この記事の所要時間: 56

とっても便利な、コンタクトレンズ。
でもコンタクトは初めてで怖い!と思っていませんか?

目にレンズを自分で入れるなんて……。

私もそうでしたよ。怖がりなんで。

大丈夫!私のコンタクトデビューの話から、それでも怖いという人のために、調べた「裏ワザ」をご紹介します。

コンタクト、私も初めては怖かったです。それが…

gazou5


こんにちは、たけいさんです。
目が悪い歴26年です。コンタクト歴もほぼ同じですね。

そして、この記事を書かせていただくにあたって、ガーンとしましたね。



コンタクトが初めてで怖いって……私にもそういう時、あったけど、すっかり忘れていたなあ」

だって、その頃、私は高校生でしたよ。それからあっという間にこんなに月日が経っちゃうなんて、凄いですね――。

話をもとに戻しますが、私はハードコンタクトレンズでコンタクトデビューしました。



酸素透過性がよくて、目への負担が比較的少ないからですね。

コスト的にもよかったのかもしれません。ただ、よくなくしたので、私の場合は結局、高くつきましたね。

ちなみに当時、使い捨てコンタクトレンズはなかったんです。



そして今、一生懸命思いだしたんですが、確かに最初、違和感はありました。
コンタクトデビューしたばかりの話です。


裸眼で、保健室で休ませてもらったあと、レンズをもう一度入れようとしたら、なかなか入らなかったので、いわゆる「保健室の先生」が、あきれて私を見ていたらしく、


「先生、そんな目で見ないでも……」
と、他の生徒が言うのを聞いたことも。


「いや、もうちょっと勇気を出したら、入るんじゃないかな?と思ってさ」
と、その先生は答えました。

それでも当時は怖かったんでしょうね。

ちなみにハードコンタクトレンズのつけはずし方って、こういう感じです。



そういえば、同時期に同じくハードでコンタクトデビューした友達が、
「レンズをとったあとの解放感って、凄い。夏休みに入ったみたい」
と言ったなあ。

でも、そんなことがあったのも、ほとんど忘れていましたよ。



初めてコンタクトを入れた時も、どういう感じがしたか、まったく思いだせないですね。
実は私は、凄い怖がりで、記憶力のいい方なんです。
なんか衝撃的なことがあったら憶えているはずなのに、そうでない。



あと、その後、随分長い間、ハードコンタクトレンズを使っていました。

使い捨てコンタクトレンズが出てきて、すぐにかえたのは、よくなくすからと、レンズのケアが面倒だったからで、他に理由はありません。

ちなみにそのタイプは1Day、1日使い捨てコンタクトレンズですね。
これだとレンズのケアはいらないです。



そのことは、「コンタクト、コストを含むおすすめは?目が悪い歴26年の私が知ったこと」という記事に書きましたので、ぜひそちらもどうぞ。


コンタクト、コストを含むおすすめは?目が悪い歴26年の私が知ったことの記事はこちら



とにかく、使い捨てコンタクトレンズはもちろんソフトですが、ハードと違って、レンズをつまむような感じで出すのにも、すぐ慣れました。



そういえば、やってみたけど、コンタクトが嫌になってやめた、という人、私は聞いたことがないです。

それに、こんな怖がりな私がそうしてこられた、ということは、ほとんどの人は、大丈夫なんじゃないでしょうか。

それでも怖い人のために、「裏ワザ」(※注意書きあり)


gazou6




それでも怖いという人のために、調べた「裏ワザ」をご紹介します。

コンタクトの「試着」じゃないんですけれど、トライアルはできないものなんでしょうか。
調べてみました。


私が調べたのはコンタクトレンズの専門店で、
「店舗と眼科の指導により、事情は異なってくるんですが、使い捨てコンタクトレンズなら、場合によっては、購入された時、試しに入れたレンズを、入れたまま帰ることが可能な場合もあります」
とのことです。



それであわなかったら、返品も可、という場合があるとか。

私の実体験では、1Dayのタイプで、購入が前提ですけれど、お試しのレンズを数回分、おまけにつけてくれたところもありましたよ。


ただ、使い捨てでないレンズは、私の調べた限り、やはりこういうサービスはありませんでした。

それとハードコンタクトレンズは、慣れるのに1~2週間かかる場合もあるので、それだけつけてみないと、分からないですよね。


ただ、とある大手のコンタクトレンズの専門店では、レンズと場合によりますが、決められた期間内なら、返品が可能な場合もあるそうです。

これはそこでも、店舗によってまったく事情が違うそうなので、これはあくまでも、めやすとして書きました。

注意書きとして書かせていただきますが、レンズとお店によって、まったく事情は変わります。



「こういうことができる場合もある」
として書かせていただいた、ということで、あとは自己責任で、自分の行く、もしくは行きたいと思っているお店に、相談、問い合わせをお願いします。



あなたが若いならなおさら、高い買い物になりますし、コンタクトレンズは正しく使用しないと、それこそ目に深刻な問題が起こる場合もあります。

眼科でのチェックと、評判のよいコンタクトレンズ販売店で、指導をうけながらのコンタクトデビューをおすすめします。

ちゃんとした販売店なら、初心者への指導も、ていねいにやってくれますよ。
凄く大切なことですものね。



正しく使えば、コンタクトレンズはとても便利なものです。

それこそ「女子度」にも効きますしね。

あなたのよりよい女子ライフをお祈りします。