この記事の所要時間: 448



こんにちは、刺繍が好きで毎日コツコツ縫っているレイナです。




私の刺繍に欠かせないのが刺繍枠

刺繍枠なしで縫う人もいるみたいですが、あった方が作業がスムーズだし綺麗に縫えるので私は使用しています。




刺繍枠は大きさによって値段は違いますが、手芸店で買うと500円~6000円くらいまで様々。

作品によって刺繍する面積が違うので、持っている刺繍枠に収まらなければ作品ごとに買うハメになります・・・。




毎回買うってなると結構痛い出費ですよね。




針やハサミのように一個持ってるから大丈夫!ってわけにいかないのが刺繍枠。

どうしてもお金を節約したいときに、ふと「何かで刺繍枠の代用ってできないかな?」って考えました。





人間お金がなくなると知恵を振り絞るようになります(笑)





身近なものや100均で刺繍枠の代用品をいくつか作ってみました!

その結果、簡単な刺繍なら代用品でもイケる!って結論にいたりました。





今回は私が試した刺繍枠の代用品をご紹介します!

刺繍枠を100均のフォトフレームで代用する!

刺繍枠代用2



私の近所には「セリア」という100円ショップがあります。

セリアはハンドメイド商品が多く、いつも可愛いな~って眺めていました。





なんとなく見てたら「ん?これ刺繍枠の代用に使えるんじゃない?!」と思ったのがフォトフレーム。

物は試しなのでフォトフレームと画鋲を買って試してみることにしました。





フォトフレームは木枠のみを使用します。

木枠に布をピンと張り、画鋲で留めてみました。




すると刺繍枠っぽくなってる!!

実際に刺繍してみると細かく画鋲をさせば布が動くことなく刺繍できました。




このフォトフレームは様々な大きさのものが売っています。

作品の大きさによって毎回購入しても100均なら出費を抑えられますよね。

ワイヤーネットをカスタムして代用!




私は以前、犬のイタズラ防止のためにワイヤーネットを使っていました。





成犬になってイタズラをしなくなったので家にそのワイヤーネットがゴロゴロ転がっています。

「もったいないな~。これ何かに使えないかな~」と考えていて、思いついたのが刺繍枠の代用に使うことでした。





ワイヤーネットって何?という人はこちらの動画を参考にしてくださいね。



ワイヤーネットの真ん中部分の格子をペンチで切って、刺繍したい大きさまで広げます。





例えば10センチの刺繍がしたければ10センチ以上の大きさになるように、ペンチでワイヤーネットを切って四角い空洞を作っていきます。

できたらその上に布を乗せ、空洞の周りを糸でざっくり縫ってワイヤーネットに布を固定したら完成です!





この代用品のいいところは大きさを自在に変えられることです。





刺繍枠は決まった大きさしかないので微妙な大きさの調整ができないんです。

手作りしてしまえばそんな悩みも解消されますよね。





ワイヤーネットでDIYしようと思ってたけど、できずに余ってるんだよね~って人は是非やってみてくださいね。

究極の代用法!セロテープの芯を使う

刺繍枠代用3



調べていたらこんなのもあったのでご紹介します。




材料買いに行くのもイヤって人におすすめなのがセロハンテープを使った究極の代用品




・使用済みセロハンテープの芯と
・未使用のセロハンテープ、
・針金


を用意します。



使用済みセロハンテープの芯をハサミで切って、穴の径が広がるようにします。




ハサミで切った切り口の隣に針金が通る大きさの穴をキリで開けます。両側とも開けてください。

未使用のセロハンテープの上に布をピンと張って乗せ、その上に使用済みセロハンテープの芯を乗せて布を挟みます。




針金をキリで開けた両方の穴に通して布がずれないようにギュッと留めて完成です。

丸い刺繍枠をセロハンテープで簡易的に作る感じです。




でも書いておいてなんですが正直おすすめしません。

丸い刺繍枠なら100均に売っているので、この労力を刺繍につぎ込んだ方がいいと私は思います。




1円も使いたくない!って人にはいいかもしれませんね~。

刺繍枠の代用品のまとめ




1.フォトフレームの木枠を使う!


2.ワイヤーネットをカスタムすれば好きな大きさに刺繍枠に!


3.1円も使いたくない人はセロハンテープが使える





これ以外にも身近なもので刺繍枠の代用品を作ることはまだまだ可能だと思います。

布がしっかり固定できて刺繍が刺せれば何でもOKなんです。





家の中を見回してみれば「あ、これイケる!」ってものが見つかるはずなので、挑戦してみてくださいね~。




刺繍初心者のかたは、こちらも読んでみてくださいね♪
刺繍はやり方を覚えれば簡単!私がオススメする初心者の4ステップ!!