この記事の所要時間: 524

近場のお出かけや結婚式の二次会などに便利なクラッチバッグ。
数年前にブームになって以降すっかり定番アイテムになりましたね。




今年の夏クラッチバッグが欲しくてたくさんのお店を回って探しました。


でも自分が欲しいサイズとデザインがなかなか見つからず夏が終わりつつあります・・・。
クラッチバッグって大きさが様々なので理想的なサイズを見つけるのに苦労しますよね~。



そこで私は探すのを止めてハンドメイドでクラッチバッグを作ることに!


「探し続けて時間がかかるくらいなら、その時間ハンドメイドに費やした方が自分の好きな大きさのクラッチバッグが作れるじゃん!」というのが私の考え方。
作るっていったってそんな簡単に作れるの?!って思うかもしれません。



皆さんは学生の頃、家庭科でポーチか巾着を作った経験ってありませんか?
私は小学校の頃に、キットを渡されて巾着型のリュックを作った覚えがあります。
実はその経験さえあればクラッチバッグは作れるんですよ!


誰でも簡単にハンドメイドでクラッチバッグを作れます。
今回はハンドメイド大好きなレイナが簡単なクラッチバッグの作り方をご紹介します!

初めての人はまずポーチ型から!

ハンドメイドクラッチバッグ作り方2



いきなり高度で複雑な形のクラッチバッグを作ろうなんて思うと100%挫折します。


初めての人はまず簡単なポーチ型のクラッチバッグを作りましょう。


街中で売っているカジュアルなクラッチバッグはほとんどがこのポーチ型なので、布にこだわれば可愛いクラッチバッグが作れます。




材料は表布・裏布・接着芯・ファスナーorマグネットボタンです。

表布は表に見える布なので自分がカワイイと思う好きな布を!




張りのある綿や麻で作るのがおすすめです。


裏布は薄手の綿や裏地用の布でもOKです。
個人的には裏地用のポリエステルの生地は縫うのが難しいので薄手の綿をおすすめします。


接着芯は表布がふにゃふにゃにならないように表布の裏に貼るものなので、表布に合った芯を手芸屋さんで見つけましょう。




最後にファスナーですが、ハンドメイドに慣れていない人にとってファスナーは難しく感じますよね。

チャレンジしてみるのもありですが、ファスナーは使わなくても可愛いクラッチバッグは作れます。



苦手だわ~という人はカバンによく使われているマグネットフックを使いましょう。


マグネットボタンは縫ったりせずにつけれるので凄く簡単です。

いざ、作ってみよう!

ハンドメイドクラッチバッグ作り方3



ハンドメイドでクラッチバッグを作るための本を参考にしてもいいですが、私は動画で見ながら作るのが一番わかりやすいと思います。


簡単なクラッチバッグならポーチの作り方を参考にすると上手く作れます。




わかりやすい動画はこちら



大きめのクラッチバッグなら底の2cmのマチは作らなくても可愛いと思います。


動画を見ると「え、こんなに簡単に作れるの?」って思いません?

どんどん縫っていくだけであっという間に作れちゃいます。




材料費も布の値段によりますが、だいたい2000円くらいで作れます。

安いですよね~。

時間も材料費もそこまでかからないなんて魅力的。




もしファスナーを使わないのであれば縦長の長方形に縫って、口の部分にマグネットボタンをつけて2つ折りのクラッチバッグにしてもいいですね。

ハンドメイドクラッチバッグ作り方4

http://zozo.jp/shop/anap/goods/7340659/?did=20011934

こんな感じのクラッチバッグも素敵ですね!

慣れればアレンジも可能!




作り方がわかればアレンジだってできちゃいます!


ここがハンドメイドの醍醐味ですね。


ワッペンつけてみたり途中で布を切り替えたりすれば『自分だけの』クラッチバッグが作れちゃいます。




私が今作っているのが刺繍付きのクラッチバッグ。

表布に市販の刺繍本に載っている図案を写して刺繍をしています。


私は刺繍が大好きなので無心になってチクチク何時間も縫うことに没頭します。

刺繍はなかなか一気にはできませんが徐々に出来上がっていくのを見るのが楽しいんです。


ビーズをつけるのも華やかになっていいですよ~!




こうやって出来上がったハンドメイドの作品は人と絶対被ることがありませんし、「ここに取っ手がついてたらいいな~」と思えばパパっと付けれて使い勝手もいい



変わった形のクラッチバッグだって作れるようになりますよ。




素敵なクラッチバッグの作り方の動画がありますので参考にしてみてください。



これは全て手縫いで作られています。
折り方とかがちょっと複雑ですが出来上がりは素敵ですね~。




これ私も作ってみたくなりました。


こんな本も出版されていますよ。



ハンドメイドのクラッチバッグの作り方まとめ


1.初めての人はまずポーチ型からチャレンジ

2.ポーチの作り方の動画を参考に作ってみる!

3.作るのに慣れたらアレンジしたり違う形のバッグにチャレンジ!




ハンドメイドはお店で買うより自分で作ったほうが安く済みますし、何より自分用にカスタムできるのが最大の魅力!


作ったハンドメイド作品を「素敵だね~」って言われるとまた創作意欲が増してきたりしますよ。



是非挑戦してみてくださいね!





クラッチバッグはまだ挑戦できない…という方は、こちらから挑戦してみては?
簡単!!オシャレなボックスティッシュカバーの作り方!!

Sponsored Links