この記事の所要時間: 67

こんにちは。なっちです。


愛知県には、
名古屋が含まれる尾張と呼ばれる地区と三河と呼ばれる二つの地区があります。

三河には西三河、東三河と更に分ける場合もあります。

昔の土地の分け方から来ていると思いますが、これに合わせて色々な文化が微妙に異なるんです。
風習から始まって言葉まで…いわゆる方言までもです。


三河で話されている方言の事を「三河弁」と呼び、愛知の人にとっては名古屋弁と三河弁は全く違う別々のものとして認識されています。

愛知県民にとっては、この名古屋か三河かはとっても重要なんです。
同じ愛知県民なのに、名古屋(尾張)か三河かで県民性まで違ってくる。


テレビを見ながら、愛知県民の特徴とされている箇所を「ほ~んなん、名~古屋の人だけじゃんね~、うちら~言わ~へんがね~~、そうだら~~(三河人)」とか、「あんなん嘘だわ~。にゃ~ごやじゃ言わせんわ、たーけか(名古屋人)」とか、それぞれ言ってたりするんです。

嘘かホントか。
なっち解説、ご覧ください!

どの地方を三河と呼ぶのでしょう


方言2


愛知県の中で、西側を三河と呼びます。

令制国で、三河国と言われていた地方がそれに該当します。

そう、愛知県は尾張国と三河国が合体した県になりますので、当然この二つでは言葉も文化も違うのは納得ですよね。


それでは、尾張と三河の境目はどうなってるんでしょうか。
答えは全くもって超簡単!

なんと、愛知県に流れている「境川」が境界線になっているらしいんです。

境だけに境川(笑)イージーに名づけられてますね~。


ま、とにかくですね、織田信長と豊臣秀吉がいた所が尾張で、徳川家康がいた所が三河なんですよ。そんな感じです。

だからかわかりませんが、名古屋人、三河人の基本的な性質として、名古屋人の方が機敏、都会なイメージで、三河人の方がおっとり、田舎なイメージついてしまっています。

三河弁の特徴


方言3


何と言っても、「じゃん・だら・りん」です。

名古屋の人は死んでもこの「じゃん・だら・りん」は使いません。



①「じゃん」→標準語で「~なんだ」に当る言葉。
女子はよく「~じゃんね♡」と可愛く使います。


例)「うちんた、名古屋の事なん、ち~っともわからんじゃんね」

訳)「私達、名古屋の事なんか、全然わからないんですよ」



②「だら」→標準語で「~でしょう」に当る言葉。

「だら~」「だ~ら~」と、基本伸ばし気味に発音。
イントネーションは「だ」から「ら」に向かって上がり、最後は中国語の第4声のイントネーションで下がります(難しい~~~~!!)


例)「わっ!なっちって記事読んどると結構年行ってそうじゃんね」「だ~ら~~、私もそう思ってたじゃん」「やっぱそうだら~。うちらの母さんくらいの年だって」

訳)「わっ!なっちって記事読んでると結構年行ってそうだよね」「でしょう~、私もそう思ってたのよ」「やっぱそうだよね~。私達の母さんくらいの年だよね」

伝聞の標準語をやたらめったら説明文に使うので、(「じゃん、だって」)他県民とは話が通じないそうです(余談)



③「りん」→標準語で「~なさい」に当る言葉。
軽い命令や、相手の行動を促す言葉です。


例)「わからない問題があったら、先生に放課にでも聞いてみりん」

訳)「わあらない問題があったら、先生に休み時間に聞いてみたら」


ちなみに、休み時間を愛知は「放課」と呼びます。標準語だとなっちはずっと思ってましたが違うんだって!!

最初にも言いましたが、これらの言葉は、名古屋の人は使いません。



「じゃん」→「だが」

「だら」→「でしょう」古き良き名古屋弁だと「なも」かな…

「りん」→「やー」(これ、すごく三河人から見ると省エネ言葉。
しかも若干怖い。しりん→しやー になるんですもん。

三河弁だと「はよぉしりん~(早くしなさい)」が「はよしやー」になるんですよっ。
めっちゃ命令されてる気分になりますが、名古屋人にとっては当りまえなので「は?何で?」と言われてしまいます。)



西三河の西尾市の方の三河弁



東三河の豊橋の方の三河弁



これぞ究極!よくわかるぜ「ありのままで」(いろんな方言バージョンありますよね)



その他の特殊な言い回し


方言4


「どら」の変化形「ど」→「とっても」の意味。

とっても疲れたは、愛知県では「どらえらい」もしくは「どえりゃ~えれ~」と言いますが、三河では「どえらい」「どえれぇ」と「ら」が落ちて更に強調された使い方をします。

語尾も通常「どえらいじゃん」もしくは「どえらいが」(訳:とっても辛いですね)が更に三河独特の言い回しになると「どえれ~げ~」と「げ」が使われる時があります。



更に地域では尾張地方に当るのですが言語と文化は三河圏という珍しい場所がありまして、どこかと言うと中部国際空港のある知多半島、つまりなっちの生息地なんですけど(手前味噌でごめんなさい~)、この「どら」が「でれ」に変化して「でれえれ~げ~~」と言います。

正直言うと、これ、最強です。多分名古屋の人でも引きます。



実はなっち、中学の時は広島県にいたので、引っ越して来て最初全然言葉がわかりませんでした。

愛知語ですが、自転車は「けった」ですよっ??最初何を蹴るのかと思いましたが、なるほど「ケッタマシーン」で「けった」ね。え~いっ!わかるかい!!

その他、すみっこの事を「ぐろ」と言うし、机は「ずる」と言うし(机をひく事です。)、ゴミを捨てる時は「ほかっといて」と言われて、何を放っておくのかちんぷんかんぷんでした。

いや、これはホント難しかったです。



それでも今やなっちもすっかり知多半島人なので、「あ~っもうっ!ち~~っとも記事が進まないもんだん、今日はもうおしまいにしてしまいたいげ」とか言っちゃいます。

ああ、住めば都。慣れは恐ろしいですね。

三河弁圏内では、多分一番強烈な言語を話しているんじゃないでしょうか…。



…というわけで、三河弁は立派な方言でございまして。

① 「じゃん」「だら」「りん」

② 徳川家康公の御膝元の言葉

③ 実は尾張地方である知多半島の言葉が一番強烈

なのです。


セントレアに降り立った際には、是非知多半島南部へ足を運んでくださいませ。

強烈な三河弁を聞く事ができます(一説によると、三河勢から敬遠されてるそうですが…)




セントレアで、名古屋B級グルメを味わう事ができるんですよ。
お店選びを失敗したくない方に、おすすめのお店をご紹介します♪
名古屋のおすすめB級グルメ!セントレアで80%網羅できる地元名古屋味、紹介します!