この記事の所要時間: 721


今度の休みは「なばなの里」でデート。いやー、楽しみですね。



でもいいデートスポットでも、注意点や、攻略法を、知っているのと知らないのとは大違い……!

せっかくのデートをだいなしにしたいですか?



そこで「なばなの里」の近くで生まれ育った私、たけいさんが、地元民ならではの、「なばなの里の注意点と攻略法」を、ここまで語っちゃいます。


東海地方の日帰りデートの場所を探している方、あと遠くの方も必見です。




「なばなの里」の四季の花、私のおすすめはコレ!けど…


内 2

出典 http://www.nagashimapa.jp/nabana_blog/


三重県桑名市の「なばなの里」。
花がテーマの「なばなの里」ですが、最近はイルミネーションも大人気。


行ったことがない方は、まず、この動画をどうぞ。
短いですし、「なばなの里」の春夏秋冬が分かります。



私、ここ、好きなんですよ。

名古屋からも近いですし。


実は、私の実家からもそんなに遠くないんですよね。よく行きます。
いろんな思い出がありますね。


最近は関西、そして東京からも人が来るそうです。



大阪だったかな、関西に行った時にタクシーの運転手さんとお話をしていたら、
「へえっ、おうちは『なばなの里』の近くですか。

あんないいところから、いらしたんですね」とまで言われてびっくりしました。




それはともかく、本当に一年中楽しめるのが、「なばなの里」のいいところです。


大規模なチューリップ畑が有名ですが、四季を通じてさまざまな花々、新緑、そしてこれからの時期はイルミネーションと、いつ行っても楽しめますよ。




私のおすすめは、梅とバラ!!

内3

[ほのかに甘い梅の香りいっぱいの「梅苑」。

3000坪の梅苑には約330本のしだれ梅があり、春先には色鮮やかに咲き乱れます。


中には樹齢100年を越える梅の古木もあり、その美しさはとくに目を惹きます]



写真を含む出典「なばなの里オフィシャルサイト」

http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/area/umeen.html/

遠くに行かなくても、シーズンにここに行けば見られる花も多く、ありがたい存在です。


花などの見頃は、同サイトのここでお知らせされています。これもありがたいですね。

http://www.nagashima-onsen.co.jp/page.jsp?id=3652

この記事を作成している今の見頃は、コスモス、ダリア、バラ、ガーデンマム(!)、などで、秋バラは春と比べると花数は半分くらいです、などの詳細な情報も提供されています。



先ほどふれたように、ここのバラ、バラ園って私、好きなんですよ。


以前行った時は、高貴な女性、有名な女性達の名前がついたバラが見られました。




「あの方のお名前が、このバラに」
と見ると、ご本人達のイメージと重なるのも興味深いことです。



今年も見られるかどうかは分からないのですが、また行きたくなりました。


内4


でも本当に、どの時期に行っても、きれいですよ。



ちなみに、下の写真のベゴニアガーデンは、春夏秋冬見られます。

内5

出典 http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/area/index.html/



ただ、バラ園はベゴニアガーデンに入らないと見られないですし、ベゴニアガーデンには、別に入館料がかかります。

ご注意ください。





超人気!!イルミネーションは、〇〇に注意


内6

出典 http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/illumination/feature06.html/


そして大好評、超人気!!のイルミネーションです。


私、始まってからほぼ毎回行ってるんですよ。2回続けて行った年もありますね。


動画はこちら。



今度の開催期間は、2015年10月24日~2016年の5月8日の予定だそう。


上の写真は、前回のものです。


そして、今回の新テーマエリアの内容は、開幕直前に公開予定、だとか。




これ書いている時点で、10日きってるのに、ヒミツですか――。

なんかまた、ムクムクと行きたくなってきましたね。



ただまた、あれがありそうだなあ……。

渋滞ですね、多分今年も、特にクリスマスシーズンとか。

今年も渋滞するか、いつ必ず渋滞するかっていうのは、もちろん私には、なんとも言えないんですけれど、あったままを言うと、これだけは気をつけて行かないと、トラブルになりかねないんですよ。



オフィシャルサイトにも、イルミネーションの期間中は、大変混雑が予想されるので、公共交通機関をご利用ください、ということが書いてあります。


地元民で慣れている人は、どうしても車で行く場合は、凄く早い時間に行って、入場しておいたりします。

それでもスムーズに行けるかどうかは、なんとも言えないです。



ちなみに私も、混みそうな時期は公共交通機関を利用していますが、一度、トラブルになったんです。




女友達と2人で行って、イルミネーションも見て、帰りはうちでお泊り会、という時がありました。


行きは公共交通機関を利用したんです。




ゆっくり食事をしながらお酒も飲んで、素晴らしいイルミネーション。

すっかりいい気分になってしまい、
「こっからうちは近いから、帰りはタクシーにしようね」
と言ってしまったんです。



ところが、タクシーが全然つかまらず、もうバスにも乗れなくなってしまって、営業時間も過ぎ、寒い中にとり残され、大パニック。


本当に寒かったですし、気の強いその子に、ど叱られました。



「ど叱られる」って、方言か。でもそうだったんですよ。


ご迷惑をかけて、申しわけなかったです。



すぐ仲直りしましたが、皆さんも、これは特に気をつけた方がいいです。



それだけ人気のあるイルミネーションです。ぜひ見にいらしてください。絶対にステキな思い出ができますよ。






日帰り温泉でまったり、「里の湯」もある!!


最後に、「なばなの里」の中には、ステキな日帰り温泉があるんですね。

「里の湯」、という名前です。

内7

内8

出典 http://www.nagashima-onsen.co.jp/nabana/restaurant/satonoyu.html/



別に入泉料がかかるんですが、凄くおすすめ。




地元民の私が行っても、「なんだか、凄く遠くに来たみたい」といつも感動します。


このトリップ度、まさに温泉。


ちなみに、タオルはもちろん男女とも無料アニメティなどがあるので、基本的に手ぶらでOKです。



中には露天風呂はもちろん、庭園もありますよ。


ちょっと直接的な話になりますが、涼しい時とか、お湯であったまったあとに、裸で庭園を散歩して風を感じるのは、まさに非日常の時間。




男女は別ですが、待合い処も、すっごくいい雰囲気ですよ。

麦茶のサービスがあります。

それ飲みながら、湯上りに2人で、待合い処でひと息ついたら、いい感じですね。




最後に



繰り返しますが、特に混雑する時期の交通手段は、気をつけてくださいね。



イルミネーションだって、それだけ人気があるということです。


ぜひ見にいらしてください。絶対にステキな思い出ができますよ!!




※この記事の情報は、すべて2015年10月15日現在のもので、すべてのサービスは予告なく変更になる場合があります。


こちらの記事も合わせてどうぞ!
→名古屋ラーメンデート。あなたも満足!の優しさ「麺屋神風」
→名古屋デートin東山動植物園の攻略法!&絶品キッシュのカフェを紹介




Sponsored Links