この記事の所要時間: 50

この記事は、もう若くない女性――この国では、女性はせいぜい23歳で、突然に「その中」に詰め込まれますが、それでいいのでしょうか――とにかくもう若くない女性の、2つの悩みを解決します。


アンチエイジングしたい。そのために、入念にお肌の手入れをしたい。
でも時間がない!!
と思っていませんか。


同時に、もし時間があって特別なケアを毎日のようにしても、
『もう自分は絶対に、あの頃には戻れない』
と、実は、気がついていませんか?


そんなあなたに、1日5分からで10歳若返るかもしれない、誰にでもできるアンチエイジング、お肌に効く美容法と、これからの自分の、本当の「顔」とつきあう、ステキな方法を教えちゃいます。

1日5分でも必ずやる、そのかわり…


皆さんこんにちは、たけいさんです。

今年の3月に、21歳以上しか入れないマカオのカジノに、すっぴんで行ったら、
「ヘイ、ユー!パスポート、パスポート!」
とちょっと横柄に言われ、本当にパスポートを見せることになった、42歳の女です。

もっとも、ここまで若く思われることは、ごくまれにしかありません。普段は30代前半、たまに20代ギリギリに見られます。


私が美容にかける時間は、本当に短くて5分、いつもは入浴も含めて15分から30分くらいです。

それが美容法なら、ごくシンプルで、誰にでもできることなんです。

5分でもいいから、そのかわり、どんなに忙しくても、疲れていても、毎日欠かさず「美容タイム」をつくることなのですね。

私はキッチンタイマーを使って、毎日の「美容タイム」を決めています。

150804-3-02

これです。デジタルですね。
マグネットもついているから、洗面所とお風呂場の横にある、洗濯機にはってあります。
800円くらいで買えます。

これで今日は5分、15分、30分、余裕がある日はそれ以上、とあらかじめ時間を決めるんです。

そうしたら、
「私の人生で、今日、美容にかけられる時間はこれだけ。二度と戻ってこないんだ」
と自分に言い聞かせ、精神を集中させて、「美容タイム」に入るんです。

やってみると分かるんですけれど、5分あれば、洗面所で、丁寧に化粧を落として、基礎化粧品でお肌をととのえられるのですね。

本当に疲れた日は、これで寝てしまいます。
シャワーかお風呂は、起きてからゆっくり入った方が効率がいいのでは。

いわば「応急処置」です。
毎日これだとよくないでしょうけれど、化粧をした日、日焼け止めをぬった日は、何があっても、絶対に落として、お肌をケアしてから寝た方がいいですよ。

化粧をしたまま寝るのは、本当に、一晩でも、やらない方がいいです。

150804-3-03       


15分か30分あれば、美容器具を使って、手早く全身をケアします。

私はロングヘアですけれど、慣れているし器具もあるので、15分しかなくても髪までやろうと思えば、できます。

詳しくは私の、
「マイナス20歳に見られた私の美容習慣。1日15分からできるたった4つの方法」
という記事をご覧ください。

ご存じの方もいますよね。私がこの器具を使っていることも。



とにかくどんなに疲れていても、「美容タイム」が5分か15分しかとれなくても、前述のように、けれど毎日、短い時間でも、集中して、全力でやるのです。

どうしてかというと、そうじゃないと、きっとずっとやらないからなのですよ。


もっと手軽な方法として、こんなサプリメントも飲んでいます。
→酵素で美容!!−20歳に見られた私が飲む「新谷酵素」の効果とは?


私は本当は、凄い面倒くさがりなんです。

ただ、時間を決めたら、それ以上はやらないんです。

これもそのかわり、もの凄く努力している人以上には、若くもきれいにもならないんですよ。

でも、それでいいんじゃないでしょうか。

前述のように、私は42歳です。
美容整形反対派ではありませんが、私は少なくともまだしていません。

年齢より若く見られるのは本当ですけれど、そういう人間が、結局はこれくらいのケアで、いつも、ギリギリでも20代だとか、ましてや21歳以上じゃない人間に見られることは、ないのですよ。
それでいいんじゃないでしょうか。

私がそう思うのには、理由があります。

これからの顔を愛さないのは、もったいない


150804-3-04
       

私は随分遅くまで、非常に若くというか、幼く見られていました。

母もそうだったんです。50歳くらいまで「バケモノ」と言われていました。

自分もそうなのかな、と思っていたら、39歳の時に、強いストレスをうけたせいもあって、顔が変わったのです。


これは、人一倍の努力である程度「戻る」ものなのか、このまま変わっていくのか、分からないのですが、きっと後者でしょう。

最初はそれが凄くショックで、夢にも見ました。
でもある日、気がついたのです。

今の顔の方が、理知的に見えるということに。


無垢さが、実は残酷で間違っている場合もあった、ということにも。

そう思うと不思議なもので、
『変わっていくこの顔を大切にして、楽しもう』
という気持ちが、まだ、いつもではありませんが、でも本当に湧いてきたのです。

顔は自分の子供と同じで、愛してあげればあげるほど、可愛くなって、成長し、いいことをしてくれます。

それなのに、年齢を重ねるこれからの自分の顔を愛さないなんて、もったいないことがあるでしょうか?



1日15分のお手入れ方法。こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
マイナス20歳に見られた私の美容習慣。1日15分からできるたった4つの方法

Sponsored Links