この記事の所要時間: 519



こんにちは、洋裁好きなレイナです。




洋裁をしていて一番困ること、それは道具の整理。

洋裁をすればするほど道具は増えていきますよね。





しかも洋裁道具は細々している上に大きさがバラバラで収納しづらいんです。





私が最初に使っていたのは小学校の時に使っていた裁縫箱。

洋裁を始めて道具が増えていくにつれて私の裁縫箱は何がどこにあるかわかんないくらいグチャグチャになりました。





ソーイングボックスはカワイくて憧れるけど、値段も高いしな~なんて悩んでいた時のこと。





友人が使っていた収納がすっごく便利で、それを使うようになってから綺麗に整理できるようになりました。

それから収納のコツを掴み、今ではいくつかの裁縫箱を使い分けれるくらいにまでなりました!





そこで今回は洋裁道具をスッキリ収納できるコツをご紹介します。

最初はソーイングボックスの代わりにアレを使う!

洋裁道具2



洋裁を始めて一番憧れたのがソーイングボックス。





オシャレな木箱のソーイングボックスを買うためにお店に見に行ったら、なんと1万円もしました・・・。

学生だった私は1万円のものをパっと変えるほどの余裕がなかったので泣く泣く諦めることに・・・。






その時の私は洋裁の専門学校に通い始めたばかりでした。

その学校の在校生が裁縫箱として使っていたのがホームセンターに売ってるプラスチック製の工具箱でした。






オシャレじゃないし嫌だな~と思ってソーイングボックスを探しに行ったのですが、高くて買えないから仕方がないと思い工具箱を購入しました。






しかしこれがホントに使いやすい!






ソーイングボックス買わなくてよかった~って思いました(笑)

工具箱とソーイングボックスって構造はよく似ています。






3段式で仕切りが細かく分かれていますよね。

でも違うのが収納力。






洋裁を始めた頃は基本の道具しかありませんでしたが、作品を作れば作るほどどんどん道具が増えていきました。

例えば作品ごとに必要になる糸、ボビン、針、接着芯などなど・・・。






工具箱なら色々な大きさがあるので大きめを選んでおけば1つのボックスに全ていれておくことが可能です。

別の入れ物に入れてその中から探す~なんて私はめんどくさいので1つにまとまってすごく助かっています。

糸は小物の収納ボックスが便利!

洋裁道具3



洋裁をするとどんどん増える糸。

私は最初、裁縫箱の中に入れっぱなしにしていました。






何も考えずにボンボン糸を裁縫箱に入れた結果、糸が絡まってほどけないほどグチャグチャに!

ほどくのにめっちゃ時間かかるし、作業が進まずイライラ・・・。

そんなことしてたらやる気がなくなっちゃった~なんてこともしばしばありました(笑)






糸の収納だけはきちんとしておかないと私みたいに後で本当に後悔します。

洋裁をしているとミシン糸、ボビン、刺繍糸は増える一方。






そんな糸の収納におすすめなのがホームセンターや100均で売ってる透明な小分けケース。

ボビンなら100均のピルケースやビーズを小分けするケースで十分。

小さくて場所を取らないので便利です。






刺繍糸やミシン糸はホームセンターで売ってる小分けケースがいいですね。

箱や缶に入れるのもいいですが、透明なケースならどの色の糸がどこに入っているか一目でわかるので時短にもなりますよ!






ちなみに私が一番おすすめする収納は『無印良品』の文具用のアクリル収納ケース。

引出式の収納なのですが取り出しやすいこと、必要に応じてスタッキングできるところが魅力です。

見た目がスタイリッシュなのもいいですね!






私が使っているアクリスケースはこちらのシリーズです。



洋裁道具が増えすぎたら目的別に分ける!




そんな私ものんびり洋裁を始めて10年近く経ちました。

学生時代に比べて作品を作る数はずっと少なくなりましたが、10年もすると道具の数も相当です。






最初は1個にまとまってると便利♪って感じでしたが、今や1個にまとめるとかえって邪魔になります。

洋裁をする際に「ちょっとここ刺繍しようかな~」とかアレンジすることもあって、刺繍道具も増えたりで膨大になってきました。






そこで今は3つに分ける方法を取っています。





メインはプラスチック製の工具箱、糸関係は小分けケース、最後に製作中の洋裁に使う道具を入れるカゴです。

道具が増えるとプラスチック製の工具箱も大きいので、机の上で箱を広げると邪魔になってしまいます。






洋裁をするときは机の上はスッキリしていたほうがやりやすいし、自然とやる気もでるんです。

なので一回の洋裁で使う必要なものだけ出してカゴに入れて使っています。






私は30cm定規が入る大きさの長方形のカゴを使っています。

道具が増えすぎちゃって困ってる人は是非やってみてくださいね。

洋裁道具の収納のまとめ




1.ソーイングボックスより工具箱が使いやすい!


2.糸はプラスチック製の小分けボックスを使うと便利


3.道具が増えすぎたら3つに分けてみる






収納がきっちりできていると作業もはかどりますし、気持ちよく洋裁に集中ができます。

収納上手は洋裁上手!

是非実践してみてくださいね。




収納上手で洋裁上手になるため、まずは簡単な服作りにチャレンジしてください♪
洋裁初心者が作るべき服は?この3つを作れば服作りの基本がわかる!!