この記事の所要時間: 414

こんにちは、マイヤです。

今回はトイレシリーズ第2弾、フィリピン(マニラ)のトイレでの出来事をご紹介します!

小さな駅や公園のトイレが少し苦手な私。

薄暗くて、あまり綺麗ではないことが多くないですか?

トイレに行きたくなった場合は、大型ショッピングモール等の、基本的に綺麗で機能的なトイレに駆け込むことが多いです。

トイレってできれば綺麗なところで済ませてしまいたいですよね。

さて、トイレもところ変われば色々変わるもので、今回はフィリピンで経験したトイレストーリーをご紹介します。

ええ、もう、まさにトイレ問題でした。


※記事の途中に美しくない表現がございますので、お食事中の方は別の機会に読み進めていただきますよう、お願い申し上げます。



日本ではない

150718-4-02

フィリピンに到着し、無事に友達と合流した私は、友達と一緒にタクシーに乗ってまずはショッピングモールへ。

ハロハロを食べたり、サンダルを購入したりしました。


これからさらに移動する予定だったので、大きなショッピングモールだし、今のうちにトイレを済ませておこうと思った私。

日本の大型ショッピングモールだったら、基本的にトイレは綺麗ですし、その気分で入ったのです。

が。

そこには目を疑う光景がありました。

床は足跡が沢山あり、トイレットペーパーは散乱、お菓子のゴミなども当然のごとく床にありました。


さらに個室に入ると便器がとても汚い!

事前にネットの情報で
「フィリピンのトイレの便座は直接座るのではなく、そこに足を乗せて和式のようにして座る
と知っていましたが、まさか大型ショッピングモールでさえも、そうなっていようとは。

便座には当然のごとく足跡がいっぱい

マジか…。

マジでか…。

や、やるしかないのか……?



初体験

150718-4-03
ann_shvets (改変 gatag.net)

「郷にいては郷に従え」とはよく言ったもので、従わなければ別の問題が発生しそうな程のトイレの汚さ。


意を決し、マイヤ、当時22歳、
初めてのマイ・フット・オン・ザ・便座☆

何というバランスの悪さ!

若干高さのあるウェッジソールだったこともあり、脅威の安定感のなさ。

普段座ってする時とは逆向き、レバーのある方に向かって座り、レバー等に必死に掴まってこらえる。

そもそも、そのような状態で用を足すように設計されたものではないので、落ち着いてトイレを済ませることなど到底できず、
「落ちるな、落ちるな、落ちるな、落ちるな…!!!」
と、まさに『エヴァンゲリオン』の「逃げちゃダメだ」のように心で念仏。


出したいものもスッキリ出すことはできず、緊急で出しておきたいモノだけを出すような感じ。

そもそも…こんな苦労をさせるくらいなら、洋式じゃなくて和式のトイレを採用してくれー!!!!


普段は洋式のトイレが使いやすいのですが、ここにきて初めて和式を求めてしまいました。

トイレットペーパーも心置きなく使えるようなものではなく…手持ちの渋谷で配っていたポケットティッシュで対応。

ありがとう、ジャパン。

ティッシュで拭くのも一苦労。

何とか無事にトイレを済ませられましたが、「スッキリ感」はあまりなく、むしろ、「疲労感」が襲ってくる始末

何の為の洋式トイレなんだろう、本当に……。



それ以外のトイレ


150718-4-04
avaxhome.ws

大型ショッピングモールでは大苦戦したトイレですが、実はその他のトイレはどれも問題のないものでした。


プールや海のトイレも清潔さ水の勢いともに問題ありませんでした。

ただ、プールは宿泊も兼ねた施設で、清潔で綺麗な所だったのですが、そこのシャワーでお湯が出ず

冷たい水まではいきませんが、生ぬるい水。

お湯とは言い難いものでした。

「お湯が出ないんだけど…?」

と友達に聞くと

「そもそも暑いのに、わざわざお湯なんて使わないわ」

と言われてしまいました。


夏でもお湯シャワーの純粋ジャパニーズである私は愕然。

さっさとシャワーを済ませたのは言うまでもありません。

外国人向けホテル等では問題なくシャワーでお湯が出ますが、現地の人が使う施設は出ない場合もあるようです。



便座の上に和式のように座る場合、ビーサンやスニーカーだともう少し簡単な気がしました。
フィリピンで足跡ばかりで座れない便座に出会うことがあるかもしれないので、1足あると便利です。
とはいえ…あの上に座ってトイレを済ませること自体、もうしたくはないです……。



各国のトイレ事情は様々です。イタリアとクロアチアのトイレ事情をご紹介します。
イタリアとクロアチアのトイレで注意しておきたいことは?

Sponsored Links