この記事の所要時間: 48

綺麗になりたい女子。
シンデレラストーリーを夢みている女子。

今、大注目されている京都のパワースポットなら、
その夢が叶うかも知れませんよ。

さぁ出かけましょう。

美の神様


綺麗になりたい。
年齢を問わず、女性なら誰もが願うことですね。

世界文化遺産 下鴨神社(正式名は賀茂御祖神社)。
境内にある摂社のひとつが河合神社。
その門には「女性守護 日本第一美麗神」と書かれた木製の看板が。
女性の美の神様、女性の守り神として、
古くから信仰されている神社です。
お祀りされているのは「玉依姫命(たまよりひめのみこと)」。
神武天皇の御母神です。
美容、安産、育児、縁結びなど、女性のお願い事を叶えて下さる神様です。

女子旅2
引用先 http://www.shimogamo-jinja.or.jp/

美人祈願


多分、日本でただひとつじゃないかな。
河合神社にはとてもユニークな絵馬があるんですよ。

美人祈願の「鏡絵馬」です。
手鏡の形をしたその絵馬には、予めお顔が描かれています。
そのお顔に、自分が普段使っているメイク道具。
口紅やチークなどで、綺麗にメイクをします。
メイク道具を持ち合わせていなくても大丈夫。
神社内の御化粧室に用意されているクレヨンや色鉛筆で描きましょう。
メイクが完成したら、裏側の赤い面にお願い事と名前を書きます。
書けたら、本殿の祭壇に進みましょう。

祭壇には鏡があります。
これに自分の姿を映して祈願します。
そして、絵馬を奉納。
鏡の前には「御白石(おしらいし)」という白い石があります。
この石を手で触り、その手で自分の顔を撫でると、
石のように白いお肌になれるのだとか。
そう言えば、昔から「色白は七隈隠す」と言いますね。
やはり色白は美人の条件のひとつなのかしら。
お肌と同じく、心も真っ白に清らかになれるそうですよ。
これぞまさにパワーストーン!

美人水を飲む


祈願を済ませたら、休憩所に立ち寄るのを忘れずに。
こちらで頂くのは「カリン美人水」です。

女子の心を鷲掴みするこの素敵なネーミング。
下鴨神社のカリンの庭で収穫されたカリンと、
御神水で作られた有難いお飲み物です。
冬にはホットもあるそうですよ。

カリンには綺麗で若々しいお肌を作る効果があるのだとか。
きっとビタミンCが豊富なのね。
外見だけでなく、内面からも美しくなりましょう。

帰りには、カワイイお守りも買わなくちゃ。
ちょっと珍しい鏡に貼るタイプのお守りがあるんです。
これを貼っておけば、鏡を見る度にテンション上がるし、
いつも鏡をピカピカに磨いておかなくては・・・、
という気持ちになりますよね。

この心がけが大切
汚れた鏡でも平気な女子は綺麗にはなれません。
そう思いませんか?

日本版シンデレラストーリー


女子旅3

もうひとつのパワースポットは、紫野にある今宮神社。
地元の人は親しみを込めて、今宮さんと呼びます。
ここは桂昌院ゆかりの神社。
元々は西陣にある八百屋の娘さんで、名前はお玉。
一体どうやって、町娘が将軍の生母にまで上り詰めたのでしょう?
気になりますね。

様々な転機やいくつかの幸運にも恵まれたお玉さん。
15代将軍徳川家光の側室お万の方の侍女として江戸城に上がります。
この時、16歳。
その後、家光に見初められて19歳で側室に。
まさに日本版シンデレラストーリー
美貌と強運の持ち主であったことはもちろんですが、
身分が低いことにコンプレックスを持っていたお玉さんは、
大奥入りしてから猛勉強し、
教養を身に着けた努力家でもあったみたい。
後に徳川綱吉の生母となり、従一位の高位に上り詰めました。

玉の輿の由来

もうお分かりですね?
玉の輿という言葉は、桂昌院ことお玉さんが由来。
今では「私も玉の輿に乗って幸せになりたい」と願う女性が
全国から今宮神社に訪れるようになりました。

元は八百屋の娘ということで、京野菜の柄が織り込まれた西陣織の
「運をひらく 玉の輿お守り」が大人気。
綺麗な色がたくさんあり、好きなものを選ぶのも楽しい。
また、今宮神社には、西陣織物の祖神で、
技芸上達の神様 織姫社もあります。
それにちなんで、遠距離恋愛の持続にご利益のあるという
「天の川を越えて願い事が叶う 織り姫守り」
も人気だそうですよ。

こちらもまたオトメ心をくすぐりますね。
今宮神社の詳細は、このサイトをご覧下さい。

http://imamiyajinja.org/top/index.html

女子だけでワイワイ盛り上がりながら巡る京都の旅
どうですか?

今すぐ行きたくなったでしょ?

今度の休日はこれで決まりですね。