この記事の所要時間: 512

こんにちは、なっちです。


なっちの長男は中学に入ってバスケ部に入ってしまいました。
そう、入ってほしくない部活になぜか入ってしまうのが子供だよなぁと思う今日この頃。


なっちの書いたバスケ部あるあるのように、出入りは控えております。
でも、中学生の試合も一回は見たいんだけどな。


そんな部活頑張ってるうちの息子となっちのバスケ部あるある

バスケ部の皆さん、共感すること間違いなし。

「あ。あるある~~~」って声が聞こえてきます…。

息子がバスケ部に入ってからずっとつきまとっている、このあるある!!


バスケ2


うちの息子は運がわるいのでしょうか。

確かに、プレイ自体も例えばクラブチームとかをやってたわけではないので、たいして上手でもないですが、それでも試合ごとにユニフォームをもらえるかもらえないかは、大きな出来事なんです。


例え試合にでれなくとも!
ベンチを温めるだけになろうとも!!
先輩やスタメンの同級生のパシリになろうとも!!!!

ユニフォームをもらえずに2階の観客席から見ているのとはえらい違いだ!!!
ユニフォームを俺にくれ!!!!!!
そのためなら練習を死ぬほど頑張ってやるぜ!!!!!!

と。


息まいて一生懸命練習中にアピールして、なかなかにいい感触、これならもしかしてユニフォームもらえるかもしれないぞ!!!!!

というときに限って。
ケガをする


息子、4月から入って半年ちょっとですが、はや2回もこの憂き目にあっております。

しかも、1回目は疲労による骨の変形の疑いがあってドクターストップ3週間。

2回目は、突き指かと思ったら骨折!!!3週間のギプス生活を宣告されました(←先週。今日新人戦。やっぱりユニフォームはもらえない…)


こうなると、これからもこの流れでずっといくのかと心配な母、なっちです(涙)

3年生がいた時代はよかったの。2年生の代に変わったら急に…


バスケ3


4月から夏までの間は、3年生が主体となって頑張り、2年生がフォロー。

1年生は雑用その他、技術がある子はユニフォームもらえる時もあったけど、それでもまだ1年生は圏外な感じだったのでよかったですが。



3年生が引退しました。

2年生が主体となった新しいチームが発足しました。
キャプテンが決定しました。


そうしたら、今まで3年生がいたから全然目立たなかっただけなのか、それともまだまだひよっこだからかはわからないけど。

なんか、2年の先輩いちいちウザくない???????????
いや、だいたいそうなんですよね。

すぐ上の先輩とはなかなか上手くいかない。



あと、小学校のミニバス経験者は別としても、中学校2年生で新しいチーム発足の時というのは、彼らの人生初めての自分たち主体で引っ張っていくチームができた、という瞬間なので。

そりゃね。

まだまだリーダーシップも、ティーチングも、コーチングも、カウンセリングもままならない子供達が子供なりに一生懸命やってるんで、失敗も間違いもありますわな。



息子の中学の先輩たちが今、丁度この初めての上下関係を含めたリーダーシップとは何かという人生でも大事な問題に立ち向かい、悲鳴をあげています。

1年生は初めての実験台(言い方悪いですが…)になってるわけで、そりゃたまったもんじゃないですよね。

でもね、これは代々ず~~~~っとバスケ部創立から続けられている伝統儀礼なんで。


頑張って耐え、頑張って先輩も学べば、将来絶対役に立ちます!!!

体育会系部活経験者が、社会に出てこういう部分で苦労をあまりしないのは、土台をここで作るからです。

ほら、だから、先輩ウザくても大丈夫。

あなたも来年は新1年生からそういう風に言われてるんだから…。



こう言ってあしらいたい!!!!(息子の心の声)

なっちがね~ずっと悩んでることがあるんですよ~



最近の部活って、体育会系なっちが体験してきた部活と少々趣が違ってきてます。

もうさ、部活自体が「保護者なしで成り立ってない」んです。

クラブチームかい!!!!と突っ込みたくなりますが、れっきとした中学校の部活です。

親が出て行かなきゃいけない部分が多い多い…。



なっちは、フルタイムで仕事をしてますし、旦那さんがあんまり積極的な人でないので、この保護者が助けるべき部分をど~してもできない。

主には、練習試合等の車出しなんですけど。

結局、いっつもパパが熱心なところが出してくれちゃう図式になっているわけで。

いつも練習試合を見に行っているメンバーも決まってきちゃう感じがして。



そうなってくるとですね…。

試合を見に行こうと思っても、アウェー感がありすぎて恐ろしくて輪の中に入れない!!!


次の機会があったとしても、「あ、やめとこっかな?」と思っちゃう!!!!

結果、親がなじめず子供の試合等に気軽に見に行ったりできなくなっちゃう…。



なんなんでしょうね。

やるのは子供で、あくまでも親もそんなつもりではないんでしょうが、顔見知りではないのでホント辛いんです。

かといって、毎度毎度頑張って参加するほど時間もない(なっち、今子ども会の会長なの~)

どこまで参加すべきか、そして参加しても超寂しい。

あるあるですよね~~。




さてさて、なっちと息子のバスケ部あるある。
いかがでしたか?


わかる~~って思っていただいたら、いいね!してね…と言いたい所ですが、フェイスブックではないので、いいねボタンないですね。

残念~~!!





バスケ部に子供が入ったあるあるPART1もご覧ください!
子供がバスケ部に入った母のあるある!元バスケ部の母がぶっちゃける!!