この記事の所要時間: 1343

Alarzy

転居のシーズンですね。


「春に引越しなの。ついでに断捨離したいんだけど、
どうすればいいのかぜんぜん分からない」

と思っていませんか?



こんにちは。

かつては床がほとんど見えない部屋に住んでいた、たけいさんです。



私は、引越しがきっかけで断捨離に成功しました。


そのさい、「アレ」13本も断捨離しました。



そんな私が、おすすめの断捨離のやり方、服、化粧品、本など、
また、それから学んだ、人生にも役立つコツ、
合計3つのことをご紹介します。



断捨離はもちろん、「人生」でももっともっと成功したい方、必見です!!

引越し、断捨離体験記その1 服のやり方から学んだこと


引っ越し2


私にとって一番カンタンだったのは、服でした。

私、あんまり、凝ったおしゃれに興味ないんですよ。


服のコーディネートを考えつくすのが好き、というよりも、
そういう時間があったら、お肌の手入れに使いたいなって思うタイプなんです。


いつもはデニム、お出かけはワンピースで。

引っ越し3

私の部屋にはクローゼットがあるんですけれど、
そこの扉はほとんど開きません。

よく着る服は、ワンシーズンで4、5着しかありませんね。


それを、母の部屋のクローゼットにつるしておいて、
ほとんど、それしか着ないんですよ。


清潔で、自分に似合っていれば、それでいいんじゃないですか。


こういうベストセラーもありますよね。

フランス人は10着しか服を持たない~パリで学んだ“暮らしの質”を高める秘訣~
 単行本(ソフトカバー) – 2014/10/30



それにしても、

どうして自分の部屋のクローゼットでなくて、
母の部屋のクローゼットにつるすのか、

と思いましたか。


そこにつるしておくと、
たいてい、母が、私の服の手入れもやっておいてくれるので、
つい、そうしてしまうんですね。


こうやって書いてみて気がついたんですけど、
私、お母さんに、凄く悪いことしてるような気がします。

料理は頑張ってるんですけど、
この件に関しては、私、悪い娘なのかもしれません。


ごめんなさい、お母さん、もうやめます。



そんな私ですから、断捨離といっても、服はもの凄くカンタンでした。


「する必要もなかったんじゃ?」
と突っ込みをいれたい読者の方もいるでしょう。


それが、あったんですよ――。

引っ越し4

久しぶりに自分の部屋のクローゼットの扉を開いてみたら、
着ていない服が、びっしり詰まっていたんです!!

何年どころか、10年以上そのままのものもありました。

しかも、似たような服ばっかり。


このあたり、もはやプチ怪談ですね。

「開かずの扉」をひらいたら……
ってやつ。自分の部屋なんですけどね。



考えてみれば、私は、服はいつもお気に入りのブランドで買いますし、
それも3つくらいしかありません。


そこのブランドのお店で働いているお姉さんにさえ、バーゲンの時、
「同じような服ばかり選んでらっしゃるので……」
と言われたこと、ありますよ。

さすがにイヤでしたけど。


でも、ここからは本当にカンタンでした。

毎年、同じような服、買ってるんですから。
古いやつから、それこそ、わしわしと、つかみ出すようにして、
可燃ごみ指定袋につめるだけ


私のクローゼットはそんなに大きくありませんし、1つだけです。


それでも、あっという間に、
76センチ×64センチの可燃ごみ指定袋に、4つくらい、
捨てる服が出ましたね。


それがなんか快感で、
もう一度やったら、また2つ出たんです。

それにしても、まさに断捨離



ちなみに、古い服でどうしても残しておいたものは、
エジプトに行った時に買った民族衣装と、
学生時代の思い出のブラウスの2つだけでした。



本当は、迷ったものもあったんですけれど、
洋服は流行があるし、
年齢を重ねて体形も変わりましたし、

えいっ、って捨てたんです。


あとで後悔したものは、ありません。

私が洋服に興味、うすいせいもあるでしょう。



それで思ったんですけれど、
皆さんも、断捨離しようと決めたら、
まず、自分があんまり執着がないものから始めるといいですね。

引っ越し5

私とは反対に、服が好きで、極端な話、
アンティークやヴィンテージも含めてたくさん持ってる、という人は、

きっと、服から断捨離しようとしたら、
とちゅうでイヤになって、やめちゃうかもしれないじゃないですか。


断捨離って、やってみるとスッキリするけれど、
時間、エネルギー、勇気ともにいります


私の場合は、偶然でしたが、
もともと興味がうすい洋服から始めて、

しかもそれで断捨離の快感を知ったので、
その先に進めたのでしょう。

引越し、断捨離体験記その2 化粧品

引っ越し6

それと同じくらいにラクだったのが、化粧品でした。

基礎化粧品は違いますよ。

私、お肌おたくなので。


私のいっているのは、メイクアップ化粧品です。



いや、本当にラクでした。


私は、いつもは、せっけんで落とせる、
ミネラルファンデーションとコンシーラー、チークを兼ねた口紅
をぬるだけです。

たまにマスカラも。
これもお湯とせっけんで落ちるやつ。


お出かけの時は、あとでクレンジングが必要なメイクもしますけれど、
たまにですね。


もとからそうでしたから、断捨離の時は、
いつもの、せっけんで落ちる化粧品を小さなポーチ1つに入れ、
そうでない化粧品を大きめのポーチに入れて、あとは捨てるだけでした。


それでも、化粧品の入っている棚をほじくりかえしてみると、
やはり年単位で使っていないものが、たくさんありました


ああスッキリ。

引越し、断捨離体験記その3 基礎化粧品は…えっ、アレが13本?


引っ越し7

次は基礎化粧品です。


このへんから、大変になってきました。


前述のように、私、メイクはあまりしないんですけれど、
基礎化粧品にはこだわるタイプなんです。



それで、つけた時にひんやりする感触が好きなので、
冷蔵庫で保管ができるものは、冷やしておくんですけど、

「基礎化粧品も断捨離しなきゃ」

と決心した時、冷蔵庫の中にどれだけのものがあったと思いますか?

引っ越し8

美容液が8本、化粧水が3本、乳液2本!!


合計13本もの基礎化粧品があったんですね。

おお。



これには理由があるんです。


私はもともと、とても安いものから、比較的そうでないものまで、
数種類のブランドの基礎化粧品を使いわけていました。


それで、実はそこまで基礎化粧品にお金かけてたわけではなかったんです。


一度決めたら、なかなか変えないですし。

20年以上使っているブランドもありますよ。



それでずっと調子がよかったんです。

去年の3月に、
21歳以上でないと入れないマカオのカジノに、すっぴんで行ったら、
パスポート見せるはめになったこともありました。

ちなみに私は42歳でした。



そんな私が愛用している化粧品は、コレ!
腸おすすめです。
顔がカサカサなあなたへ!私が20年使ってる○○人も注目のオイルとは



今でもお肌は比較的きれいと言われるんですが、
同時に、ある時から、
どんなに美容を頑張っても、もう、ある程度以上は若くならないな、
ということに気がついたんです。


それはね、整形するか、
もしくは、
ある程度以上の若さは、すっぱりと諦めて、年相応の美を追求する

しかないんですよ。


私は整形反対派ではないんですけれど、
病院あんまり好きじゃないし、後者にしよう、と思っていたんです。

引っ越し9

それでもいざ、その時がきてみると、ショックで、
「基礎化粧品を変えれば、なんとかなるのでは?」
と思いこみ、
いろいろなブランドの基礎化粧品を買いあさっていた時期があったんです。


それが、まさに、断捨離の時


洋服、メイクアップ化粧品はわりとラクだったのに、
冷蔵庫をあけると、基礎化粧品がドーン、でした。


このあたり、またプチ怪談かもしれません。

もうおさまったんですけどね。



でも皆さん、ジャンルは違っても、
どっかで、ご自分も同じことしたことある、
もしくは今もしてません?


人間って、そういうもんですよね。


皆、ちょっとか、大きく、変なところがあるんです。

あんまり変だとまわりが困りますけど、
多少だったら、許してやってください。


ご自分のプチ怪談に気がついたら、友達と披露しあうのもいいかも。

人数が集まれば、「百物語」も可能かもしれません。

引っ越し10

とにかく私は、それらの基礎化粧品をどう処分したか!?


……結果からいうと、しなかったんですね。



だって、もったいないじゃないですか。

けっこう高いやつもあったんですよ。


だから、なんとかして、全部使いきることにしたんです。

ただ、異なるメーカーの基礎化粧品をまぜて使うと、
お肌によくない場合があるんですって。


そこで私は、今日はこっちのブランドの基礎化粧品、
明日はこっちだとか、
ちょっと高かったやつでも無理やり手に使ってみたり、
ほぼすべてを使いきりました。

捨てたものは1つしかありません。


ただ、
「これを使った日は調子がよかったな、
あの日は、十分よかったんだけど、他の日ほどではなかった」
というのがありました。

後者の化粧品も使いきったんですが、
なくなったあとは買わなかったんです。


気がつくと、あんなにあった基礎化粧品が、
ほとんどなくなっていました。


少しずつ、年齢を重ねた今の自分の肌に、
本当にあう化粧品を厳選できたんですね。


だから、これも断捨離ですね。

引越し、断捨離体験記その4 「本だけは全部処分していってね」と言われ…

引っ越し12

自分のクローゼットに、娘が洋服を故意にかけておいても、
めったに怒らず、手入れまでしてくれる母。

そんな甘い母でも、私の引越しが決まってから、
口をすっぱくして何度も言ったことがありました。


本だけは全部、処分していってね
困ってるから。本当に困ってるから」


確かに私の実家はマンガや雑誌を含めた本だらけで、
本棚はもちろん、押し入れの中にもびっしり、
廊下にまで積んであるんですよ。



そこで決心して、「いらない」と思った本を、
段ボール4つに詰めて、
車で、実家から一番近い、とある、大手中古本販売チェーンに持っていて、

「買ってください」

って言ったんですね。


……これ、どこか分かりますよね。

「ブックオフ」です。


本を売るならブックオフ。

この言葉、私の頭にも焼きついています。


それが、けっこう、まとまったお金になったんですよ。

なにしろ数が多かったですから。


以前、ちょっとだけ売った時は、そうでもなかったんですけどね。

本にもよるでしょうね。


一番助かったのは、
買いとりができなかった本でも、ひきとってもらえたことです。


本、処分するのって、大変ですから。

本当に助かりました。


これは、店舗によってサービスが違うかもしれません。

あと、少し前の話になります。


それと、お互いに気をつけましょうね。

むこうは、自分の店でもう一度売れる本を探しているわけで、
捨てさせられる本を持ってきてほしいわけではないですから。



とにかく宅配便で売る、出張買取センターで売ることも可能です。

自宅まで来てくれる場合などもあるそうです。


ただ、上記は、量や住んでいる場所など、
一定の条件を満たしていなければなりません。

詳しくはこちらをご覧ください。

http://www.bookoff.co.jp/sell/

ブックオフって、本だけじゃなくて、
携帯電話やファッション関係、家具まで買ってくれるんですね。

びっくり。

ただ、これも、場合によるらしいので、詳しくは上記のサイトをご覧くだいませ。



それで私は、本の断捨離にもみごと成功!!

……そういいたいところですが、
ぶっちゃけると、本の断捨離は、まだ完全には終わっていないんですよ。


もう、家のどこを掘っても、出てくる出てくる。

引っ越し13

豪雪の時、とある寒い地方で、地元の方が、
「今日は雪かき4回もやった」
っておっしゃったのをニュースで見て、びっくりしたんですけれど、
そんな感じなんですよ。

実家に買うたびに、闘っていますが、
まだまだ終わらないんです――。


「この雪はいつかやんでも、冬が来れば、また降るだろう」

それと同じで、闘いは続く、私が本を好きである限り
……そんな気がしますね。


これもプチ怪談であるなら、その3ですね。



ただ、これはムダだったわけではないんです。

必死で本を処分していると、
その間は、気安く、新しい本を買えなくなるんです。


以前の私は、
「断捨離しなきゃ、よーし、家に帰ったらやるぞ」
って思ったその日に、
本屋で、断捨離の本を6冊!!買いそうになってしまったことがあるんです。


その時点で、もう失敗してますよね。

「ああ、ダイエットしたい」
ってスイーツ食べながら言っちゃってる女子と同じで。
気持ちはわかるけど、まずそれ食べるのやめようよ!っていうやつです。


それが今は、
「読みたいけど、買いたいけど、処分するの大変だし、お金もかかる」
と実感してからは、買う本をセーブできるようになったんです。

引っ越し14

そうなんです。

断捨離にかかわらず、
何かを成功させようと思ったら、
苦しくても、最初の一歩を、自分で踏み出すことです。


他人にやってもらったら、他人の力に頼ったら、駄目なんですよ。


苦しくても、たとえ最初は失敗しても、
自分の力でやらないと、ずっと同じ間違いを繰り返すことになるんです。


それに気がついたことを含めても、私の「断捨離」は成功したといえましょう。

引越し、断捨離体験記 まとめ


引っ越し15

まとめると、私の引越し、断捨離体験記、それから学んだことは、

1 まず自分にとって、ラクな分野から始め、断捨離の達成感を知る

2 苦手な分野でもやってみること。
 最初思っていたのと違う方法で成功するかも

3 断捨離でもなんでも、何かを成功させようと思ったら、
 苦しくても、最初の一歩を、自分で踏み出すこと。
 他人の力に頼ってばかりでは、同じ間違いを繰り返すことになる。
 人生でも同じ

でした。



いつも、オール・オア・ナッシング、「すべてか無か」
と考えない方がいいんじゃないでしょうかね。


その方が、多くのことを達成し、多くを学べると私は信じています。


※この記事の情報は、すべて2016年2月5日現在のものになります。



片付けの失敗例もすごく参考になりますよ!
部屋を片付けられない私の大失敗!やってはいけない片付け方3つとは?


引越しを安く済ませるならこちら↓