この記事の所要時間: 437

季節感が大切にされる、着物。

けれど着物離れが進んでいる中、それとつきあうのが難しいこともありますね。


さらに、新しい道を追求する人も。


着物を本格的に好きになって17年めの私は、どうしているか、レポートしちゃいます。




私のきもの歴、そして背景



皆さんこんにちは、たけいさんです。


きもの歴17年です。着つけ講師の資格を持っています。

でも、まだまだ、ひよっこ。

分はわきまえていますが、だからこそ分かることもあるのかもしれません。


私の祖母は呉服屋でしたが、私が、それを知ったのは亡くなってからずっとあとでした。

遠くの人でしたし、祖父の会社はまったく違う職種だったので、そこに嫁いでくれた祖母、そして私の母も、凄く着物に凝るということはなかったのです。


20代なかばで私が着物に興味を持った時、うちのたんすにあったのは、母の礼装と私の振袖だけでした。


つまり、ほぼゼロからのスタートだったんですね。
その後、約1年間、猛勉強して着つけ講師の資格を取得、とある縁がきっかけで、着物関係の華やかな席に参加させていただいたこともありました。


ただ、うちはあまり目立つかっこうができない職種なので、着物はたまにしか着られません。

旅行先が決まると、そこに着物を送っていそいそと着る時もありますよ。
隠れキリシタンのようです。


それでも、私なりに着物を愛し続けてきました。


そんな私は、着物のルール ―― 例えば、着物の柄、特に季節とどうつきあってきたのでしょうか?



ルールは守るけれど、犠牲にはならない



私の着物の柄、季節とのつきあい方は、

「基本的にルールを守る。でも、分はわきまえて、自分を含めた誰かが犠牲になる装いはしない」

ということです。

着物の柄、特に季節も奥が深いですけれど、基本の一部を言えば、季節感を大切にして、先取りはいいけれど遅れてはいけない、ただ例外はあるということです。


分かりやすい例をあげますと、桜の花の柄は、基本的に桜が咲く前に来て、咲いたら、本物と張り合うのは野暮、ということで、着ない方がいいことになっています(一部のものは別)。

ただ、そのルールに対抗できるくらいの上級者には、あえて着る、そしてつらぬきとおした方もいます。


そういう方々には、ご自分なりの美学が確立されるだけの、特別な知識と美意識があるわけで、私は素朴に、凄いなって思います。
何事もそういう方がいるから、その分野が発達していくのではないでしょうか。


ただ私はきっと一生できないし、きっとしないな、と思います。


なぜなら、着物を含めた、「装い」がその人を表すものであるなら、私は古典的にでも、そうでなくても、何かと厳しい戦いをしてまで、装いをきわめる気がないからなのですよ。


自分がそういうことに挑戦するのは、不相応ですし、自分の生き方にあっていない気がする。
何かに挑戦するって、凄い労力がいることです。大抵、される方にも、言い分があるのですから。

挑戦するというのはとても尊いことなのですけれど、力が足りない分野に手を出すと、それはかえってよくないことが多いということなのですね。


だから私は、夏に、アサガオが入った赤いゆかたを着るくらいのことはします。

真っ赤な帯も、似合う限りはしたいです。
着物の柄2


夏には涼しい装いをするべき、色も選ぶべき、という方もいますが、これくらいはいいのではないでしょうか。

これで何か言われたことはありませんし、言われても、この件に関しては、私は笑顔で流すだけにするかもしれません。

すべての人の言うことに従うことが、できるでしょうか。


それに本当は、こう思っています。

「この赤は、朝焼けの赤。だから涼しい色」

そして、抽象的な柄だから、桜の柄でも「通年」着られると言われる、作家ものの桜の着物は、よほど厳しい人がいない席ではその通り、着ますが、桜が咲いている頃とその直後、ほとぼりが冷めるまでは、やはり着ません。

わざわざ責めらられる気がしないからです。
着物の柄3


そのかわり、ひとが、季節をきわめた装いをしていると、素敵だな、と思いますし、相手によりますが、口に出すこともあります。

この帯、素敵ですよね。いわゆる「むかし着物」ですが、夏物の帯なのに赤っぽくて、秋の柄が入っているんですね。

京都で買ったものです。やはりこういうところは、京都は凄いですね。
着物の柄4


読者の皆さんで着物ビギナーがいらっしゃって、季節を追求していきたいなら、こういうものを探すといいかもしれません。

今では再現できない質のよいものも、びっくりするくらいの値段で買えます。

ただ、サイズは気をつけてくださいね。昔の人は小柄でしたから。

あと、着つけには地域差があります。


でも私は帯を主に買っていて、ほとんどは、結局問題ありませんでした。

こんな感じですかね。


私の装い、着物の柄と季節とのつきあい方は、こういう風です。


あなたはどうですか?





着物を買うには予算が…。という方はレンタルで楽しむのはどうでしょう。
すべての人へ!きもののレンタルで「自分の新しい美」に目覚めよう

Sponsored Links