この記事の所要時間: 56

Toon Robeyns


¡Hola!、スペイン語を勉強しているマイヤです。

日本にいるとなかなか使う機会のないスペイン語ですが、英語に次いで世界で話されている言語でもあります。
(実際は中国語を話す人口の方が多いのですが、中国語は使える国や地域がスペイン語よりも少ないのです)


スペイン語の勉強はしていますが、スペイン語圏には一度も踏み入れたことのない私。

ところが初海外のトルコへ旅行した際に、スペイン語で熱烈なアプローチが?!
※トルコはトルコ語です。

今回は私の体験談とスペイン語の豆知識をご紹介します。




日本人はモテるのか?

150712-3-02

Japanexperterna.se


そもそも日本人女性がトルコでモテるのかというと、モテます!

日本人らしい女性は本当にモテます

歩いているだけで何度も何度も話しかけられていました。

イトコが。

ええ、私ではなく、一緒に旅行していたイトコが。


実は、私は堀が深くないのですが、目鼻立ちがハッキリしているので日本人に見られず、東南アジア人にしか見られませんでした。

日本国内でも日本人に外国人と間違えられたことが数回、最近は他の日本人は日本人ときちんと認識するのに、中国人から中国人に間違えられることも多いです。


イトコには積極的に話しかけていましたが、私が返事しようものなら
「いや、君はいいや」
と警戒されました。

何度も。


「日本人だよ」と何度も言いましたが、
「本当か?!君と一緒の子と全然違うじゃないか!嘘はつくな!」
と言われ、信じてもらえず。

イトコなので多少の血の繋がりはあるのですが…。

面倒になってきたので、途中から私はマレーシア人で通しました。

何はともあれ、日本人はトルコで本当にモテますよ~!



飛行機で言われた愛の言葉


150712-3-03

Pipe 


私たちはイスタンブールからパリ経由で帰国することになっていたので、パリ行きの飛行機へ搭乗すると、窓側に鼻を大怪我していた男性が座っていました。

30代前後の男性で、堀が深く、ラテン系特有のイケメンでした。

しかも私たちが座る時に麗しい笑顔を向けてくれるではありませんか!

きゅーんとしてしまった私たち。


彼の隣に私が座り、通路側にイトコが座ることになりました。

会話らしい会話はしていなかったのですが、食事の時に何やら話しかけられました。

「△&%○$#□」

えっと…全然わからん!

当時、イトコも私も英語しか話せない状態でした。

「English, please?」

と言うと

「No, English.. Cuba」

と。


キューバ?

スペイン語か!

スペイン語が収録された電子辞書を差し出してみると、
そこに打ってきた言葉は

「Te quiero.」(愛してる)

しょ、初対面ですけど?!


私がビックリしていると彼はニヤリとしてイトコを指さし。

タイトルや冒頭に私の体験談と書きましたが、愛の言葉を直接受け取ったのは私ではなく、同行者のイトコでした。

トルコ人にもそうでしたが、キューバ人にも日本人はモテるみたい。


そして私が間にいるにも関わらず、身を乗り出してイトコに猛アピール

私の目の前に彼が顔をずいーっと持ってきて、イトコを口説く、口説く。

辞書に
「Bonita.」(かわいい/美しい)
と打って、それを何度も声に出し、さらには
「¿Nos casamos?」(僕たち結婚しない?)
なんてことも言うではありませんか!

当時イトコにはお付き合いしている方がおり、笑って「No」と言っていましたが。


私が間にいても全くの無視でパリまで延々と口説いてきたキューバ人でしたが、パリに着くとあっさり

「Bye」

と。

これには私たちも拍子抜け。

情熱的な彼らにとって女の子を口説くのは本当に日常なんでしょうね。



スペイン語のアレコレ


150712-3-04

キューバ人が言ってきた「Te quiero.」(テキェーロ)ですが、厳密に言うとこれは英語の「I want you.」に相当します。

元々は「あなたが欲しい」という意味なんです。

でもニュアンスとしては「I love you.」とほぼ同等と思って良い言葉で、家族や友人にも使います


本来「Te amo.」(テアモ)という言葉が「愛してる」なのですが、地域によってはあまり使わない所もあるようです。

ちなみにスペイン語とイタリア語はとても似ていて、イタリア語の「愛してる」は「Ti amo.」(ティアモ)と言います。


私はイタリア語を一年間習った後にスペイン語を一年間習ったのですが、数字も非常に似ていて覚えやすかった反面、イタリア語とスペイン語がゴチャゴチャになってしまいました。


どちらかをきちんと習得した後なら良いのですが、中途半端にどちらも手をつけるとわからなくなってしまうので、オススメできないです。

さらにポルトガル語はイタリア語よりももっとそっくりなので、この3言語は一緒に勉強するとわけがわからなくなる可能性大です!



私が一番初めにスペイン語に触れたのは、中学生の頃に流行ったこの曲でした。



スペイン語は巻き舌がありますが、それ以外は日本語のカタカナの発音なので日本人にとって学びやすい言語でもあります。

ラテン系の男性は熱~い男性が多いので、是非スペイン語を学んで触れ合ってみてくださいね!



スペイン語は発音が日本人にとって学びやすい。では、日本人にとって馴染みのある漢字ばかりの中国語は?
中国語は日本語と同じ漢字でも発音が難しい?