この記事の所要時間: 540

年末恒例の忘年会。

会社の新人さんたちはお店の手配、イベントの準備に忙しくなってきますね。

そんな忘年会で必ず行われるのが新人さんの自己紹介や一発芸





自己紹介はわかるけど、一発芸ってどんなことしたらいいの?!って思いますよね。

昔と違って一発芸を会社の伝統行事にしているところは少なくなりました。

でもお酒がすすんでホロ酔いになった上司たちが「おぉ~、なんか面白いこと言えー!」なんてヤジを飛ばしてくる可能性は大いに考えられます。

古い社風の会社では一発芸をやらされることが多いですし、フランクな会社でもノリで「なんかやれー!」ってのもよく目にしました。

パワハラ上司の解決法はコチラ!
→部下の時間を奪うパワハラ上司の特徴3つ



私は一発芸や自己紹介がとにかく嫌いでした。

新人の頃はやらされてる感じ満載でやってましたね~。

きっと可愛くない新人だったと思います(笑)



でも転職を何度か経験し、色んな会社の忘年会や飲み会に参加するうちにだんだん平気になってきました。

しかも今まで「一発芸なんてくだらん」て思ってたのが「一発芸ってできると得だな~」とまで思うようにまでなりました。

そこで今回は私が経験から学んだ新人さんの一発芸についてお話しします。



なんで新人が一発芸しなきゃいけないの?


私は冒頭でもお話しした通り、飲み会や会社のイベントがめっちゃ嫌いでした。

自己紹介や一発芸もですが、料理を取り分けたりグラスが空かないようにお酌したり・・・気疲れがハンパない。



「なんでこんなことやんなきゃいけないの?こんなことするために会社入ったわけじゃないんだけど!」っていつも思ってました。

今でも好きってわけではないですが、何社も会社を転々として自分の経験値も上がってきてわかったことがあります。






それは自己紹介や一発芸はコミュニケーションの一つだということ。





会社で大切なのは「和」です。

会社の上司は新人さんとコミュニケーションをとって「和」を作りたいんです。





その手っ取り早い方法が飲み会や忘年会なんですよね。

普通に飲んでてもなかなか心を通わすことは難しい。

そこでメリハリをつけるために自己紹介や一発芸をするんだと私は思います。



逆に考えたら一発芸で、ぐっと仕事がやりやすくなるチャンスがもらえるわけです。

メリットがあると思うとなんだか嫌な気はしませんよね。






人前に出るのが苦手な人は手品!


グラフィックス2

新人が一発芸をする意味はわかる・・・けど人前に出るのがとにかく苦手!

あがり症で話すこともままならないのに一発芸なんてムリムリ!





そんな人もいますよね。

私もそうなので気持ちはよくわかります。

そういう人って人前に出るからには「ちゃんとやらなきゃいけない」って思っちゃうんですよね。

一発芸なら「ウケなきゃいけない!」って。



でも笑いを取ることが全てじゃないですよ!

きっとそういうタイプの人がいきなり一発芸をしたら周りも困惑して笑うのを戸惑ってしまうと思います。



そんな時は一発芸で感動させましょう!

感動させるには一発芸で手品をするのが一番いいと思いますよ。



手品なら最初から最後まで自分が考えたシナリオ通りにこなせば終わります。

緊張するけどこなすことに集中すればモノマネで笑いを取るより、精神的にはずっといいはずです。

ダイソーでも手品グッズがあるみたいですよ!動画を参考にしてみてくださいね。



そのほかにも盛り上がる宴会芸のポイントをまとめてみました。
→盛り上がる宴会芸にするにはコレがポイントだと私は思う。それは…?



一発芸をしないようにごまかすワザ


グラフィックス3

今や忘年会を会社全体でやる会社は少ないと思います。

だいたい部署ごとの10~20人の少人数で忘年会をするのが多いですよね。

少人数であればうまいこと言って逃げるのもありだと私は思っています。



そもそも一発芸なんて絶対やらないようなキャラの人に振ってくる上司はかなり空気が読めない人だと私は思います。

それでも振ってくるなら、ここは一枚上手に出て見返してやりましょう(笑)



部署には1人は2人、お調子者の上司がいるはずです。

そういう人はその場やその人が面白くなればちょっとの無礼も許してくれたりします。

私はそんな人を狙ってその人に振っていました。

一発芸を振られたら「いやー、私は○○先輩のあのネタのほうが絶対面白いですよ~。あれ見たいな~」なんて今流行ってるネタを振ったりしてました。

するとオイシイことが大好きな人はのっかります。





なるべく自分にきたパスを早めに誰かに回して話題を消すのがポイントです。

それか仲のいい上司に飲み会前にちょっと相談してみるとか。

「今日きっと一発芸やらされますよね~。私苦手なんですよ、そういうの。絶対スベるんで助けてくださいね~」なんて。



そのために大切なのは普段から信頼できる人には色々話すことです。

仕事の話はもちろん、世間話や仕事が早く終わったら飲みに行くのもいいです。

部署の人全員と仲良くしなくても気が合いそうな人とは話しておくと困った時には必ず助けてくれます。



私はこんなことを続けていたら上司に素直に意見やわがままが言えるようになりました。

今まで仕事で上司に意見なんて一度も言ったことなかったんです。



でも「和」を上手く使ってコミュニケーションを取るようにしていった結果できるようになりました。

「おとなしい子」って印象だったのが、たった半年で「直球で言う子」に変わりました(笑)

でも随分仕事はやりやすくなりましたよ。




新人さんの一発芸のまとめ




1.一発芸は仕事がやりやすくなるチャンス!



2.人前が苦手な人はモノマネより手品



3.一発芸をかわすワザを身に着けると仕事にも役立つ!







新人の一発芸なんて一見、意味がないように思えます。

でも自分の考え方次第でチャンスに変えることができるんですよ。

憂鬱だな~って思う人は是非実践してみてくださいね。