この記事の所要時間: 650

こんにちは、20代後半になって体の変化を感じているマイヤです。


私も明日、ついに27歳になりますが、10代の頃とはだいぶ体の調子が違うなと感じています。

傷は治りにくくなったし、風邪はこじらせると本当になかなか治らないし…。
3週間前にひいた風邪が今なお完治しておりません…涙


疲れの取れ方も違いますよね。

10代の頃は翌日には疲れが取れていたし、寝れば回復していたのが、寝ても疲れたまま、というか、眠気も取れないし、だるい、そんな日も増えました。


できればそういう日は早々に脱したいと思いませんか?


そんな日が続くと精神的にももっと辛くなってきますし、集中力の低下で仕事のミスも増えてしまうと思うんです。

スッキリ目覚めた方が気持ちいいですし、早くそうなりたいと思っている人も少なくないはず。


今回は私がそんな日々を脱する為に実践している方法をご紹介します。

実は一番効果的なのはコレ


疲れ2


私が一番効果を実感しているのは、「あえてもっと疲れる」こと。


はい?
既に疲れているにも関わらず、あえてもっと疲れる?
マイヤは一体何を言っているんだ?

そう思った方もいるかもしれませんが、騙されたと思って実践して欲しいのがコレなんです。


とにかく体を動かして、もっと疲れると、目覚めがスッキリするんです。


私は先日から肉体労働の工場の仕事も短期で始めたのですが、体が疲れきって夕食後すぐに強烈な眠気とともに寝て、翌朝はバチッと目が覚めます。

確かに体は疲れ切っていたのですが、起きた後の眠気やだるさは一切ないです。


それまで事務の仕事を主にしてきていたのですが、体は疲れていないのに、朝スッキリ目覚めた回数は少なく、目覚ましに必死に手を伸ばして止めては二度寝なんてしょっちゅうでした。


起きても頭がぼ~っとして、眠いし、
「会社行くの面倒だなー…」
とだるい日の方が圧倒的に多かったのです。


寝ても寝ても眠い、だるい、疲れが全然取れないと感じる時って、実は精神的に疲れている場合がほとんどなんです。

大学時代に心理学の授業で学んだのですが、人は肉体的に疲れた時よりも精神的に疲れた時の方が眠気は取れないそうです。

この事実に私は目から鱗。


私は幼い頃から朝が苦手で、スッキリ目覚めたことがほとんどありませんでした。

「マイヤは考えすぎ」と他人から指摘される程、アレコレ無駄に悩んでしまう私。

こういうのが起因してなかなかスッキリ起きることができなかったのだな、と合点ができました。



さらにその授業で、

「精神的に疲れている場合は、あえて運動するのが効果的。心は疲れているのに、体が疲れていない状態だとしっかり眠れなくなり、結局、寝たとしても眠りが浅くて脳が休むことができず、疲れが取れなくて、慢性的な眠気やだるさに襲われます。体を疲れさせることで、深い睡眠を摂ることができ、精神的な疲れが大きく軽減されます。ただ、年齢とともに肉体的な疲れは取れにくくなりますが」

とのことでした。


事務職として東京で働いていた頃、私はこのことを忘れて仕事に没頭し、挙句、心を壊してしまいました。

転勤で実家に戻ってきてからは、愛犬の散歩をして歩くことが良い運動となり、実は朝の目覚めが東京にいた頃よりも良くなりました。


今はガッツリ肉体的に疲れまくる仕事をしていますが、目覚めは良いんです。

「眠い、だるい」と感じるのは精神的に疲れている可能性が非常に高いので、まずは体を動かしてみてください

体を動かすことで私は目覚めがかなり良くなったので、本当にオススメします!


※ただし、肉体的疲労を貯めすぎると心も疲れてきてしまい、結局疲れが取れなくなって眠気やだるさに襲われるので、アスリートのような過酷なものではなく、自分に見合った「適度な運動」が効果的です。

騙されたと思って実践してみると意外に効果アリ


疲れ3


さらに騙されたと思って実践してみてほしいのが「瞑想」。


「目を瞑って…たったそれだけで疲れが取れるの?」
と思った方もいるかと思いますが、これが、ビックリするくらい効果的なんです!!


私もハッキリ言って信じていませんでした。
「眠るわけでもなく、効果なんてあるの?」
めちゃくちゃ懐疑的でした。


とにかく騙されたと思ってとりあえず数分だけ試してみたんです。

そしたら、本当に朝スッキリ目が覚めるではありませんか!


二度寝をしたいとも思わない。
だるさもない。
体が妙に軽い。

なんじゃこりゃー?!
もうまさに驚愕の出来事でした。

何だかスゴイことをやっているようですが、瞑想ってとっても簡単なんです。


こちらの動画をご覧ください。



とても簡単ですよね。

そうなんです。
たったこれだけなんです。


私は瞑想を試しに3分してみて、最後に「明日の朝はスッキリ目が覚める」と声に出してみました。

瞑想中は雑念を払うことに集中し、何も考えないようにするのですが、「もう終わり」という時に、自分の目標を声に出すことで実現しやすいと聞いたので、試しにやってみました。


実現したか確認しやすい、とってもシンプルでわかりやすいように「明日の朝はスッキリ目が覚める」と言ってみました。

ハッキリ言ってこの時点では全く信じていませんでしたし、この日だけ早めに寝るなんてことはしていないです。

この日は運動もできておらず、明日はだるいんだろうなと思いながら深夜3時頃に寝ました。


が!
ビックリするくらいスッキリした目覚め。

運動せずにここまでスッキリしたのは初めと言えるくらいのスッキリ感。
感動ものでした。

オーソドックスな方法も効果的


疲れ4


最初の二つの方法は「え?」というような方法だったかもしれませんが、オーソドックスに入浴やマッサージも私は効果的だと思っています。

とてもリラックスできますしね。

お風呂でアロマキャンドルを灯してみるのも、すごく好きです。


ただ、浴槽にお湯を貯めると、その後の掃除のことがあるし、マッサージも自分ではできない箇所もあって、好きなんですけど、めんどくさがりの私は苦手だったりします。

散歩(運動)や瞑想は道具も必要なければ、後片付けもないので、気軽にできて私はそちらを結構優先させています。

何より自分に負担のない方法が一番効果的だと私は思っています。


自分でするのは面倒なのでサボることも多いですが、温泉やサロンに行く機会があれば大好きなので喜んで行きますし、やはりリラックス効果は抜群で、疲れは取れやすいと思います。

疲れが取れない、眠い、だるいを解消する方法まとめ


疲れ5

1. 運動する
2. 瞑想する
3. 入浴やマッサージ


工場での肉体労働を短期で始め、朝の目覚めは良くとも体中に痛み…。

腕や足を動かすたびに痛みがある中、本日は中華料理の仕事だったのですが、そこで柚子を絞ってお湯で割ったもの温かいジャスミン茶を積極的に飲んでいたら、いつの間にか痛みがなくなり、体が軽くなっていました。


3日間仕事をして、3日間とも寝ても痛みが緩和することはなかったのですが、たった半日でスーッと痛みがなくなったので感動しました。

薬ではないので、必ず効果があるとは言い難いですが、肉体的疲労がなかなか取れない方は、こちらの方法も試してみてほしいと思います。



日々の家事・子育て・お仕事など…お疲れ様です!
ガチガチ肩こりに悩んでいる女性、多いのではないのでしょうか?
肩こり解消のヒントはこちらです。
肩こりはカイロで解消できる?私考案の3つの貼る場所が最高に効く!