この記事の所要時間: 637

こんにちは、レイナです。

大人になると一度できたニキビってなかなか治りませんよね。

私はアラサーなのですがまだまだニキビが消えることがありません。
特に私は鼻の白ニキビが一時期本当にひどかったです。


幸いファンデをしっかり塗れば白ニキビはファンデの上に主張してくることはないので、人から指摘されることはないのが何よりもの救いでした。

ファンデで隠すことは悪循環だと自分でもわかっているのですが、毛穴にびっしり詰まっている気持ち悪い白いプツプツのニキビたちを人に見せるなんて恥ずかしくてたまりませんでした。

友達や彼氏とのお泊りではお風呂はなるべく譲って最後に入りメイクを落としたらすぐに寝れるようにしたり、明るいと毛穴が見えてしまうので電球の明かりで薄暗くしてプツプツの白ニキビが見えないようにするほどコンプレックスでした。


思春期を過ぎてもう20代も終わろうとしているのになくならないなんて、何かが間違ってるに違いない!と思いケア用品や洗顔の仕方、食べ物など全てを見直しました

そして今あんなのザラザラだった鼻の表面はツルツルになり、毛穴も小さくなって明るい陽射しの下でも鼻を見せれるまでになりました!


鼻ニキビを綺麗に治すには洗うことだけが重要だと思っていませんか?
それではいつまで経ってもニキビの原因はなくならず、ずっと鼻にニキビ予備軍がい続けることになってしまうんです。

今回は私が鼻ニキビをすっきり綺麗に治した方法についてお話します。


まずはしっかり保湿をすること!


鼻はとにかく脂を取ることしか考えていなかった私。

鼻以外にも頬やアゴにもニキビが出来ていた私は鼻はいつも脂取り紙で脂をとって、頬とアゴはクリームや乳液でしっかり保湿するというケアをしていました。

私の肌は鼻は脂が出るのに、頬やアゴはたくさんクリームを塗っていたのに落としたらすぐ白く肌が粉をふくくらい乾燥していたのです。

たくさんの化粧品を試す化粧品ジプシーになっていた私。
「なんで乾燥肌用の化粧品を使ってるのに乾燥するの?」と困り果てていました。


そこで母が使っているハトムギ化粧水を借りてみることにしました。
昔からある化粧水で、母はそれを20年以上使っていて肌がつるつるなのです。
母は脂性肌なので私には合わないと思って使ったことはなかったのですが、その時の私は藁をもつかむ想いで綺麗な肌の人が使ってるものはなんでも試していたのです。

まずコットンに化粧水を出した時からちょっと驚きでした。

私が使っている乾燥肌用の化粧水はちょっとどろっとしていて塗ると肌にぺとっとへばりつくような感覚の化粧水だったのですが、母の化粧水は水のようにサラサラしていて塗るとすっと肌の中に消えていくものでした。

すると化粧水がどんどん肌に吸い込まれて化粧水をするだけで肌がツヤツヤに!

どろっとしている化粧水はちゃんと肌の奥まで水分が入っていかないことを知りました。

そしてしっかり化粧水をすれば、あとは乳液やクリームをつけるだけで今まで粉をふいていた肌が嘘のように綺麗になりました。

そして更に嬉しいことに、徐々に頬やアゴのニキビがなくなっていったのです!

鼻はと言うと脂取り紙でしょっちゅう取らなければいけないほど脂が出ることはなく、軽くティッシュでオフすればすむ位までに落ち着きました。

基本のスキンケアを紹介している動画がありますので参考にしてみてくださいね。



しっかり洗顔!でも優しく!

150724-3-02

乾燥していることを知った私は、乾燥にはオイルがいいと聞いて化粧水の後にオイルを塗っていました。

クレンジングと洗顔料は落とし過ぎない洗浄力の少ないものを選んで使っていました

これで良くなるだろう!と安心していたのですが、なんだか鼻周りがベタついてザラザラしてるなーと感じました。

仕方なくゴマージュで鼻の周りをマッサージするとツルツルになりますが、少し経つとすぐ元通り。

そしてザラつきは鼻だけでなく唇の下、眉間にも広がりました。


日に日に鼻の白ニキビの存在感も大きくなる一方だったので、スッキリ落とせる洗顔料で洗顔してみると以前のようなカピカピ粉ふきお肌に逆戻り!!

今度は洗顔ジプシーになる私。
「洗ったばっかりなのにベタベタするのがまずおかしいよなぁ…」と思いました。

ある日テレビを見ていたら、女医さんが「無添加せっけんをずっと使っている人がいますけど、週に1回はアルカリ性の石鹸で洗わないと古い角質が顔に残ったままになりますよ」と話していました。

「え、無添加ならいいと思ってたのに・・・。ということは、もしかしたら塗ってるオイルがキチンと取れてないのかな…」と思った私は、とにかくたっぷり使えて泡立てれる石鹸で試してみよう!と思いました。


私は体を洗う石鹸に牛乳石鹸を使っていたのでとりあえずこれで試してみよう!と思い、ネットでたっぷり石鹸をつけて泡を作って顔に塗ってなるべくこすらないように洗いました。

すすぎが足りてないとまたニキビができちゃうと困るのでしっかりすすぐ。

すると、ふぅ~!めっちゃすっきりする!しかも洗ったあともつっぱらない!

アルカリ性の石鹸でもしっかり泡立てて使用頻度を抑えればカピカピのカサカサになる心配がなく、綺麗に老廃物を取り除くことができます。

刺激の強いピーリングをするより肌に優しくていいですよね。

この洗顔方法を始めて私の肌は劇的に綺麗になりました。


化粧をする時間をなるべく少なくする!


肌が綺麗になってきてからファンデーションを塗ることに抵抗を感じるようになりました。

以前の私はお化粧が大好きで、新しいファンデが出れば試したりチークを塗ったりと顔の上にどんどん粉を乗せていました。
でも乗せれば乗せるほど肌が乾燥していくのがわかりました。


そこでスキンケアと同様にファンデも見直すことにしたのです。

会社に行くのにスッピンで行くのは社会人としてNGなので最小限に抑えられるBBクリームにチークを塗るか、肌の調子が悪い時は日焼止めにルーセントパウダーだけで毎日出勤しました。

会社に行くときはナチュラルメイクをしていたので、周りはその変化に特に気づくこともありませんでした。

そして家に帰ったら真っ先に化粧を落とします。
休みの日は街に出かける用事がない限りはすっぴんで過ごすように徹底しました。

すると、化粧をしていない時間が長かった日の翌日の肌はまず全然ハリが違いますし、口周りのカサカサの乾燥もない!ぷっくり腫れたニキビの炎症もなくなってる!

本当にいいことずくめです。

化粧をせずに過ごせる時はなるべくすっぴんでいること!
これば美肌への第一歩でもありますよ!



私はこの鼻ニキビが治るまで本当にたくさんの方法を試してきました。

シートを鼻にひっつけてビリっとはがすパックもしましたし、毛穴を小さくするために氷を鼻の上に乗っけたりもしました。

けれど行き着く先はやっぱり洗顔と保湿!

そして結果が出ないからとすぐにやめずに続けることです。
鼻ニキビの効果はゆるやかに現れます。

私は色々やりつくしてお手上げ状態だったのでこの基本中の基本をただただ続けたことで、美鼻を手に入れました。

私のように長年悩んでいる人も、やり方さえ変えればきっと綺麗な肌になれます!

諦めずに頑張りましょう!



こちらの記事でも白ニキビ対策を紹介しています。
白ニキビ対策で美肌になれる!?私が美肌を手に入れた3つのお手入れ