この記事の所要時間: 616

kelsey_lovefusionphoto


皆さんこんにちは、たけいさんです。

20代後半にゼロから乗馬ライフを始め、乗馬の本まで出してしまった女です。


本当にイチから始めて、乗馬をやっている人もまわりにいなかったので、この質問は、誰にもできなくて苦労しました。


乗馬をやるのに、かかる費用です

「ぶっちゃけ、いくらなんですか?」

乗馬の費用、私の実例から…いろいろ


乗馬費用2


結論を出す前に、私のバックグラウンドと乗馬を始めた頃の経験を、まず書きましょう。


私は地方都市の近郊で生まれ育った人間で、親は中小企業の経営者です。

成人してからは、その地方都市にあるマンションと実家を行ったり来たりの生活です。


金銭的にはちょっと余裕があるかもしれないものの、中流の、堅実に生きようとしている、地方都市在住の女性。それが私でしょうか。


あと、このへんでは、乗馬はそんなに盛んではないと思います。

もっとのどかなところでも、馬と縁の深い土地なら、乗馬が凄くうまい人がいるところもありますが、こちらは多分違いますね。

乗馬費用3

だから乗馬を始める時、まわりに、経験者が誰もいなかったので、情報がなくて困りました。

そして結局、全国にネットワーク展開している、とある大手の乗馬クラブ(こう書けば分かるか……)の、実家に一番近いところに通うことになったんですね。


もう書いちゃいますけど、その乗馬クラブは「乗馬クラブクレイン」です。

ここのいいところは、誰でも通いやすいということだと、私は思いました。

ターゲットも幅広いんじゃないかな。

「会員数No.1」がここの売りでもあります。



だから今回、あくまでめやすとしてですが、「乗馬クラブ クレイン東京」の公式ウェブサイトから、会種と会員料金の案内を引用しました。


乗馬クラブ クレイン東京 会種と会員料金のご案内
会員種別ごとの入会金・会費・騎乗料は下記のようになっております。


       正会員     平日会員    ジュニア会員

入会金   200,000円   100,000円    80,000円
     (税込216,000円)(税込108,000円)(税込86,400円)
   
会費(1ヶ月)  15,000円   15,000円     10,000円
      (税込16,200円)  (税込16,200円) (税込10,800円)
  
騎乗料 平日   1,500円     1,500円      1,000円
      (税込1,620円)  (税込1,620円)  (税込1,080円)
   
   土日祝   2,000円    ——–     2,500円
       (税込2,160円)          (税込2,700円)    


※騎乗料は、1鞍=1レッスン(45分)の料金となります。

※入会金は退会しない限り、更新費用などは発生しません。

出典 http://www.uma-crane.com/map-tokyo-admission/



だから、このクラブで正会員として乗馬をやろうとすると、まず、入会金が216000円。

そして会費が1ヵ月16200円、それにプラスして、1レッスン(1鞍)うけるごとに、1620円~2160円が必要なことになりますね。

月に何回乗るかもその人によりますが、荒っぽい計算をしてしまえば、入会金は別にして、1ヵ月に数万円払えば、乗馬ができることになります。


繰り返すことになりますが、このクラブのいいところは、現実的な料金と、誰でも入りやすいところだと思います。初心者、未経験者も歓迎。


乗馬クラブでとっても高級なところは、家柄も見るところもあると、私は聞きました。


また、私の行った中では、これもごく一例ですけれど、乗馬界の第一線にいた方が、引退後、馬もひきとって故郷でのんびりやっておられる、という心あたたまる乗馬クラブもありました。
ただ、紹介でビジターとして行っていたので、料金は分からないです。


私の地元にも、実は調べてみると、ちょっと遠いんですけれど別の乗馬クラブはあったんです。


そこは入会金が150000円、その他に年会費が165000円かかるので、結構とるんだなと思ったんですが、そのかわり、あとは1鞍2000円(これもチケット制で10枚からまとめて買う)払えばいいことになります。

地方だということもあるのでしょうが、さらにお値打ちですね。

「乗馬の費用、ぶっちゃけいくら?」の答えは…


乗馬費用4


でも、乗馬の費用って、聞けば聞くほど、調べれば調べるほど、本当にピンからキリまでありますよ。

あと、ヘルメットなどの乗馬の道具も必要になります。

これはレンタルさせてくれるところもありますが、乗馬を続けるなら買うしかありません。


これにいくらかけるかも、いってみれば、あなたしだいなんです

「いくらかかるの?」と言われても、答えはないですね。


反対に、これを書いているうちに、読者の皆さんに、
「いくらで乗りたいの?」
とこちらが訊きたくなってきました。


お値打ちを追求しちゃえば、凄く安く乗れちゃうところもあるし、高級さを追求しようと思えば、できちゃうんですよ。

ただ、前者は、乗馬が上手でないと、乗りこなせない馬がいる場合があるそうです。

後者は、誰でも入れるわけではないかもしれません。

乗馬費用5

でも、これを読んでいる方は、乗馬に興味があるけど、経験がない、初心者である、という方が多いでしょう。


だから、未経験者、初心者をきちんと教えてくれる、ご自分が通える範囲の乗馬クラブを探して、料金的にも無理がないところがいいと思います。

馬は生きものなので、どうしてもお金がかかります。


それと初心者が難しい馬に乗ると、危ないんです。

だから、乗馬クラブを選ぶ時には、どうか慎重になってくださいね。


「乗馬の初心者必見!〇〇が怖い時、負けずに乗馬を続ける方法」という記事に詳しく書きましたが、雰囲気があなたと合わないところもあるかもしれません。

高い入会金を払ってから、それに気がついたら、痛いですから。

それでも、乗馬は素晴らしい


それでも、乗馬の名手だという方々は、本当に、
「皆さん、なぜそこまで!?」
というくらい、さっそうとして美しく、若いです。


乗馬って、それだけ体にも心にも、それこそ美容にも、いいスポーツなんだとしかいいようがありません。

ほとんどの乗馬クラブには体験レッスンもあります。
乗馬に興味があるなら、ぜひ一度、試してみては。

あなたに合うなら、素晴らしい趣味が1つ、増えることになりますよ。

※この記事の情報はすべて2015年10月29日現在のものです。



乗馬ってどんな感じかなー?ちょっとだけ体験してみたいなーと思われる方。
こちらの記事も参考にしてみてくださいね。
乗馬、趣味。素質がある人は乗馬をしないと大損!その一番の素質とは?  


   

Sponsored Links