この記事の所要時間: 30

こんにちは、おせちが苦手なマイヤです。

皆さんはおせちが好きですか?

私は子供の頃から苦手で、あまり食べられません

特に黒豆が苦手で、甘いものは嫌いではなく食べられないわけではないのですが、どうしても好きになれず、好き好んで食べることはありません。

弟たちもおせちがあまり好きではなく、私の家ではもう何年もおせちを食べていません。

近年ではおせちを食べない家庭も増えているようですが、そのような家庭はお正月に何を食べているのでしょうか。

私の例も取り上げながらご紹介しますので、もし旦那さんがおせち嫌いでお正月料理を迷っていたら、参考にしてみてくださいね。



お正月であったとしても

150802-2-02

どうやら、お正月だとしても、私が調べた限りでは、普段通りの食事にする方が多いようです。

確かに昔と違って、現代は普段の食事も豪華にできますし、手軽に調理できる具材も沢山販売され、家庭でも簡単に美味しく調理できますよね。

私はメシマズなのですが、先日、麻婆茄子の素を買って調理してみたら、びっくりするくらい美味しく出来上がりました。

最近の「素」は本当に便利だなと心から思います。

元々おせちは、お正月くらいはお母さんを家事から解放しよう、という意味もあって、保存がきく食材が中心となり、さらにはお正月に火を使うことをできるだけ避けるという意味もあったそうです。
※「日本文化いろは事典」参照 http://iroha-japan.net/iroha/B02_food/26_osechi.html

家事から解放するという意味では、現代において、先ほどの麻婆茄子の素もそうですが、家事が格段にラクになっているので、おせちでなくとも実現できていると思います。

とはいえ、せっかくのお正月に普段の食事だとちょっと物悲しい感じもしなくはないです。

私の家では、確かに普段通りの食事ではありますが、一工夫加えるようにしています。



ちょっとだけ豪華にする

150802-2-03

私の家では、お正月におせちを食べない代わりに、ちょっとだけ豪華な食事をするようにしています。

普段、お寿司を食べる時はお寿司だけ食べるのですが、お正月はそれに家族全員が好きな唐揚げがプラスされます。

さらに馬刺し等もプラスされます。

家族全員の好物がテーブルに並べられます。

おせちですと何万もするものがありますよね。

そこまではお金をかけませんが、好きな物ばかりを並べ、普段よりもちょっと豪華にするだけでテンションは結構上がります。

何も難しく考える必要はなく、好きな料理で、普段バラバラに作っている(一緒に食べない)料理を一緒に並べるだけ。

たったこれだけで、
「何か豪華~!」
と思えます。

何せ好きな物が並んでいるので。

新年早々好きな物に囲まれて過ごせるので、幸せな気持ちになれますよ。



おせちは日本の伝統ですし、それを蔑ろにしようとは思いません。
ただ、おめでたい日の食事が自分の苦手な料理ばかりだと、テンションは上がらないです。

私が苦手を克服できれば良いのですが、現実そう簡単ではなく……。

「苦手なんだからしょうがない」と割り切っているので、これからも暫くはおせちを食べることはなさそうです。



お正月といえば初詣ですね!こちらの記事もご覧ください。
初詣の服装で女性がやりがちな3つのミス!寒さ対策ちゃんとしてる?