この記事の所要時間: 518

こんにちは、温泉が好きなマイヤです。




温泉って気持ちいいし、温まるし、肌はスベスベになるし、温泉文化のある日本に生まれて良かった~と素直に思えます。

海外の水着を着て入るタイプや、温泉といってもスチームサウナのような所もあり、個人的には全裸で入る日本の温泉が慣れていることもあって好みです。




今は福岡に住んでいる私ですが、東京に住んでいた頃にも色々な温泉に行っていました。

草津温泉も行き、とても気持ちよく入浴できたのですが、日帰りはちょっと厳しいですよね。




今回は日帰りで気軽に行ける温泉をご紹介します。


楽しむ時間ごとに紹介するので、参考にしてみてくださいね。







休日まるっと使えるなら温泉街で

東京から日帰り温泉に行くとしたら2
dice-kt http://free-photos.gatag.net/2014/01/24/120000.html



休日に一日中温泉を楽しむのであれば、やはり箱根や熱海などがオーソドックスですがオススメです。

ちょっとした非日常も味わえるので、日頃のことを忘れて思いっきり楽しむことができます。




とは言え…お勧めしておきながら、実は箱根でも熱海でも、ちゃんと温泉に入ったことのない私…。

箱根は足湯だけ行きました。



本当は色々かけ流しができる温泉もあったのでしょうが、観光メインだったので、入りませんでした。

熱海は一人で「ちょっと遠出したい」と思って突然向かった先だったので、これまた温泉に入らず。



温泉街なのに温泉を楽しまずに帰ってきたわけですが、私の友達の一人は熱海の温泉にほれ込んでいました。




今さらながら温泉に入っておきたかったと思っています。







半日くらい楽しむのであれば

東京から日帰り温泉に行くとしたら3
the measure of mike http://free-photos.gatag.net/2013/12/26/200000.html



半日くらい楽しむのであれば、都内にあるラクーアや、横浜にある万葉倶楽部がオススメ!

何より移動に時間がかからないですし、広々していてあっという間に数時間過ぎます。




ラクーアに関しては何回か行きました!
雰囲気も素敵ですし、オシャレなので気分も上がります!




横浜の万葉倶楽部に関しては、19歳の時に行ったのですが、今までかつてないくらい肌がスベスベになりました!

温泉から上がった後、光が肌を反射しているくらいスベスベに!!




これには友達と感動しました。




また、季節や天気によっては富士山を眺めることもできます!
(空気が澄んでいる冬の晴れた日は見える可能性大です!私は見えましたよ!!)




ちなみに、竹取の湯というのが多摩市の永山駅からすぐの所にあるのですが、ここはラクーアや万葉倶楽部よりも1,000円以上安くして入ることができ、岩盤浴も入り放題



しかも岩盤浴の種類も多く、とても楽しめます!





※ラクーア: http://www.laqua.jp/
 ラクーアの動画はこちら



※万葉倶楽部(横浜): http://www.manyo.co.jp/mm21/
万葉倶楽部(横浜)の動画はこちら



※竹取の湯: http://www.taketorinoyu.com/index.php
 竹取の湯の動画はこちら



2時間程度でも十分に楽しめる温泉

東京から日帰り温泉に行くとしたら4
dice-kt http://free-photos.gatag.net/2014/01/24/120000.html




多摩センターから徒歩5分の所にある極楽湯に、私は歩いて行ける距離に住んでいたので、仕事終わりに行ったりもしていました!



天然温泉を楽しめるのですが、平日だと750円で入浴でき、さらに割引券をもらえることも結構あるので、お財布にもやさしく入浴できます!


営業時間が深夜2時までというのも嬉しいポイント。


通える人は通うのもアリだし、休日に目いっぱい遊んだ後に、ぶらっと寄るのもアリ。





極楽湯には友達も連れて行ったことがあるのですが、そこに電気風呂があり、私が平然と入ったのを見た友達が


「大丈夫?!感電するよ!!!」


と言ってきましたが、感電はしません(笑)





ビリビリというかブルブル(?)電気を感じて、くすぐったいような変な感覚を味わえます。

友達には何度も「大丈夫だよ」と言いましたが、決して入りませんでした。





他にも、横浜には湯けむりの里という温泉があり、ここも平日だと620円とかなりリーズナブルなのに、種類も多く、綺麗で癒されます!




是非、足を運んでみてくださいね!!




※極楽湯(多摩センター):

http://www.gokurakuyu.ne.jp/gokurakuyu/tempo/tamacenter/#anchorPrice

※湯けむりの里: http://yukemurinosato.com/susukino








東京から日帰り温泉まとめ





1.終日楽しむなら箱根や熱海といった温泉街


2.半日楽しむならラクーアや万葉倶楽部、竹取の湯といった大き目の温泉


3.2時間程度なら極楽湯や湯けむりの里といった温泉






温泉に行くと心身ともにリラックスできます。

お仕事を頑張りすぎてしまった方、温泉に入ってリラックスしてみてはどうでしょうか。








隠れ家レストランでも癒やされてみてはいかがですか?
隠れ家レストランで癒される