この記事の所要時間: 413


こんにちは、レイナです。


就活に欠かせないのがスーツ。

スーツにシャツ、ネクタイに靴・・・一式揃えようと思うとどんどん必要なものが出てきます。


スーツ専門店に行くとみかけるのがネクタイピン

私は初めて見た時「これって何?なんのために使うの?」っていう印象でした。
どう使うのか見当もつかなかったんです。


私は以前アパレルショップに勤めていました。

そこはスーツも販売してたので、種類は少ないけどネクタイやネクタイピンも売っていました。

男性スタッフに使い方を聞いてその機能性を理解したのですが、実際に街ですれ違うサラリーマンが付けている姿を見かけたことがなかったんですよね。


だから本当に必要なの?っていう想いが強かったんです。

それから数年後、私はOLを経験して実際にスーツで働いている男性を見てきました。

するとちょっと考えが変わってきたんです。


そこで今回は「ネクタイピンは必要か?もし必要なら付ける位置はどこがいいか」をご紹介します。


まず、ネクタイピンは必要か?


ネクタイ2


ぶっちゃけて言うとネクタイピンは必要ではありません。

ネクタイピンってネクタイの補助で正式なアクセサリーではないんです。

だから迷うなら最初は買わなくていいです



でも職種によってはあったら便利かな~って思います。

私が勤めていた会社はシステムキッチンを販売している会社でした。

営業さんは現場にスーツで行くこともしばしば。


そこでジャケットを脱いでちょっと手伝ったりすることもあります。

荷物を運ぶために前かがみになり、ブラブラと揺れるネクタイを見た時「あ~、邪魔そうだな~」って思ったんです。

しかも建築中の現場だったりするとほこりまみれなので、ネクタイが擦れて汚れが付くことだってあります。

こんな時にネクタイピンって必要だな~って思ったんです。


会社勤めのサラリーマンってずっとデスクに座ってるイメージがありました。

でも意外とそうじゃなかったりします。

私が勤めていた会社は毎日ダンボールで荷物が届くので、それを移動させたりする作業がありました。

1日の中のほんの数十分ですけど、ネクタイがプラプラしてるのを見ると邪魔そうだな~って思いながら見ていました(笑)


そんな中、ネクタイピンを付けてる人がいてめっちゃスマートに見えました。

ネクタイピンは作業する見た目を美しくする、縁の下の力持ち的な役割のアイテムだと私は思っています。

さりげないオシャレとしても使えるネクタイピン


ネクタイ3


ちょっとでもかっこよくスーツを着たい!って思いませんか?

スーツでオシャレをしようと思ったら流行りの生地や形を選びますよね。

でもいざ街に出てみると自分と同じようなスーツを着てる人ワンサカいるんですよ。

スーツでオシャレ感を出そうと思ったら高級スーツを買わない限りは差を付けられないんです。


そこでおすすめなのがスーツのアクセサリーを使うこと

その中でもネクタイピンはみんながあまりつけていないのでオシャレ度があがるんです。

なかなかオシャレ感を出せないスーツに華を添えてくれるアイテム!


今ではオシャレな年配の人が付けているネクタイピンを若い子がつけていたら・・・

みんな「おっ?!」って思ってみるはずです。



ネクタイピンをつけるには正しいネクタイの結び方が不可欠!動画でマスターしましょう!



ネクタイピンの付ける位置は?


じゃあいざネクタイピンを付けよう!と思った時にどこに付けたらいいのか。


一番スタンダードだと言われているのが、ジャケットからチラっと見える位置です。

シャツの第2~3ボタンくらいに間くらいが目安ですね。

ポイントは全部が見えるのではなくて、チラっと見える場所に付けることです。


そのさりげなさがオシャレなんです。

ちなみにジャケットを脱いで作業するときは機能性を重視して下の方に付けるのがおすすめです。

ネクタイピンをつけてるのに下の方がプラプラしていたら意味がないですからね。

ネクタイピンの必要性・付ける位置のまとめ


1. ネクタイピンは必要ではないがあると便利なアイテム
2. オシャレ感を出すためにつけるのもよし
3. 付ける位置は第2~3ボタンあたりがスタンダード


絶対必要なわけではないけどあると便利なネクタイピン。
是非取り入れてみてくださいね。



ファッションは苦手というあなた必見です!
ファッションを上達するためのコツをご紹介します!!
ファッションを勉強したい人へ!私はこの3つの方法で上級者になった