この記事の所要時間: 941

みなさんこんにちは、おいしいもの大好きみーなです。


おいしいものを食べた時には、みんなに共有したいですよね。

私もいつも友達に写真を送りつけて自慢しています。


そして、共有するのにもってこいなのが最近はやりのツイッターやフェイスブックなどのSNS。写真も動画も投稿できてとっても便利。


でも、いざ料理を出されて写真を撮ろう!と思った時に思い通りの写真が撮れないことってありませんか?

トマトソースの美味しそうな赤色、今にもとろけ落ちそうなあつあつチーズ…みんなにもこの美味しさ写真で届けたいですよね。


そこで今回は、料理が美味しく撮るためのポイントお教えしちゃいます。

なにを強調したいか考える


スマホ2


ではその料理のどこが一番美味しそうか考えてみましょう。

ステーキの断面だったり、ケーキのフルーツがたくさん載っている場所だったり、お肉の脂ののった光った部分だったり、料理によって様々です。

その様々な魅力を存分に引き出してあげましょう。



まず、その強調したい面が見えるようにお皿を移動させなければいけません。

そして重要なのは、そこにピントを合わせるところ。

スマホって以外とピントの合う範囲が狭くて、お皿にはピントが合っているのに、スマホでは画面をタップしたらそこにピントが合うようになっています。

ちゃんとピントを合わせてから撮影するようにしましょう。
せっかくの美味しそうな部分がぼけていたら台無しですよね。


またタップによりピントだけではなく、明るさも変化させることができます。
暗いところをタップすると明るくなるようになっていますので、お持ちのスマホで試してみてください。

次の項目で話す、「明るさ」で必ず役にたつと思います。


またこちらの動画では、このタップして明るさを変更することについて詳しく説明されているので見て損はないと思います。

内容も料理を美味しく撮る方法を3本立てにして紹介しているのできっと役立つはずです。



明るく撮る


これを意識するだけで、料理写真のイメージはガラリと変わります。
明るく撮影することにより格段に美味しそうに見えます。

必ず明るめに撮るようにしましょう。


光は基本的に自然光を取り入れるようにしてみましょう。


太陽の光って直視できないほど眩しいですよね。
これが人工の照明役になってくれるのです。

それに、お部屋の照明ってオレンジ色だったりするのですが、このオレンジ色の照明は料理の写真を撮る際に邪魔になったりします。

どうしても人のみている色味と写真で撮った時の色味が変わってきてしまうのです。

ですので、明るく、白色の照明である太陽の光がベストなのです。



どうしても太陽の光を照明代わりに使えない時は、明るめの白色の電気の
ただ、注意すべきなのは明るくなるからといってフラッシュは使わないこと

きっとみんな一度は失敗しているはず。

明るく撮れるのではないかと思って撮ってみたら、むしろ見えづらく撮れてしまうことありますよね。

フラッシュを使ってしまうと、不自然な影ができたり、無意味な反射ができてしまったり、むしろ逆に暗くなってしまうこともあります。
ですので、フラッシュは使わないようにしましょう。


前からの光であるフラッシュではなく、逆光の方が良いこともあります。
向こう側からの光によって料理がのっぺりせずより美味しく見えるのです。



スマホ3

こちらの写真は私の自宅で撮影した写真です。


見ての通り、撮影に失敗しました!!!

まず、間違えてフラッシュをたいてしまいました。

全体的に白っぽくてせっかくの美味しそうなお肉もギトギトしてそうで、とてもじゃないけど美味しそうとは言えません。
そして後の項目でも紹介しますが、背景がシンクでボケてはいるもののうっすらとペットボトル紙パック、洗っていないお皿が見えますよね。

ゴミと一緒に映るお肉なんて誰も食べたいとは思わないですよね。



スマホ4

こちらは成功した写真。


先ほどと違って、フラッシュもたいておらず、背景にも気を使っています。

少しピントが肉にあっていないかな?とも思いましたが、上の写真と比べれば明らかに美味しそうに取れていますよね。
逆光ではありませんが右斜め奥に窓があるので、そこからの自然光と真上にあるキッチンの照明によって明るく撮れています。

少し気をつけるだけでこんなに違った写真が撮れるのです。



もう一つ、注意するべき点としては自分自身が料理に影を落としていることです。
なぜか暗いなあ…と思う場合は光源であるライトか太陽の位置を確認してみてください。

自分の後ろ側に光源がある場合はどうしても料理が暗くなってしまいます。


レストランなどのお店だとライトが等間隔で配置されているので、影ができる場合は少ないと思いますが、自宅だと部屋のライトはひとつのことが多いですよね。

でもそういう場合はレストランと違って席移動が簡単ですので、是非移動してベストポイントを探ってみてください。


ちなみに私の場合ですが、自宅での料理撮影ポイントを2箇所作っています。

作ると言っても何かを設置するわけではなく、ただ光が入って、机が綺麗で撮りやすいというだけです。
料理ができたときに迷わずぱっと撮影できるので、皆さんも自宅の料理撮影ポイントを考えてもいいかもしれません。


太陽の光で、いいぐらいの逆光といい条件を揃えるのはなかなか難しいですが、時間があればやってみて損はない撮れ方になると思いますので、ぜひ試してみてくださいね。

構図を考える


撮影する時の構図を考えてみましょう。

一番NGなのが真上から撮ること。
まるでサンプル写真のようになってしまいます。
かといって真横も全体像が見えてこなくて何を映しているのかわからなくなります。


基本的には斜め45度あたりを意識しましょう。

写真を見る人に「食べたい!」と思わせるようなアングルがベストです。

そのためには不自然な角度ではなく、今ちょうど自分が見ている視線から撮るとちょうどいいかもしれません。
他の人にも自分のみているこの美味しそうな景色を広めてあげましょう。


また、料理を中央に置かないというのも一つの手です。

お皿全体を写さず、少し端を切ってしまうのも一つの手です。
こうすることにより美味しそうに見せることができます。

撮りたいところにアップにしてみてもいいかもしれません。

背景に気をつける


スマホ5


炊飯器や白米のCMでは、ご飯を写す時背景は必ずと言っていいほどにするそうです。

ご飯自体が白いため、背景が黒だとより一層美味しそうに見えるのです。

しかし、もし背景がピンクや紫なら…?とても美味しそうには見えないですよね。

背景ってとっても大事なのです。
いつも気にしたことない方は是非目をやってみてください。


私もよくしてしまうミスなのですが、撮影している時には料理自体に気を取られてしまって背景ってそこまで気にしないんです。

でも食べ終わった後にさっき撮った写真を見てみよう!と思って確認してみたら、使ったおしぼりや割り箸の袋のゴミだったり、既に料理を食べ終わっている空のお皿だったり、さらには料理を食べようと大きく口を開けている友達の面白い顔だったり…映って欲しくないものがいろいろ映っていたりします。

後々後悔したって料理は既にお腹の中…。こんな失敗したくないですよね。



基本的に料理に関係ないものは背景としてうつさないようにしましょう。

メインに映したいものの他にある料理を背景にしてしまうのが一番楽な方法ではあります。

遠くにあるものはボケてしまうためそんなに気にしなくていいかもしれませんが、近くにあるとどうしてもはっきり写り込んでしまいます。

料理と関係ないものが映り込むと、どうしても注意がそちらにも行き料理が引き立ちません。



また、縦向きに写真を撮るというのも一つの方法です。

構図の話でもしましたが、お皿全体をうつさず、端だけ切る撮り方が縦向きに撮ることによって簡単にできるのです。

背景や構図については慣れや経験で補っていく所がありますが、美味しそうな料理の写真目指していい構図を追求していってみてください。

画像加工アプリに頼ってみる


「画像加工してより美味しそうに見せるなんてズルい!」と友人に言われたことがあります。
確かに、普通に撮るより美味しそうに見えるよう色合いを加工するなんて詐欺みたいですよね。


でも、世の中には「レタッチ」という言葉が存在します。

「レタッチ」とは写真に写ってしまったゴミを消したり、明るさを調整したりすることで、プロのお仕事として存在しているのです。

プロの撮影した写真でさえ加工しているのだから、我々素人がスマホで撮った写真も加工したっていいですよね。


それに失敗してしまった写真を加工することによって「いい写真」に変えることだってできます。

LINEやTwitterには画像を投稿する前に画像加工をすることができます。
数種類のフィルターが用意されているので、一番美味しそうに見えるフィルターをかけて投稿してみてください。

早めに撮り終える


スマホ6


知り合いのピザ好きはこう言いました。

「マルゲリータの賞味期限は30秒だ」と。
窯でアツアツに焼いて、即座に席にもってくる。

このチーズの溶けたとろとろの焼きたての瞬間が一番おいしいのです。
マルゲリータの一番おいしい期間は窯を出てから30秒なのです。


撮影に何分も費やしている暇はありません。

美味しそうだなあ!と思って撮影している間に時は刻々とすぎ、そしてどんどんと冷めていっています。


作った人も作りたてを食べて欲しいはず。
それに冷めた料理を撮影してもおいしそうには見えませんよね。
やっぱり湯気が立つほど熱い時じゃないと…。

そのためにも前もってここでのポイントを予習して、素早く美味しそうな写真をとって、はやくアツアツ、ホクホクの料理を食べたいですね。

料理を美味しく撮る方法まとめ


重要なポイントは

・何を強調したいかを考える
・明るく撮る
・構図を考える
・画像加工アプリを使う
・早めに撮り終える

ということ。


そして何より大切なのが「この美味しさを伝えたい」という気持ち。


レストランのメニューを見てみてください。
どれも美味しそうで、注文したい料理ばっかりですよね。

これを意識するともっとおいしく料理が撮れるのではないでしょうか。

どんどん美味しそうな料理をとって、友達に自慢してみてくださいね!



写真の整理の仕方が分からなくて、次々とたまってしまいますよね。
そんな悩みを持っている方へ。写真整理のコツをご紹介します。
写真整理が面倒な人へ!その方法、間違ってない?






Sponsored Links