この記事の所要時間: 521

こんにちは、マイヤです。

今回はトイレシリーズ第3弾、バリでのトイレ体験をご紹介します。

皆さんは海外で体調を崩したことがありますか?


私は昨年行ったバリで、バリ腹をガッツリ患ってしまい、のたうち回ってトイレに何度も駆け込みました。

バリ腹を患ったのが、レストランで昼食を摂った直後。

ホテルに滞在している時ならまだしも、外だったのでトイレも探さねばならず、しかも何とか見つけたトイレで大格闘


今回はそんなバリでのバリ腹経験とトイレストーリーをご紹介します。

※記事の途中に美しくない表現がございますので、お食事中の方は別の機会に読み進めていただきますよう、お願い申し上げます。



レストランから異変

150719-1-02

帰国を明日に迎えた私たちは、最後にガッツリ移動してバリを楽しむことに。

スミニャックに滞在していたのですが、この日を観光メインの日に定め、ウブドへ行きました。


朝、起きた時から何となく体調がイマイチだった私。

ウブドに行く途中に立ち寄ったレストランで昼食を摂った後、猛烈にトイレに行きたくなり、レストランのトイレへ。

もう腸の隅々まで出したのではないかという程の大きさのものを排出。

でもスッキリしない。

そのままチャーターした車に乗り込んでさらに移動。


バリの道は舗装されていない所も多く揺れるんですよね。

「さっきトイレに行ったばかりなのに…また行きたい……」

車の揺れにも触発され、再びトイレに行きたくなってくる。

しかも、お腹がチクチクと痛い。


観光のことよりも、トイレのことしか考えられなくなる程、私は冷や汗をかいて追い詰められていました。


この体調の異変、
「バリ腹」といって、バリ旅行をする人はかなりの確率で苦しみます・・・。
→バリ腹を予防して旅行を楽しむ3つのポイントとは!?私の失敗談を語る

ウブドで我慢の限界

150719-1-03

ウブドのモンキーフォレスト等があるメインストリートに到着し、そこで観光することに。

ウブドにはオーガニックの物が溢れており、バリでも有数の観光地。


ショッピングを楽しみにしていたのですが、冷や汗でびっしょり、一歩一歩うずいてくるお腹に苦しみながら、前かがみで歩き、もはや観光どころではありませんでした。


大き目のレストランにトイレを借りられないかと聞きましたが、食事をしないのであれば貸せないと断られ、中にも入れてもらえませんでした。


必死に我慢をし、ウブドの王宮へと移動。

少し見て回った後、もう我慢ができず、ガイドさんと合流して尋ねると、
「汚いからオススメはできないけど、どうしてもって言うなら、そのお店の路地裏に公共のトイレがある。お金がかかるよ」
と言われ、もはやお金や清潔さの問題よりも、とにかくどうにかしたくて、すがる気持ちでトイレへ。

このトイレで私は格闘することに。

あれあれ?便器周りが……


150719-1-04
Chill

トイレの入り口にはおばあさんが座っており、そこでお金を徴収されることに。

小さいお金がなく、倍くらいの金額を支払いましたが、当然のごとくお釣りはもらえませんでした。


いつもならば文句の一つでも言うところですが、
「もう出ちゃうよ~~~~~!!!!!」
とお腹から緊急事態宣言がされていましたし、金額も10円を20円で支払ったようなものだったので、気にせずにトイレへ駆け込む。


入った瞬間。

立ち込める、異臭。

「うぅ…ッ」

ただでさえ腹痛で苦しんでいる中、頭がクラクラするような臭いと光景。

個室は2つありましたが、両方とも便器ともども、めちゃくちゃ汚い


茶色っぽくなっており、色々なものが付着。

というか、1つは便器周りに茶色の塊が……。

洋式でなぜこうなるのだ…?

必然的にもう1つへ。


とはいえ、全く綺麗ではなく、鍵もかからない。

人は入ってきそうになかったので、鍵は気にせず、とりあえずドアだけ閉め、
「さて…どう処理するか……」
と考える。


とても座れそうにない。

フィリピンのように便座の上に足を乗せてバランスをとる余裕も今はない。

お腹が大ピンチだ。


ここは…お尻を浮かせて用を足すしかないと決断。

ほぼ下痢の状態なので、狙い撃ちがめちゃくちゃ難しい。

極力便座にお尻を近づけ、色んな意味で汗をかきながら用を足す。


もちろんですが、トイレットペーパーも
「これで拭くの…?」
と思わず絶句したくなるようなクオリティ
(トイレットペーパーがない国もあるので、あるだけ有難いことなのかもしれませんが)


ここで役立つ、日本で配られていたポケットティッシュ。

本当にありがとう、ジャパン。

何とか無事に終え、手を洗ってトイレを後にしましたが、バリ腹の恐怖はトイレから離れられなくなること。


その後に訪れた寺院でもトイレに駆け込み、中は全く観光できず。

さらにヴィラに帰り着いた後も、右向きに横になっていないと、常にトイレにこもる状態に。

ホテルのトイレのトイレットペーパーの予備が2個あり、元々設置されたものも合わせて3個あったのですが、一晩で3個目に手を出しました。

「安心して用を足せるって幸せだな」
なんてことをヴィラのホテルに座って思っていました。



とにもかくにも大変だったバリ腹

同行者たちに沢山看病してもらい、無事に翌日にはお腹の違和感程度まで回復し、動き回れるまでになりました。

ただでさえお腹が緊急事態なのにトイレで格闘せねばならなくなると、本当にキツイです。

皆さん、何はともあれ、配られているポケットティッシュは持って行くに越したことはないですよ!!


バリ旅行ではスパでも大失敗!!みなさんはこんなことにならないように・・・
→バリ旅行でスパ探し!!事前予約なしで行った私の失敗体験談



バリ旅行でのボッタクリ、金銭トラブル、両替についてのまとめはこちらです。
バリ島旅行に行った時の注意点!!私が恐怖したありえない実体験とは!!