この記事の所要時間: 714

こんにちは。なっちです。

毎年毎年悩まされるこの課題。皆さんはどうクリアされてますか?


なっち家の子供達は毎年サンタさんにお願いをしているので、なっちは悩むことはないのですが、サンタさん以外に家族同士でプレゼントを贈りあっているご家庭などでは、何を贈ろうかと悩ましいと思います。
しかも、最近のクリスマスプレゼント事情はスタートダッシュが非常に早いです。

子供でも、大人でも、例えば人気のおもちゃやゲーム系を贈ろうなんて思ったら、それこそ品によっては至難の業。
サンタさんもさぞや困ってらっしゃると思います(笑)
今日は、スタートダッシュのかけ方から贈り物のチョイス方法等、色々な角度からなっちの経験も踏まえて考えてみようかと思います!

早すぎる?いいえいいえ。
早いに越したことはないんですよ~油断するとあっという間に手遅れになるかも…




なっちの悲しいトラウマ劇場~サンタなんて大嫌い!!


image001



なっちは、クリスマスプレゼントは絶対にサンタさんに貰うもんだと思っています。
子供達も全員そう思っています。


なっち家では、一年間いい子でいれば赤いサンタさんがプレゼント(ご褒美)をくれて、悪い子だったら、黒いサンタさんに臓物を投げつけられる事になっています。
怖いですよね~。
臓物ですよ!臓物!!!
子供には臓物がよくわからないんですが、言葉の響きで、よろしくない物だと察知しているらしく、「そんな事してると黒いサンタが来るよ!」と言うと、あっという間に大人しくなります。
非常に使える言葉です(笑)

しかし、子供達はずうずうしくも、クリスマスシーズンに突入すると「サンタさんに何貰おうかな~」と勝手に計画を立ててしまいます。
毎年です。
「黒いサンタかもしれないじゃん!」と聞いても、全員が全員「だって、赤いサンタが来るんだもん!!」」と自信満々で答えます。
そんないい子だったかしらん?と首を傾げちゃうんですけど、とにかく、彼らは一年間とってもいい子でいたらしく、赤いサンタに無謀な要求を妄想。
赤いサンタの苦難はそこからスタートします。

でも、絶対にサンタがクリスマスプレゼントをくれないと話にならないんです。
例えそれが臓物であろうとです。


何故かと言いますと、実はなっち、人生の中で枕元に朝起きてクリスマスプレゼントが置いてあったのは1回しかないからなんです。
物心ついた時から、なっちの実家ではクリスマスプレゼントはサンタさんではなく、親から貰えるプレゼントになっていました。

一年間で、何かを買ってもらえる機会は、このクリスマスと誕生日だけ。
なっちは12月30日生まれなので、一年に12月しかプレゼントが貰えず、4月生まれの妹を非常に羨ましく思っていました。


ある日、世の中にはサンタさんという人がいて、プレゼントをクリスマスに持ってきてくれるという話を聞き、小学校1年生の時から数年間、クリスマスイブに靴下を吊るしていた事があります。

親以外からもう一つプレゼントが欲しかったと言うのが本音ですけど、みんなに来るサンタだから私にも来ると思って試してみたんです。
朝起きてみても…靴下はぺちゃんこのままでした。

毎年待っていても、ずっとぺちゃんこのままでした。
なっちはサンタさんから見捨てられた気分になって、ある年を境にもう靴下を吊るさなくなってしまいます。ひねくれちゃったんです。


そこから、友達に「サンタなんていないんだよ!親がプレゼントをくれるんだよ!」と言うようになります。
夢を見てはいけないと、現実を突きつけられたような切なさで、なっちのクリスマスはそれ以来ちっとも楽しくない、むしろ辛い記憶と親に対しての失望が入り混じった悲しい日になってしまいました。

一回だけ、30歳くらいの時にこの話を母親にしました。
母には衝撃だったようで、まさか自分の子供がそんな事で、人生に対して夢を見る事をやめてしまったなんて気が付かなかったんでしょう。
そんな話をした年のクリスマスの朝、私の部屋のテーブルに見た事もない鞄が置かれていて、私は妹がまた置きっぱなしにしたと怒って母に訴えたんです。


そうしたら、母が一言。
「サンタさんが来たんだよ」



なっちは、感動…しませんでした。

ひねくれちゃってたので、今更こんなことをしないで欲しいと余計に辛い気持ちになりました。



そんな悲しい思い出があるなっち。
自分の子供には、絶対に夢を見て欲しいと思っています。
なので、絶対にサンタさんから臓物でもいいんです。貰えるのが大事。
それがクリスマスだと信じでいます。
それでも、クリスマスはいつも辛い気持ちになります。クリスマスなんか大っ嫌い(涙)



サンタさん以外からもプレゼントを贈り合うのもいいかも


image005



子供はサンタさんが必ず来るのでいいですよね。

でも、普段がんばっているお母さんや、外で仕事しているお父さんには来ない。


大人にはサンタは来ないのです。

あ~これってとっても不公平。なのでなっちが提案します!
家族でみんなでちょっとしたプレゼントを贈り合うのはどうでしょうか。

子供がみんなで親にプレゼントしてもいいですし、お母さんと子供達でお父さんにプレゼントを用意するのもいいですよね。

日ごろの感謝の思いを込めて、お父さんと子供達からお母さんにあげてもいいですし、いつもは会う事のできない遠方のおじいちゃんおばあちゃんに、家族全員でプレゼントも素敵です。

特に金額が高くなくても、この場合は真心がこもっていればいいんじゃないでしょうか。

手紙でもいいいです。
お手伝い券でもいいです。
お願い券とかも面白いかも。なんでもお願いをかなえてあげちゃう券。
いつもは会えない人には、ビデオレターとかでもいいですよね。
もしくは、お母さんに楽をしてもらう為に外食するとか、(家族全員恩恵にあずかれます)


いいですね、ワクワクしてきます。
ほんのちょっとした事でいいんです。それでも何かあれば、大人は頑張れます。

子供達も、もしいつも忙しいお母さんからお手紙をもらったら嬉しいんじゃないかな…ね、こういうのこそ、心に残るプレゼントになるんです!



人気アイテムは初動が肝心!


image007




ところで、クリスマスプレゼントの用意ってどれくらい前から準備されますか?

もし、ゲーム機やもしくは人気のおもちゃなどを考えているのであれば、欲しいもの、贈りたいものが決まったらすぐに確保に向かった方がいいです。


なっちの経験から言いますと、クリスマスシーズンに本格的に突入するクリスマス前の土日、その前の土日には商品は全然なくなってしまっていて、ネットで手に入れる事さえ難しくなるのが最近のパターンです。

その年に爆発人気なものであれば、1か月前でももしかしたら遅いかも。

よくあるパターンなんですけど、子供が欲しがっていておもちゃ売り場でよく見かけたりしたので、クリスマスに買ってあげようかな~と考えているんですけど、なかなか買う機会がなくて、なんとなく12月になっちゃて慌てて買いに行ったらないんですよ。
おもちゃ屋さんを何軒もまわるんですけど、ない。
ネットで探すと超高額になってる。
ええええええええ?と思って、とりあえず別の商品にしちゃうんです。
なので、なっちはいつも1か月以上前にネットでお安くゲットします。
そのまま実家へ送付してしまえば誰にも気づかれずに保管できます。


楽しいクリスマスをより盛り上げるために、お母さん達は日夜努力を惜しまないんですよ~!


なっちが気になってるのはこちら!



この前アピタで超欲しくて迷いました…でも買わなかった


さて、クリスマスプレゼント家族向けの事柄をまとめてみると


① サンタは絶対いる
② 家族で心のこもったプレゼントを贈り合うのもGOOD!
③ 買うのであれば、1か月以上前にゲットが当たりまえ!

以上、これを心に置いて、今年も楽しいクリスマスを過ごせるように頑張りましょう!!




プレゼント選びに迷ったらこちら!あげる人別おもしろ雑貨を紹介します。
プレゼントに!!おしゃれおもしろ雑貨のおすすめ10個まとめてみた!


Sponsored Links