この記事の所要時間: 651

こんにちは。ずっと手帳を上手く使いこなせなかったレイナです。



もうそろそろ来年度の手帳が店頭に並び始めますね。

皆さんは毎年手帳を買っていますか?

毎年様々なブランドから手帳が出ていて見ているだけでも楽しいですよね。


私はつい数年前まで手帳は使わず、スケジュールはカレンダーに書き込む生活をしていました。


毎年可愛い手帳が売っているので一応は買うんです。

でも使うのはマンスリーのところだけで週間でスケジュールを書くページやメモは真っ白。

毎日予定があるわけでもないし、社会人になっても毎日同じような業務をしていたので手帳にかかなきゃいけないほど変わったこともない。

その結果、ほとんど空白ばっかりの手帳になってしまうので「買う意味ないな~」と思って10年ほど手帳のなしの生活をしていました。


でもあることがきっかけで手帳が空白ばかりなのは私が手帳の使い方を知らなかっただけだと知りました。


本来、手帳は忘れないよう書き留めるメモのようなもの。

じゃあ何でもメモっちゃおう!とただやみくもにメモってもグチャグチャ書いてあって使いたくなくなってしまいます。


今は整理してかけるように工夫してある手帳が色んなブランドから出ています。

私は自分に合った手帳のブランドを見つけたおかげで、空白だらけだった手帳が今では黒い文字がびっしり書かれています。

手帳が使えるようになるといいことがいっぱい!



今回はレイナおすすめの手帳のブランドをご紹介します。



手帳を買う前に・・・



今まで空白にし続けきた人ってマンスリーしか使ってないのではないでしょうか?


・・・というか自分がそうでした。


手帳をお店に見に行く前にしなければいけないことがあります。

それは手帳に何を書くのか決めることです。


スケジュールを書くことだけが目的なのか、日記や仕事などのアイデアもメモしたいのか・・・それによって買う手帳って変わってきます。


例えば今回は手帳に予定と日記を書く!と決めてそれだけを手帳に書くようにするのです。

私は以前までそれをまったく考えずにお店に行って手帳を選んでいました。

手帳の表紙のデザインばっかり見てしまって書きやすいかなどの機能性を見ずに買ってしまっていました。

そして使わないようなページばっかりある手帳を買って空白だらけ・・・という事態に陥ってしまうんです。



最初に「来年の手帳はコレとコレを手帳に書く!」と決めてから買いに行きましょう。



1つの手帳に収めたい人向けのブランド

手帳2


私は手帳を使っていなかった期間、スケジュールはカレンダーに記入してそれ以外のメモはノートに書いていました。


家計簿、犬の食事管理のメモ、日記など・・・目的によってノートを分けていました。

するとどんどんノートが増えてどれが何を書いたノートなのかごちゃごちゃになり始めました。


「せっかく整理するためにノートを書いているのこれじゃあ意味がない。全部まとめて一冊のノートに書けたらいいのに・・・」と思いました。


そんな時に出会ったのが「ジブン手帳」です。




分厚い1冊の手帳の中身が大きく3つに分かれている手帳です。



スケジュールや日記を書ける『DIARY』

将来の夢や家計簿が書ける『LIFE』

アイデアを書ける『IDEA』

の3つです。



手帳を書き慣れている上級者であれば自分で上手く区切って書いていけます。
でもかなり書き慣れてないと無理ですよね。


この手帳は項目によって細かくページが分かれているので、記入していくだけで自分の頭の中が整理できて一目で把握できるようになっているのでオススメです。

これをつかったらあんなにバラバラに書いてたノートが1つにまとまりました!

私が手帳を初めて使いこなせるようになったブランドです。

そして手帳がちゃんと使えるようになったことで一番変わったことは頭がスッキリするようになったこと。


元々忘れっぽい私。

今までは「忘れちゃいけない」と常に頭を無駄に動かしていた気がします。

忘れたって見直せばいいので安心できますし、手帳を何度も見直すようになったおかげか忘れにくくなりました。



手帳は自分の頭の中の縮図なのかも・・・。




デザインがすっきりとシンプルなブランドを

手帳3


手帳は大体スケジュールと日記or仕事のメモ書きが目的の人が多いと思います。


手帳のデザインはなるべくスッキリとシンプルなブランドが使いやすいです。


前に手帳に日記を書いていたことがありました。
手帳の中にイラストが描いてあるとカラフルで可愛いですよね。

可愛いイラストがある女性向け手帳だと、書いているのも楽しいです。

でも後から手帳を見直した時、文字とイラストでページがごちゃごちゃしてすっごく見づらい!


手帳はメモして後から見直すのが目的です。
だから見づらかったら意味がないんですよね。


私が日記で大切にしてるのは書いた内容を見直すことです。

毎日日記を書いていると意外と書いていた時の内容って覚えてなかったりするんですけど、見直すことで自分があの時どう感じてたか知ることができます。

それが自分の悩みを解決する手助けになることも結構あります。

なので見直しやすいのは私にとって重要なポイントです。


私がおすすめするデザインがシンプルなブランドは『無印』と『モレスキン』です。

特に『モレスキン』の手帳は表紙にデザインがあっても中身はすごくシンプル!
これはモレスキンのスヌーピー表紙。



表紙は女性向けの絵柄で、
中身は書きやすさを追求してある手帳だと思います。
しかも持っているとスマートに見えるのもポイントが高いですね。




カスタマイズを楽しむならほぼ日手帳





分厚くて毎日1ページ書けるようになっている『ほぼ日手帳』。


『ジブン手帳』と違って自由に書けるのが『ほぼ日手帳』の魅力です。

何処に何を書くという指定がない分、書く人の意欲を掻き立てるデザインになっています。


最初にこの手帳を見た時、
「こんな分厚い手帳どうやって使いこなすの?相当忙しいビジネスマンしか全部使えないんじゃないの?」って思っていました。



でもほぼ日のホームページで色々な人の使用例を見て驚きました。


「手帳って使う人の工夫次第でこんなに魅力的な使い方があるんだ!」と。


これは百聞は一見にしかずです。


是非一度ほぼ日のホームページを覗いてみてください。

あなたの知らない手帳の使い方がそこにきっとあるはずです。

実は私はまだ『ほぼ日手帳』を使ったことがありません。

私にとっては上級者の手帳だな~と思っていたからです。

でも来年は再来年には挑戦したい!と思い憧れの手帳ですね。




『ほぼ日手帳』はこちらを参考にしてくださいね。



手帳の女性向けおすすめブランドのまとめ



1. 手帳を買う前に何を書くのか決めること。
2. たくさんの内容を全部まとめて一冊にするなら『ジブン手帳』
3. 日記を書くならデザインがシンプルな『無印』『モレスキン』
4. 自分でカスタムして楽しむなら『ほぼ日手帳』



手帳を自分流に使いこなせるようになれれば毎年手帳を買うのが楽しくなりますよ!

自分のお気に入りの1冊を見つけてくださいね!





手帳を買うときに手袋も一緒にどうですか?
手袋ブランドレディースを厳選!!手が小さい私はコレが手放せない!!