この記事の所要時間: 521


皆が大喜びの、焼肉。たれがいくらあっても足りませんね。


「もし、おいしい焼肉のたれが自分でもつくれたらなあ……代用でもいいのに」
と思っていませんか?

とんでもない!!家にあるもので、本格派の絶品の焼肉のたれがつくれますよ。それも、すぐできるんです。


焼肉のたれの代用どころか、外のたれももういらない!?

とにかく、そんな、魔法のような焼肉のたれをご紹介します。


ちなみにこれは、あの番組のお仕事もされた、ジョン・キョンファさんのレシピです。

『チャングムの誓い』の日本語版料理監修も!


焼肉のたれ2


皆さんこんにちは。キッチンに入ると、心が無でも、勝手に体が動いてしまうたけいさんです。

ちなみに女性です。

いろんな国の料理をつくりますよ。


そして、ジョン・キョンファさんは料理家です。プロフィールからの引用をどうぞ。

[料理上手な祖母、母のもとで舌と腕を鍛えられ、父からは朝鮮半島の食文化と民族の心を学ぶ。
(中略)NHK「きょうの料理」をはじめテレビ、ラジオ、雑誌などのメディアや料理教室・講演会を通して韓国・朝鮮料理の普及に努めてきた。
明るいキャラクターとわかりやすい指導に定評がある。
韓国ドラマ「宮廷女官・チャングムの誓い」の日本語版料理監修もつとめた]

出典http://www.jeon-kyonghwa.com/studio/profile.html


素晴らしいですね――!!

私も本、何冊も持ってますよ。


今回紹介させていただくのは、こちらの本からのレシピです。

朝鮮の味、家庭の味 きょうも、おいしかったね。―キョンファさんちの朝鮮の味、家庭の味130

『きょうも、おいしかったね。』ジョン・キョンファ著(主婦と生活社)です。


この本、ずっとうちにあります。

紹介してある料理の数がとても多いのに、つくり方が凄く丁寧に書いてあって、非常に分かりやすい料理本です。

いろいろつくっています。


うちの近くに外国料理の店は少ないし、教えてくれるところもありません。
「あれ、食べたいな」
と思った時に、この本を出してその通りにつくれば、おいしいのができるので、とても助かるんですよね。

「ユッケジャン」だとかも、おいしいですよ。


でもなんといっても、この『焼肉のたれ』のレシピはもう不滅です……!!

『焼肉のたれ』なぜ、なぜこんなにカンタンでおいしいの


焼肉のたれ3


最初にこの本の『焼肉のたれ』をつくった時、驚愕(きょうがく)しましたね。

ほんっとうに、その時、家にあるものでできる!!

果汁だとかも、いらないんですよ。
それなのに甘みや深みもあって、非常においしいです。

つくり方もカンタン!

カンタンなうえ、すぐできます!!


皆で食べた時に、もう感心して、
「あるものが、なんでこんなにおいしい『焼肉のたれ』になるの?」
「やっぱり、配合が絶妙なんじゃないかな」
と言っていました。


いや――、知恵って、凄いですね。

ではレシピを紹介しますので、皆さん、絶対につくってみてください。

感動しますよ。

絶品、魔法!!の『焼肉のたれ』



前述のように、『きょうも、おいしかったね。』ジョン・キョンファ著(主婦と生活社)からのレシピです。


P30~31の、「わが家の定番焼き肉」に、「骨つきカㇽビ」の紹介があり、このレシピが書かれています。


[材料]
牛骨つきカㇽビ……適量
●正肉用もみダレ
A[しょうゆ4分の1カップ 砂糖大さじ2 酒・みりん各大さじ1]
B[ごま油大さじ1 すりごま小さじ2 おろしにんにく小さじ3分の1 粉唐辛子小さじ4分の1 コショウ少々 みじんねぎ適量]


1 鍋にAを入れて火にかけ、砂糖が溶けてフツフツしてきたら火を止めてさまし、Bを加えてよく混ぜる。

2 ボウルにカㇽビを入れて、タレを適量加えて手で軽くもむようにして、手早くあえる(このときボウルにタレが残るようならタレを入れすぎ)。

3 器に盛り、焼き肉ロースターなどで両面を強火でほどよく焼く。


残念ながらこのあたりでは骨つきカㇽビは買えないので、うちではいつも、手に入る「カルビ」などの肉にこのたれで焼肉をしています。

ちなみに、自慢に聞こえるかもしれませんが、松阪牛が多いです。

焼肉のたれ4

なぜかというと、私の実家は三重県にあるんですね。

松阪牛の「松阪」というのは、三重県の地名なんですよ。
三重県松阪市です。


だからこのあたりでは、松阪牛は、よそで買うよりも高くありません。

時々、ちょっと贅沢に、松阪牛で焼肉をしています。
サシがあまり多くない方が好きです。


そして、うちは少し濃いめの味が好きなのかもしれません。
このたれを多めにつくり、肉を上記のようにして焼いたあと、最初に別にしておいた、あまったたれをつけだれにして食べています。

つかっているしょうゆも、たまりしょうゆです。
この地方では、たまりしょうゆはポピュラーです。


このあたりは、うちで多少はアレンジされていますね。

料理の素晴らしさを感じられるレシピ


焼肉のたれ5


とにかくこのレシピを知ってから、10年くらい、うちは外で焼肉を食べたことがありません。
うちの方がおいしいからです。

「うちの焼肉のたれはおいしいね」
といつも言われます。

料理の素晴らしさを感じられるレシピです。


料理の素晴らしさは、こうやって、人が誰かのためを思ってつくったものから生まれた知恵が、本人が知らないところにまで広がり、またたくさんの人を喜ばせ、文字通り、誰かの血となり肉となり、その人を生かしてくれることです。


優れた知恵は、受け継がれていくのです。

皆さんもぜひ、このたれで焼肉をしてみてください。

本当においしいです。皆が喜んでくれますよ。




料理マンネリ化していませんか?
マンネリ脱出するために、こちらを参考にしてみてくださいね。
主婦必見!料理のマンネリから脱出しておいしいご飯を食べよう!