この記事の所要時間: 258

こんにちは、現在はアルバイトのマイヤです。

正社員として働いていた頃は当然の義務として受けていた健康診断。

学生時代までは学校で実施されますし、一つのイベントのようであまり重要性を理解していませんでした。

私が学生時代にアルバイトしていた頃、いくつかの業種を経験したのですが、一度だけ企業負担で健康診断を受けました。

ですが、健康診断の話すら出てこなかったアルバイトがほとんどでした。

この違いは何なのでしょうか。

今回はアルバイトにおける健康診断についてご紹介します。



「健康診断って必要かな?」と思っていたら…

150810-1-02

そもそも健康診断を重要視していますか?

年齢が若い人にとって健康診断は一つのイベントであり、あまり重要に感じていない人も多いのではないでしょうか。

実は、私はあまり重要に感じていませんでした。

「健康診断なんて必要なのかな?」

と思っている方、侮ってはいけません!!


私が東京で正社員として勤務していた時の直属の上司の話ではありますが、会社の健康診断で異常が見つかり、一命をとりとめました。

実は健康診断で大きな病気が見つかることもあるのです。

大きな病気の場合は早期発見、早期治療が回復のカギとなります。

たとえ自覚症状がなくとも進行している場合もあるので、健康診断を蔑ろにしてはいけません。



アルバイトは健康診断を受けるべきなのか

150810-1-03

学生の場合は学校で実施されますが、フリーター等の場合は会社が実施しない限り、受ける機会はそうそうないと思います。

アルバイトの場合は規定があり、それを満たしている場合は雇用者や雇用主の意図に関係なく、雇用主は雇用者に健康診断を受けさせる義務があります。

その規定を満たしていない場合は、自己負担で自発的に機会を作って行かなければ基本的に受けられないと思って良いです。

私の場合、学生時代にしていたアルバイトで1社以外は規定を満たしておらず、健康診断は基本的に学校で実施されるものしか受けておりませんでした。

現在は条件を満たしていないアルバイトでの契約なので、自発的に行かなければ受ける機会はありません。

フリーターの人で規定を満たしていない労働契約の場合は、年に一度くらいは自分で受けに行くことをオススメします。



採用前の場合は自己負担?会社負担?

150810-1-04

雇用主に義務がある場合は会社負担で受けられることをご紹介しましたが、面接の段階等で健康診断の結果を提出するよう求めてくる企業もあります。

その場合は会社ごとに違いはありますが、たいていは自己負担が多いです。

場合によっては、勤務を開始後ある一定の期間を経過すると会社から費用をいただけることもあるようです。

どのようになっているかは、企業側に確認するようにしましょう。

ちなみに私は健康診断の結果をアルバイトで求められたことはありませんでした。

ただ、正社員採用の際は求められました。



健康管理も重要な仕事です。
しかも自分にしかできません。
会社側が負担してくれないからといって受けないということはせずに、年に一度くらいは受けるようにしましょうね!



アルバイトしている方の中には、転職活動中の方もいらっしゃると思います。
転職活動で注意すべきポイントとは?後悔しないよう私の失敗を参考に