この記事の所要時間: 219

毎日のことだけに、面倒になってしまうことがあるのが料理。
かといって、外食やコンビニは高くつくし、飽きるし、栄養バランスも悪い。
私たちは食べたものでできているので、時に面倒なことがあってもなるべくきちんとしたものを頂きたいですよね。

そんな時にはまず、「常備菜」を作っておくと良いと思います。
何種類かを多めに作っておけば、何日かは料理をせずにすみますし節約にもなります。

例えばきんぴら

ごぼうとニンジンを千切りにして、ごま油で炒め
醤油とみりん、好みで唐辛子や胡麻を加えて味を調えます。作ったものは、ホーローのタッパーなどに入れて保存すれば、2.3日は保つでしょう。

たとえば煮物

筍、人参、牛蒡、れんこん、里芋、こんにゃく、しいたけ・・・
具材はお好みで。
野菜もたくさんとれるし、気持ちもほっとしますね。
暑い時期は無理ですが、それ以外は朝、火をいれれば、数日はもちます。

卯の花入り(おから)なんかもいいですね。

なますも日持ちして便利な常備菜の一つ
です。

大根とにんじんを千切りして、三倍酢(お酢3 砂糖2 塩ひとつまみ、または醤油少々)
で和えるだけ。日持ちしますし、食欲がない時でもさっぱり頂けます。

また、ほうれん草など葉野菜を茹でておくだけでも
お浸しにしたり、ごま和えにしたり、お味噌汁に入れたりと便利ですね。

その他には、冷凍できるものは多めに作って冷凍保存しておくのもいざという時に役に立ちます。

次の方法はリメイク。


例えばカレー
みなさん、よくされるかもしれませんが
残ったカレーは次の日はうどんやドリアに変身させることができます。
パンにのせて頂くのもいいですね。
かぼちゃやじゃがいもの煮物なら、翌日はつぶして衣をつけてコロッケに。

先程のきんぴらも、天ぷらの衣をつけてかき揚げに変身させられますし

煮物の残りは片栗粉をつけて揚げてもおいしいですよ。
またはカレー粉を入れてカレーにしちゃうとか。
ハンバーグなら多めに作って冷凍しておくか
翌日ご飯にのせてドリア風にする、
または潰してトマトを足してミートスパゲティとか。

そんな風にアレンジを考えるのも意外と楽しいものです。

他にはクックパッドや楽天レシピなどのレシピサイト、
あるいはレシピブログをのぞいて、おいしそうな料理を見つけるとか、
モチベーションをあげるとか
食べてくれる人の笑顔を思い浮かべるとか。

何より料理は楽しくするのが一番だと思います。
ご自分が楽しくできる方法を探してくださいね。

常備菜の助けやリメイクで楽しむのも違った料理の楽しみ方ですね。