この記事の所要時間: 336

小さい子供がいるママや共働き家庭の大きな味方と言えば、
作り置きが出来る常備菜ですよね。

献立にもう1品欲しい時はもちろん、お弁当にも使える。
ヒジキの煮物、鶏肉のそぼろ、昆布の佃煮など。
週末や時間のある時に作っておけば、いざという時に超便利
オススメの簡単なレシピをいくつかご紹介しましょう。

常備菜を作る時の注意点


作る時、食べる時に注意して欲しいこと
①当然のことですが、手洗いは念入りに。
②清潔な箸で取り分ける。
③素早く熱をさましてから保存容器に入れる。
④ものにもよりますが、3~7日程度で食べ切る。
⑤冷蔵庫で保管する。

生姜の佃煮レシピ


ご飯に混ぜたり、おにぎりの具にしたり、冷奴にのせても美味しい。
①生姜(新生姜でもOK)100gは皮をむいてみじん切り。
②鍋に水100㏄、醤油大2、みりん大1、砂糖大1.5、顆粒だし小1を煮立たせ、生姜を入れる。
③汁気がなくなるまで煮る。

夏野菜のマリネレシピ


常備野菜2

パプリカ、プチトマト、きゅうりなど好きなものを入れてね。
生で食べられない野菜はオリーブオイルで素焼きしたり、茹でてから。
野菜不足の人や、食欲が落ちる夏にも良いです。
①バルサミコ酢大4、砂糖大2、塩小1、レモン汁大1、粒マスタード小1.5、
②お好みの野菜を①のマリネ液に2日程漬ける

我が家の定番常備菜


京都へ旅行に来ると、お土産にちりめん山椒を買う人も多いですよね。
有名なお店も色々ありますが、結構なお値段。
我が家では、ちりめん山椒は定番中の定番。
これのために、実山椒を1年分下ごしらえして、
冷凍庫にストックしてますから。
とても簡単ですから、ぜひ作ってみてね。
①鍋に、酒大2、みりん大2、薄口醤油小1と、
下ごしらえした実山椒を入れ、軽く煮立たせる。
②ちりめんじゃこ80gを加え、弱火で煮汁がなくなるまで炒り煮する。

話題のジャーサラダってどんなの?
元々はNYのヘルシー志向の女性達に大人気。
最近は日本でも流行り始めたオシャレなジャーサラダ。

皆さん、ご存知ですか?

透明の密封出来る保存用のガラス瓶の中に、
ドレッシングや具材を重ねて詰めるレイヤーサラダのこと。
入れる順番を守って、しっかりと密封すれば、冷蔵庫で5日程度は持つそう。
カラフルな層が出来るので、見た目がとてもきれいだし、
女性はお弁当代わりに持って行く人も多いんですって。
シャキシャキ感が残るのも人気みたいね。

さっそくジャーサラダに挑戦しよう
作りたくなったでしょ?
ジャーサラダにはいくつかのポイントがありますよ。
①出来るだけ空気が入らないように、上までギッシリと野菜を詰める。
②瓶は必ず綺麗に滅菌する。
③しっかり蓋をして、冷蔵庫へ。

次に大事なのが詰める順番です。
①一番底に入れるのは、ドレッシングやマヨネーズ。
②硬い野菜→にんじん、きゅうり、ラディッシュ、パプリカなど。
③水分の多い野菜→プチトマト、ブロッコリーなど。
④葉野菜→レタス、キャベツなどはふんわりと。
必ず、この①~④の順番通りに入れて下さいね。

ツナ缶を入れたい場合は、しっかりとオイルを切ってから、
ドレッシングやマヨネーズの次に入れます。
食べる時は、お皿に一旦出して、混ぜてから食べてね。

ホームパーティーの手土産に持って行くと素敵ですよね。
小さい瓶に1人分ずつ作っても良いな。
ちょっと面倒だけどね。
これなら野菜嫌いの子供も大喜びで食べてくれるかも知れません。

宝島社から、こんな本も出ています。
堤人美著書 「作りおきジャーサラダ」

常備野菜3

引用先 http://tkj.jp/book/?cd=02345401

定番のものから最新のジャーサラダまで、
常備菜にも色々なものがあるんですね。

調理の時短にも繋がる常備菜。

皆さんも美味しいバリエーションをどんどん増やして、
色々な常備菜を作ってみて下さいね。

最後に常備菜レシピの動画も貼っておきますので、
ご参考にどうぞ。


Sponsored Links