この記事の所要時間: 1235



一番美しい季節、秋。

過ごしやすい時期でもあり、「読書の秋」といわれますね。

「食欲の秋」とも。




せっかくだから、そのどちらの欲求も満たせる、何よりも、面白い本を読みたいと思いませんか。




読書の秋、食欲の秋におすすめの、傑作を紹介します。

傑作なんて、なかなかあるもんじゃないですよね。読まないと損です。




私は、この本はぜったいに歴史に残る、とにらんでいます。




また、いわゆる活字派も、漫画派も大満足のチョイスです。

傑作なんて、なかなかないですよね

読書の秋おすすめ2



皆さんこんにちは、あらゆるジャンルの読書が好きな、たけいさんです。

一ヵ月にどれくらい読むのかな。数十冊は読みますね。

ところで皆さんは活字派ですか?それとも、漫画の方が好きですか。




私はどっちもです。




ひとに感動を与えることが表現者の存在意義ですから、手段がどうかというのは、まったく関係のないことなんですね。

幸い、あなたがどちらでも読むことのできる傑作があります。どうぞ。

読書の秋おすすめ3


そうなんです、いっきに3冊の写真を載せちゃいましたね。




でも、ルーツは同じなんですよ。

読書の秋おすすめ4





順番に説明していきましょう。





『英国一家、日本を食べる』マイケル・ブース著(亜紀書房)と、




『英国一家、ますます日本を食べる』マイケル・ブース著(亜紀書房)です。





後者は厳密に言うと、
『英国一家、日本を食べる』が2013年に刊行された時、
ページ数の関係で掲載できなかった章に、新たな番外編と、
著者から日本の読者の皆さんへのメッセージであるエピローグを加えてまとめたものです。




だから、2冊いっしょに紹介していきますね。




いずれにせよ、ご存じの方も多いですね。

実力派のベストセラーです。




今や、アニメ化もされています。しかもNHK。

海外からも観られます。

後述しますが、漫画化というか、コミック版も出版されています。





まだどれも読んでいない、観ていない方は、それこそ食にあまり興味がなくても、
どんな手段でもいいから、ぜひ、騙されたと思って、いやいや、絶対に!!この世界に触れてみてくださいね。




ええ、そこまで言います。




だって、本当に面白いですよ――。

私のおすすめは、やはり活字というか、始まりであるこの2冊ですかね。





おすすめする理由は、いくつもあります。

まず、この2冊に書かれた情報は、非常に正確である、ということです。




ノンフィクションというジャンルの作品は、「ノンフィクション」なのですから、いくら面白くても、書かれたことが事実と違っていたら意味がありません。

そして本来なら、この題材は著者にとって難しいものだったのではないか、と私は思います。




著者マイケル・ブース氏は、著名なフードジャーナリストです。

読書の秋おすすめ5


パリの有名料理学校ル・コルドン・ブルーにおける1年間の修行、ミシュラン三ツ星レストラン、ジョエル・ロブションの「ラテリエ」での経験をつづった作品がベストセラーになったこともある(それにしても凄いエネルギー……)そうです。




つまり、まがうかたない食のプロですけれども、日本料理に関しては、もともと深い縁があったというわけではありません。




実際、この本は、マイケルが、


「おまえに、日本料理の何がわかるっていうんだよ、えっ?」


などと、「トシ」という友人に罵られるところから始まります。




そしてマイケルは、小さな子供達を含む、一家4人で来日します。

その後、実に、約100日をかけて、文字通り、「日本を食べる」ことになるのです。




いや、凄いですよ。




日本料理をはじめ、郷土料理、今や日本の国民食であるラーメン、それも1種類どころかご当地ラーメン、ラーメン博物館、クジラの肉、などなどを味わいつくすばかりか、その素材や調味料の数々までもを、取材したおすのです。

読書の秋おすすめ6


私は日本人で、食が生きがいの1つであるという人間です。




ところがこれらの本に関しては、何度、どこを読み返しても、マイケル・ブース氏が書きだした、日本の食を軸にした膨大な情報が、私の知る限り、どれも正確であることに本当に感心します。




私は、たまに力士とすれ違いますし、ある時期になると、地元で力士が自転車に乗っていたり、力士が満載になったバスを見ることもあります。

けれど残念ながら、マイケルとその一家のように、相撲部屋に行ったこともなければ、相撲部屋の台所に入ったことも、ちゃんこ鍋をふるまわれたこともなく、ましてや有名力士に体当たりさせてもらったこともありません。




最後のことは特に、これからも永遠にないでしょう。




『英国一家、日本を食べる』には、それらの一家の経験がいきいきと詳細に描かれており、本当に面白いです。

この情報も、きっと本当というか、信憑性のあるものとしか思えません。





私の愛する祖国である日本は、多くの海外の人に言わせれば、


「極東の小国で、しかも島国」


であるそうです(何だとお!!)。





外国の人々が日本を題材にしてつくった作品は、グローバル化が進んでいる今でさえ、有名な作品も、そのほとんどが、正確性という点では、どう反応していいのか分からないくらい、本当に、ほぼすべてが間違っています。




皆さんも、実は知ってますよね?





日本が舞台になっているというだけで、正直言って、嬉しい、ワクワクする、ありがたい、とは思うんですよ。

それらの作品を見たり読んだりしていると、こんな斬新な解釈もあるのか、と感動しちゃう作品もあります。





でも、そうでないのもあるし、それが続くと、笑えるのを通り越して、情けなくなってくるんですよね。

それを見る日本人の気持ちは、実は、無視されているのかも。





抗議しない方も悪いんでしょうね。

ただ、文化の違いも大きいです。





とにかく、マイケル・ブース氏のこれらの本とその視点は、


「外国人が書いた日本もの」


というジャンルでも、そうでなくとも、正確さと正当性という点で抜きん出ているのです。





そうなんです。繰り返しますが、正確さと、正当性です。





この『英国一家、日本を食べる』のシリーズを読んでいると、かつての、


「日本に滞在した、あの方々」


のことを連想します。




誰だと思いますか?

マイケル・ブース氏と〇〇の共通点

読書の秋おすすめ7



それは、事情で昔の日本にとどまって、見聞録を残した人達です。




例えば、ルイス・フロイスですね。

戦国時代の日本で宣教し、織田信長などにも会った人です。




そういう人達が書き残したというか、残した言葉を読むと、厳密にいうとその人達の眼鏡をとおしたものなのでしょうけれど、それでも彼らが見た限りの、当時のありのままの「日本」が見えてきます。




その公平さには、目が覚める思いがします。

外国人だから、というのもありますね。




日本人には書けないことが、彼らには書けるんですよ。




マイケル・ブース氏のこの本もそうです。

食を軸にして彼らが見て、味わった、滞在当時の日本がきれいに切りとられていて、その視界は非常にクリアです。




そしてあらためて、公平です。




前述の相撲の章でも、マイケル・ブース氏は、力士とのほのぼのとした交流やちゃんこ鍋の味だけではなく、相撲界の暗部に関してもレポートしています。
その中には、私の知っていることも、知らないこともありました。

これは作品を通じていえることなのです。




例えば私はこの2冊を読んだあと、とある食材に対しての考え方が変わりました。

それがなんであるのか、どう変わったのか、私はどこにも書かないです。




私は日本人であり、このコミュニティーの中で生きていかなければなりません。
だから、私には書けないこともあるのです。

膨大な情報を、ユーモアと家族愛で味つけ




情報が正確でも、その量が大きければ大きいほど、読者は読むのが大変になる場合があります。

けれどこの作品には、それらの膨大な情報に、ユーモアという味つけがされていて、すらすら読めます。





マイケル・ブース氏の時に皮肉なユーモアや、小さな子供達の可愛さ、いつも楽しそうな奥様。

そうです。家族愛も大事な味つけの1つ。





あと、これは紀行文でもあるんですね。

その点でも動きがあって、読みやすさの一因になっています。





もともと、氏はトラベルジャーナリストでもあるそうです。

また氏の視点には、どんな時も、根底にぬくもりや素直さがあって、それが作品を軽やかなものにしています。





それと本来、異文化の食レポというのは、長ければ長いほど難しいそうです。

国や人種が違うと、味覚が違ってくる場合があるからです。





その国や地域の選ばれた人々が、心をこめて「おいしい」ものを出しても、相手の口にあわないことは、あるんですね。

読書の秋おすすめ8


例えばマイケル・ブース氏は、生のカニを食べた時、その味を、


「言葉では表せないほどデリケートだ」


と言いながら、あまり分からなかったと述べているんですが、その後、


「(前略)移動するにつれて、北海道のカニが恋しくなったのだ」


と書いていらっしゃいます。





その過程は、約2ページにわたって綿々と書かれており、読むには面白いにしても、とても引用できるものではないのですが、氏が、新しい味覚というか、食感に目覚めていく様子が分かり、これも本当に面白いです。




……あのね、読むのは面白いけど、これ、紹介するのはちょっと大変でしたよ。




私はこのシリーズを飽きることなく何度も読みかえしていますが、反対に言えば、それだけ、読みごたえのある本だということであり、ぶっちゃけちゃえば、今回、紹介させていただくにあたって、どこも面白いのにどこを紹介すればいいだろと、メモとフセンの山で本当に泣けてきましたね。

読書の秋おすすめ9


これも、ぶっちゃけましょうか。

活字離れも激しい今に、改行もほとんどない、長い、こういう本が、よく売れたなと思います。




それでもマイケルさん、またご一家は、私の知っている店や、故郷にも来てくださっていて、それを読むのも本当にありがたく楽しいことです。

それはともかく、日本の食のありのままを、欧米圏の異文化の食のエキスパートが、ここまで素直に詳細にレポートした本というのはあったでしょうか。




私はその点でも、この本は歴史に残る本、貴重な史料になると思っています。

そこまでいいますかね。でも本当にそう思っているんです。




活字にどうしても抵抗があるという方は、コミック版もありますから、ぜひ読んでみてくださいね。原作が読みたくなると思いますよ。

読書の秋おすすめ10


ちなみに写真は、『コミック版 英国一家、日本を食べるEAST』マイケル・ブース原作(亜紀書房)です。

私の不満はこれだけだ

読書の秋おすすめ11



私がこのシリーズで不満だったのは、たった1つだけです。

うどんを過小評価していることだけなんですね。

再取材していただきたいです。




私は、本当に好き嫌いがなく、海外旅行でどこに行っても困ったことはありません。

普段のうちの食事も、外国の料理が多いです。

豆味噌の味噌汁は欠かしませんけど。




けれど不思議なことに、体が弱りはてると、私は和食以外のものが食べられなくなります。

そういう時は、チキンスープも、一口も入りません。

ソバでも難しいです。おかゆもそう。

おだしのきいた、あったかい、うどんでないとダメなんです。





ソバも普段は大好きですよ。

ただ、あれはどちらかというと、もともと関東のものなんですかね。




私は名古屋市民ですが、実家は三重県です。

そして私の故郷は、方言などは、ぎりぎりで関西圏になるらしいんですね。




考えてみれば、実家のある町も、今ではおいしいソバ屋もありますが、昔からあるお店は、うどん屋が多いようです。味も関西風か中間くらい。

行きつけの、本当においしいうどん屋さんもありますよ。




縁起の悪い話なんですが、もし私が出先で何か悪いことに巻きこまれて、命からがらうちに帰ってこられた、ということがあったら、私は、お店が開いていたら、その店のうどんが食べたいです。

お店が閉まっていたら、母の味噌汁ですかね。




ちなみに私は、アニメは見たことがないんですが、前回(19話)には、原作になかった、名古屋の味噌事情(このあたりは豆味噌がソウルフードです)がとりあげられていたようで、これからアニメも観てみようと思います。




それにしても、本でこのシリーズの続きはあるのでしょうか。

人物が、読者の思い通りに動いてくれないかわりに、どうなるか分からないのがノンフィクションの醍醐味です。もし次があったら、マイケルさんご一家は、いつかあなたの街にいらっしゃるかもしれませんね。





食の話題がありましたので、名古屋でおすすめのイタリアンをどうぞ♪
名古屋でおしゃれランチ!満足したいなら、このイタリアン

Sponsored Links