなんてできないのが一番!できれば予防したいですよね。
ニキビ予防にはシンプルケア!ニキビ肌から脱却できる2つの方法