この記事の所要時間: 733

こんにちは、なっちです。


初めて赤ちゃんを迎える新米ママ。
お腹に赤ちゃんがいるのさえ、不思議な信じられない気持ちですよね。


今は色々なプレママの為の雑誌等世の中にたくさんあります。

雑誌を見ると、今まで見た事もないような赤ちゃん用、ママ用グッズが沢山紹介されています。
あれもいいな~これもいいな、と目移りしてしまうでしょう。


そして雑誌にある通り、色々買い揃えている最中なのではないですか?
それもまた楽しみの一つですので、よ~く考えて色々なお店に行って検討しましょう。


…今日は、出産準備の中でも特に、赤ちゃんが産まれてすぐ必要になってくる品々を紹介しようと思います。
産院で、旦那さんに慌てて電話して「○○持ってきて!」とか、退院してすぐに「○○が足りない!」という事にならないように。


いいですか、赤ちゃんは一か月検診が終わるまでは、お外に連れ歩けません。
買い損ねてしまったら、凄く困る事になりますよ??

まず、入院準備から万全にしましょう!


ママの準備です。


産院でそれぞれ持ってくるものとして指定があると思います。
それをよく読んで、忘れ物のないように出産の一か月前くらいから準備しておきましょう。


ちなみに、赤ちゃんのお洋服は、最後退院する時の気温を絶対に考慮して持っていってください。

産院内はママも赤ちゃんも気温は一定に保たれていますので、ママはパジャマ一枚、ベビーは短肌着&ドレスくらいでも大丈夫かと。



それから、ママの出産後のケアでよく書いてある、ウエストニッパーはあまり持って行っても効果ないかもです。

ウエストよりも骨盤を締めた方がいいいので、有名なトコちゃんベルト等を持って行った方がいいのではないでしょうか。

産後お腹を締めると凄く辛いです。
トコちゃんベルトはお腹は一切締まりませんので産後でもすぐ着用できますよ。
興味のある方は調べてみてください。
(…といって、私はあまりつけなかったですが…)



次に、その他あった方がいいものを述べてみます。


まず、出産は物凄く体力を消耗します。

ですので、産院にいる間はできるだけ体を休めるように心がけなければいけません。
食べ物は産院の食事で十分なので、お菓子等をあまり持ち込まないように。


そして、赤ちゃんも気になるでしょうが、家に帰ってしまうと現実が待っています。

つまり、リラックスできる最後の時間は実は入院期間なのです。


ここは、自分の一番好きなリラクゼーションできるものを是非持ち込みましょう!

産後すぐ目をあまり使ってはいけないとは言うのですが、私は1人目の時はゆとりがありませんでしたので何も持って行かなかったですが、2人目の時はハリーポッターの本、3人目、4人目の時はそれぞれ韓国ドラマを持ち込み、楽しんでいました。

家にいるのとは違って、ゆったりゆっくりできました。



クッションを持っていくのもお勧めです。
お腹はもう大きくはないですが、抱き枕のようなものがあると寝やすいです。

まあ、布団を丸めて代用してもいいんですけどね(笑)



ただし、赤ちゃんを扱うお母さんになるのですから、手指は常に清潔を保つ必要があります。
匂いがきつかったり、刺激性のあるものを持ちこんだり、使ったりするのは避けた方がいいです。

アロマオイル等でマッサージされてる方は、赤ちゃんにも使えるベビーオイルやベビーローション、ベビーミルク等で代用してみてください。

家に帰る準備はOKですか?

出産2

産後は実家に帰る方も多いかと思います。
実家へ帰る=お世話グッズも引っ越し、なので、まず実家にお世話グッズを置いておくのがベターです。

ただし、自宅へ帰るときにはそれごとまた動く事になりますので、結構な大荷物だと言う事を覚悟してください。


必要なもの、最低限。

①沐浴系

・沐浴ガーゼ
・ベビー石鹸
・ベビーバス
・綿棒
・おへそケア用品(必要に応じて)


②おっぱい系

母乳の方は、
・洗浄綿 

ミルクの方は、
・ミルク
・哺乳瓶
・乳首
・殺菌グッズ(電子レンジでできるのが便利)
・ガーゼのハンカチ


③おむつ系

・紙おむつもしくは布おむつ(含:おむつカバー)
・おしりふき(カット綿をお湯で濡らすのが新生児にはいいです)


④お洋服系

・短肌着 コンビタイプの長肌着(本当の長肌着は必要ありません。コンビタイプで兼用してください)
・ベビードレス(これもボタンでコンビ型に変える事ができるのを買いましょう。)
※肌着、ドレスは一日下手をすると3セットくらい替えなきゃいけない場合も…最低でも4セットは欲しい所です


⑤お出かけ系

・チャイルドシート
・ベビーカー


選び方はこの番組が的を得てます。



⑥ママ系

・母乳パッド
・ナプキン
・授乳しやすい服
(ブラジャーは、クロスやサイドオープン以外は実際には使えないです。これは断言します。服も授乳穴があるものより、クロスタイプがお勧めです。ホック外す系は後でとめるの大変ですよっ!)
・洗浄綿

産褥ショーツは産院にいる間しか使いませんので気を付けて。
枚数買う必要ないですよ。

後は、持っているものを流用すれば大丈夫です。


ベビーベッドや布団はこの時点では必要ないです。買うなら自宅に設置しておきましょう。
オプションで、赤ちゃんのおもちゃ等も少しあるといいかもしれません。

今は家でなんでも買える時代

出産3

さて、最低限必要と思われるものを羅列してみましたが、意外に少ないでしょ?

ママのお洋服も、マタニティをそのまましばらくは使えばいいですし、徐々に体重が戻れば普通のお洋服着てても大丈夫です。
トップだけ授乳しやすいデザインの服を持っている服から探せばいいのです。


赤ちゃんのお洋服、おむつ、ミルク、お出かけ項目の二つだけは、どうしても買わなければならない品です。


ミルクは完全母乳の方なら、洗浄綿を買うだけでOK。経済的ですよね。


お洋服は赤ちゃんがすぐ大きくなってしまいますので、お近くに譲ってもらえそうな方がいたら是非おさがりをもらいましょう。


リサイクルはエコでもあります。
経済的でもあります。


私はよくフリーマーケットにも行きましたね。
ネットオークションでも送料はかかりますが安く手に入る場合がありますので、重宝します。


また、買い物を頼む人がいないママは、ネット通販サイトを利用するのも賢いです。

今はいい時代ですよね。
例えばAmazonだったら今日頼めば明日来るんですから。

結構かさばる紙おむつとか、おしりふきとか、4人目の時はよくお世話になりました。


こういう便利なものは使わなきゃ損ですよ!



さあ、今までの説明で少し想像がついたでしょうか?


今の世の中、便利なものは沢山ありますが先にあげた必要最低限さえあれば、大抵はクリアできると思います。
赤ちゃんと一緒に生活してみて、足りないな~と思うの物を買い足していけばいいのです。


最初に一生懸命に準備しすぎてしまうと、実際にはあんまり使わなかったり…という事にもなりかねません。


私も実は哺乳瓶をいっぱい買ったんです。
殺菌用のバケツも準備して。
ミルクも最初結構準備して。


ところがうちの子、完全母乳で育ったものですから、たくさん買った哺乳瓶やミルク、全部無駄になってしまったのです。

本当にもったいなかったです。



それから、赤ちゃん用のドレス

最初の子が6月生まれで、クーラーが部屋になく、短肌着一枚でクーラーのつくまでの1カ月を過ごしました。
いざ着せようとしても、クーラーが付いているとはいえ真夏。
少し涼しい季節まで待ったところ、本人が大きくなっちゃって着る事ができませんでした。


季節を考えて買った方が…という話はここからきています。


まとめ


① 必要最低限でまずはそろえてみる
② どうしてもいると思えば後から買い足し
③ ネットやご近所ネットワークを上手に使おう!


これであなたも超ベテランママ顔負けの子育て準備ができます!
是非ご参考にしてみてください~!



そうは言っても、うっかり買い忘れてしまったり、なかなか手に入らないこともありますよね。
そんな時のために、こちらの記事も併せていかがでしょうか。
賢く代用!こんな時どうする?ベビーグッズがなくても困らない方法とは