この記事の所要時間: 95


http://www.lagunatenbosch.co.jp/lagunasia/index.html

こんにちは。なっちです。

今日はなっち家イチオシのプール、ラグナシアを紹介しようと思います。

なっち家は長女(二人目)がよちよち歩きの頃からラグナシアに嵌り、一時期年間パスポートも持っていたほどです。

主な目的はプール!ラグナシアのプールは規模がナガシマ程大きくなく、小さい子供連れには非常に過ごしやすいプールなんです。

しかも雰囲気がちょっとした地中海風で、旅好きなっちの心の琴線に超触れまくりで激リピの挙句の年パス購入でした!

最近はなかなか子供が大きくなって行く機会もなくなったので、最新情報ではないかも…ですが、今までの経験を元にラグナシアプールのなっち家攻略法を大公開します。




土日?平日??当然平日でしょう!!


150731-1-02

http://www.walkerplus.com/spot/ar0623s07555/data.html

ラグナシアは蒲郡市にあります。正直言いますと、公共交通機関で行くには少々辛いです。

当然、車で行く事になるのですが…問題なのは、駐車場です。

ラグナシアの駐車場は結構広く、冬期の平日などはメインエントランスに横付けか?と思える程近くに停める事ができるのですが、1000台停める事ができるラグナシア駐車場が繁忙期の土日になると入れなくなります

次に狙うのは、ラグーナビーチ駐車場。

実はここがオープンしてから行ってないのでわからないですが、350台なのでじき埋まってしまいます。
…と、案内のおじさんが出没してしまったら、遠く信号一つ向こうの臨時駐車場へいかなければならないという悲劇が起こります。

ここは、シャトルバスで送迎があるとはいえ、ベビーカーに乗った子供を連れた親子にはかなりキツイ試練です。

ベビーカーは当然たたまなければならず、なっちはかつて、ベビーカー、荷物、子供という三重苦を抱えて満員シャトルバスに立って乗った事があります。

次回から超早出で行く事にしましたよ。

とにかく!ラグナシアの駐車場に入る事が重要です。

開園前に行くのがお約束。

1000台あるので、その時間なら大抵停める事ができる筈です。

もし、パパが平日休みの方だったら土日は避けて平日に行きましょうね。

土日よりも勝率が上がりますので(笑)



ラグナシアのプール、ここが凄い!

150731-1-03


なっち家では、チケットブースでチャージ式のプリペイドバンドを購入して入場します。

このプリペイドバンド、ラグナシアのレストラン、ショップ、アトラクションで利用でき、帰りに残金があったら全額返金してくれるという優れもの。

プールへお金を持って行かなくてもいいので凄く便利なんです。

ラグナシアのプールに行くのであれば、これをまずゲットするのが通です!


そして、ゲートから入場したら一目散にロッカールームへGO!

ここのロッカーは何度でも出し入れOK。なのでとりあえず大きい荷物を突っ込む!

なっち家はご存じの通り、水着を着てプールへ行くのでここでは着替えなしで即プールへGO!

あとは子供の気が向くままにプールを楽しみます。

ここの波のプールはボディーボードができるプールで素晴らしい波が作れたんだけど、今HPを見てもそのアトラクションはないので残念ながらなくなちゃったんですね。

波のプール、波のパターンを2種類出せるみたいで、ボディーボード用の波はグーフィーの波で上手く乗るとプール真ん中くらいまでライドできたんですけど、あ~残念です!

普段の波は正面からまっすぐ崩れる波で、結構大きいので浮き輪なしだと辛かった覚えがあります。子供を連れている時は注意してくださいね。

波が引いてる時に近寄ると、とんでもない事になります。

頭の上を波が通り過ぎますよ!!


そして、子供連れがなかなかプールを満喫できない理由の一つに「子供がプールに飽きてしまう」というのがあるのですが(一時間くらい?年齢が小さいと本当にそんなもんです)ご安心ください!ラグナシアは、アトラクションもレストランもすべて水着で楽しめます。

なっち家では、とりあえずプールを1時間くらい楽しんだら、子供用のアトラクションのあるエリアへ行き、フリーパス購入しているのでその後子供が飽きるまで暫く乗り物を楽しんでから、昼ごはんという流れが多かったです。

その子供エリアにあるハンバーガーショップ、ステラカフェのハンバーガーが、バーガーキングばりにおっきくて超お気に入りでした。

目の前にステラコースターと言う、お子様コースターなのに、大人も結構楽しめるジェットコースターがあって、ご飯食べながら、子供が延々ステラコースターに乗ってるのを眺めてたりとか、とっても良いのです。

ラグナシアに行かれるのなら、是非ここにお立ち寄りください。

なっちがラグナシアが好きな理由は、このキッズエリアの充実度なんです。

子供向けの乗り物が一か所に凝縮して集まってて、乗り物以外の遊び場も少しあり、それでいて大人の目が届く範囲の広さしかないので、気軽に子供を自由に遊ばせると事ができるからです。

長男が小さい頃、汽車の乗り物が超好きで、ここのラグナシアの汽車にどれだけ乗ったか…。

フリーパスで入るので、延々汽車。

他には乗らないのですが、長男の満足度といったら凄くて、年パス購入のきっかけになっちゃうくらい気に入ってたんです。

そうやって、色々遊んで、プールに入って、出て来てアトラクションに乗って、たまにご飯やアイスでゆったりして、あっと言う間にプール閉園の17時になってしまいます。

ナガシマだとこうはいかないんです。

プールが飽きちゃったら、出なければいけない。

着替えて出ちゃうともうプールに戻る気が起こらないでしょ?

それがないので、ゆっくりプールを楽しめるんです。

ラグナシアでは、レンタルルームもあって(事前予約HPでできます)もしお昼寝が必要なお子様やずっとプールはしんどいおじいちゃんおばあちゃんがいても、そいうった場所でゆっくりしてもらう事も可能。(勿論お金はかかりますが…)

ほら、至れり尽くせりでないんですか?これがなっちがラグナシアが好きな理由だし、ラグナシアの凄さなんです。

とかく、子供連れだと長くテーマパークを楽しむ事ができなかったりしますが、ここは大丈夫。いろんな工夫がされています。

ラグナシアのダメな所に、「小さなディズニーシー。規模が小さすぎて面白くない」という意見もよく見ます。

乗り物に乗りたい人は、是非ナガシマへ行ってください。

ラグナシアのコースターは優れものですが、それ以外のアトラクションがあまりありません。いろんな乗り物をいっぱい乗りたい人向けではない。

それよりも、ゆったりとじっくりと過ごしたい人向け。

でも、夏休みの土日は結構混むので、じっくりゆったり過ごす為には多少の出費が必要だったり、HPとにらめっこしてプラン練ったり事前予約が必要かもしれないです。


さあ、プールがクローズしてからどうするか。

アトラクションを楽しむのもいいし、夕ご飯を食べるのもよし。

キッズエリアでまたまた一生懸命遊ぶのもよし。

子供はキッズエリア以外に、プール更衣室横のマジカルパウダーというアトラクションと、その向こうにあるボールプール。キャンディファクトリーが激面白いです。

また、今年は妖怪ウォッチとのコラボも展開していて、妖怪ウォッチのウォータースライダーがキッズプールのやどかりさんの海にあったり、アトラクション(フリーパスとは別料金)があったりしますので、妖怪ウォッチに嵌りまくってる子には堪らない筈です。

さあ、そうこうするうちに、20時をまわった所で、ラグナシア一番の売り物、花火スペクタキュラの時間になります。

センタープール、ルナポルトにある噴水がよく見える所で待機するべし。

単純な花火ではなく、キャストが現れたり、噴水とのコラボがあったりと見応え満点なナイトショーが始まります。

私がよく行っていた頃はキャストは現れなかったのですが、花火と噴水が織りなす素敵世界は私が知っている花火ショーの中でも多分、一位を占めます。

ここの花火は完全にショー化されていて、見ていると感動すら覚えてしまいます。

私の中の、愛知エリアが他に誇れるマニアックな優れもの、ナンバー2に値する素晴らしさ。

これは是非是非一度は見て欲しいと思います。(ちなみに、ナンバー1は南知多ビーチランドのナイトイルカショー)



お隣のビーチパークも超面白そう!!



なっち家は今年、久々にラグーナに行こうと思っています。

何故なら、ラグーナビーチにある超凄いスライダーで遊びたいから!



プールから歩いて5分の所にあるビーチにこんなでっかい物を作っちゃったようで。
これが夏、スプラッシュ仕様になったようです。



ねね、超面白そうでないっすか???

長男(中1)に見せたら「何これ?何これ??面白そう~~~~!!!」と、かなり食いついてきたので、ラグーナ行き、決定しました!

ビーチってのもいいですよね。

なっち家はずっとプール派で、実は子供達、海に行った事がないんです。

なっちの体重が問題ではあるのですが、近いうちにボディーボード系を子供達に教えようと計画していまして、まず海に子供を慣らす必要があるんですよね。

なので、これはとっかかりにはナイス!なポイント。

おまけにこんなに楽しそうなアトラクションがあるんなら行かなきゃ損!

めっちゃ熱いですよね、今年のラグナシア

経営不振が続いて蒲郡市が存続できず民間企業に売った経緯とか色々ありますが、頑張ってるじゃないですか!

やはり東海圏なっちおすすめプールNO1です。

是非みなさん、ラグナシアへ今年の夏は行ってみてくださいね!!!



こちらの記事でもちょこっとでてきている「ナガシマ」。ナガシマはいったいどんなとこ?
夏だ!ナガシマリゾートのジャンボ海水プールで思いっきり楽しんじゃおう!