この記事の所要時間: 257

こんにちは、高血圧の家族がいるマイヤです。

冬のお風呂って温まってとても気持ちの良いものですが、脱衣所が地獄のように寒いというご家庭はありませんか?

入浴自体はしたいのに、服を脱ぎ着するのが億劫になってしまいますよね。

脱衣所に暖房器具を設置しようと考えている人も少なくないはず。

でもあまり考えずに設置してしまうと、かえって寒く感じて無駄になってしまう恐れもあります!!

今回は脱衣所に暖房器具を設置する際に考慮すべき点をご紹介します。



高血圧や糖尿病、高齢の家族がいる場合は…

テスト2


そもそも脱衣所に暖房器具を設置するのは何も寒さ対策だけではなく、命の危機から回避する為の予防策であることも忘れてはなりません。

寒い冬では、高血圧や糖尿病を患った方、もしくは高齢者の場合、入浴前後もしくは入浴中にヒートショックというものに襲われ、突然死してしまう恐れが非常に高くなります。

私の祖父も入浴後に突然体調を崩し、数時間後に亡くなったので、今思うと祖父もヒートショックによる突然死だったのかもしれません。
(祖父は高血圧でしたが、当時は入浴前まで普段通り元気で、入浴後に突然顔色が変わって救急車で搬送されましたが、亡くなりました)

ヒートショックとは、血圧や心拍数の急激な変化のことで、温度差が激しいと高血圧や糖尿病、高齢者に生じやすいもの。

入浴による急激な温度変化をなくし、ヒートショックを避ける為にも、冬場に脱衣所は暖房器具を設置した方が良いですよ。



早くて便利なんだけど…

テスト3


スイッチを入れるとすぐに熱くなるので便利なハロゲンヒーター。

近づくととても熱いですし、消すとすぐに冷えてしまいますが、とても便利であることは間違いありません。

ですが、小さいお子さんがいるご家庭は火傷の恐れがあるので避けたいのも事実。

とはいえ、小さいお子さんがいるからと言って、次の物を購入した場合、使い方を考えないと逆に寒くなってしまう恐れもあります。



全世代とも使い方を考えるべき物

テスト4


使い方を考えないと、逆に寒くなって無意味になってしまうのが、風が出てくるタイプのもの。

つまり、ファンヒーターなんかはそれに該当します。

どういうことかと言うと、確かに風は温かいんです。

温風が出てくるんです。

でもそれが温かいと感じるのは濡れていないから。

実は濡れた体に30度の風邪があたると、すごく寒く感じます。

まして寒い脱衣所でそんなものに当たろうものなら、風邪を引いてしまう恐れも非常に高くなります。

もし購入するのであれば、直接体に当たらないようにしないと、何の為に買ったのかわからなくなります。

入浴直前にスイッチを入れ、入浴中に脱衣所を温め、入浴後にスイッチを切る、というような使い方をするのも良いと思います。

とにもかくにも、風に直接当たらないような使い方を考えましょう!



脱衣所の暖房について考えるべき点のまとめ


1.高齢者等の為にも、冬場は脱衣所に暖房器具があるべき
2.ハロゲンヒーターは小さい子供がいるご家庭は基本NG
3.風が出てくるタイプは置く場所をきちんと考えるべき



ただ寒さ対策になるだけでなく、突然死の予防策にもなる、脱衣所の暖房。
決して軽視せずに、使う器具や設置場所をきちんと考えておきまし