この記事の所要時間: 438

Travesty Photography


こんにちは、汚部屋に住んでいたマイヤです。


私の部屋は「豚小屋よりも汚い」と言われていた程、散らかっていました。

食品や商品の包装紙等はすぐに処分する性格なので、虫はさすがにいませんでしたが、埃はすごかったです。

床には服や本が散乱、机の上には雑貨が散在し、私は長いこと部屋の片づけができなかったのですが、先日かなり必死に片付けました。

大学進学とともに上京したので、6年間は東京に住んでいたこともあり、この汚部屋を片付けるのは実に高校生以来ぶり。(10年ぶりくらい)

蓄積された埃が舞に舞って、このまま埃アレルギーを引き起こすのではないかと懸念する程でした。

足の踏み場もなかった部屋が、現在はベリーダンスの自主練習ができるまでに生まれ変わりましたが、正直なところ大苦戦しました。


今回は先日の片付け祭りの反省として、
「片付けが苦手な人はこれをやってはイケナイよ!」
という3ポイントをご紹介します。



1.絶対に●●で片付けてはいけない!

150720-1-02

片付けは一人ではやってはいけません!!

汚部屋を誰にも見られたくない、というのもあり、私は今回の片付けを誰の手も借りずに実施したわけですが、何より時間がかかります!

物が床やベッドの上にも散乱しているので、それらを集め、さらに「必要な物」と「不要な物」とに仕分けをするわけですが、これだけで半日近くかかりました。

仕分けた後に定位置へと片付けるわけですが、もはやこれを開始する時点で夕方になり、定位置へ戻す作業はその日中に終わりませんでした。


元々片付けが苦手な人は、片付けの効率が非常に悪いこともあるので、二人以上だと助言をもらいながらすることもでき、とても良いなと思いました。

時間の短縮もできるので、まずは人に手伝ってもらうことが大事です!!



2.ちょこちょこやるのは無理!

150720-1-03

nath.smith


片付けの日を延長してはいけません!!

片付けは必ず、その日中に9割は終わらせること!

私は今回、徹底的に片付けようとして、途中で朽ち果ててしまい、残り4割くらいを結局翌日以降に片づけることになったのですが、コレ非常に問題です!!

なぜなら、モチベーションが続かない。

元々片付けが苦手な人は、片付けが好きではないんですよね。

「この日にする!」
と決めて一気にやると気合いも続くのですが、翌日は続きません。

正直言って。

本当にキツイです。

残りの4割を片付けの習慣作りも兼ねようと、ちょこちょこしましたが、とにかくダルい。

「片付けは一気にやるのではなく、毎日ちょっとずつしないと続かない」
と言う人もいますが、毎日ちょっとずつできる人だったら、ココまで汚くはできないんですよね。

毎日できないからこそ、ココまでの汚部屋になるんですよ。


そもそも、片付けがしにくい、物が出し入れしにくい部屋になっているからこそ、ちょこちょこではなく、抜本的にやらないとエンドレスチャレンジになってしまい、結局片付かない。

片付けがしやすい、物が出し入れしやすい、物が定位置にないことが不自然な状態になって初めて、毎日15分の片付けという習慣を作らないと、モチベーションは続かないし、リバウンドの原因になるなと思いました。

私は片付け当日は6割しか終えることができませんでしたが、完璧までとはいかずとも9割、最低でも8割以上は終わらせておかないと、本当にモチベーションが続きません!



3.ゴミ袋を使うなら


150720-1-04

グッ写!/GATAG


ゴミ袋と仕分ける袋は同じ物を使わない!!

私は今回、取っておいた様々な紙袋をゴミ袋として使用したのですが、「とりあえず後で仕分ける物」も色々な紙袋に入れてしまいました。

「どれも違う銘柄だし、覚えて入れば良いかな~」

と思っていましたが、片付けに集中すると覚えてられませんし、中身をパッと見ても判断できません。


なぜなら、ゴミとして捨てている物も、先ほどまでは必要な物として部屋に存在していた物ばかりだからです。

紙屑等でしたらササッと見て判断できますが、小物系は特に厄介。

「あれは確かゴミ袋だったな」

と勘違いをしてゴミを捨ててしまい、危うく本当は捨ててはならない物も一緒に捨てそうにもなりました!


必ず、ゴミ袋とそうでないのとがスグに見分けられる物を使用するようにしましょう!!!



今回の片付けで私が得た教訓は以下の通りです。
<まとめ>
1.必ず2人以上でやる
2.その日の内に9割は終わらせる
3.ゴミ袋とそうでない物は、スグに見分けがつくものを使う

かなりの長期戦となってしまい、もう本当に疲れ果ててしまいましたが、やはり部屋が綺麗だと部屋にいようという気持ちになるものです。

それまでは部屋に入ること自体、自分自身でさえためらっていましたから。

今回は「やってはイケナイ」ポイントでしたが、「これは実践して良かった!」というポイントを後日ご紹介できたらと思います。



これで、片付けでやってはいけないポイントはわかりました。では、片付けるためには?
片付けられない女を私が3つのコツで卒業できたんだけど信じられる?