この記事の所要時間: 453

jedhakuro  http://free-photos.gatag.net/2013/11/29/110000.html


こんにちは、今日いきなり生理が来てちょっと焦ったマイヤです。


あまり生理周期が安定はしていなかったのですが、基本的に30日以上の周期だったので、
「来月の中旬辺りに次は来るかな~」
と思っていたら、前回の生理から20日ちょっとで生理が来てしまいました。


生理って必ずしも予定通り来るとは限りませんし、急な狂いによって布団やベッドシーツを汚してしまうということもあります。

汚してしまうとかなり焦りますよね。

何せ…血液ですから……。

血液って落ちない…ですよね……。



汚してしまった布団やベッドシーツは捨てるしか…と思っている方!

落とす方法はあります!


今回は布団やベッドシーツに付いてしまった血液の落とし方についてご紹介します。


早期発見できたなら…


布団2
AleLa Photography  http://free-photos.gatag.net/2014/08/22/060000.html

血液が付着したことにすぐに気づけた場合はとてもラッキーで、綺麗に落とせる可能性が非常に高いです。

まず、ベッドシーツについてですが、ベッドからシーツを外して、石鹸をこすりつけて水で洗えば、綺麗に落ちます

※お湯で洗うと逆に血液が固まってしまうので、水で洗ってください!



「本当に血液が石鹸で落ちるの?」

と疑う方がいるかもしれませんが、これは私の経験上からも事実であると言えます。


私は生理痛軽減のために布ナプキンを数年来愛用しているのですが、そのナプキンの経血を石鹸で落としています。

これが意外と綺麗に落ちて、この洗濯を結構楽しんでいます。


布ナプキンの洗濯の方法をこちらの記事でご覧ください!

布ナプキンの洗濯事情とは?〜前編〜




石鹸は何も高級石鹸でなくて良いです。

100円くらいのボディソープでも落ちます!

石鹸はアルカリ性で、このアルカリ成分が血液のタンパクを分解してくれるので、布に付着した血液を落とすことができるようになるのです!



でも長時間放置してしまったものは…ちょっと落としにくいです…。

綺麗に落ちない可能性もあります…。


目安としては、血液がパリパリに乾燥してしまっていたら、落とすのが難しいかもしれないと覚悟しましょう。


病気でもそうですが、何事も早期発見がカギとなります。

もし、すぐに発見はできたけれど、すぐに洗える状況にない、という場合は、石鹸水を少しシーツにスプレーしておくだけでも、落ち方が全然違います!

この時、石鹸水ではなくても、セスキ炭酸ソーダを溶かした水をスプレーしておいてもOK。


これをするのとしないのとでは、雲泥の差!

例えばカレーを食べた後のお皿って、時間が経つと洗うの面倒じゃないですか?

でも水に濡らしておくと、そんなに苦労することなく洗えますよね。


それと同じようなものと言うと、想像しやすいでしょうか。


早めに見つけられたのなら、早めに手を打つ、これがカギです!



時間が経過したものや布団に付着した時には


布団3
Marina Lovato.  http://free-photos.gatag.net/2014/08/14/130000.html

布団に付着してしまうと、シーツのように簡単に洗うことができません。

その時は綿棒に酸素系漂白剤を染み込ませ、それで落としていきます。


中綿まで染み込ませると大変なので、布をつまんで血液部分に綿棒を当てるようにし、当てた部分を綺麗なタオルでふき取る、という作業を繰り返します。


この時、残念ですが、布団の色も落ちてしまう可能性が非常に高いです。

血液がそのままベットリ…よりはマシかと。。。

石鹸で落ちなかったシーツの血液も、この酸素系漂白剤でかなり落ちます。



ただ間違えてはならないのは、塩素系漂白剤では落ちない、ということ。

買い間違いにご注意くださいね!


一番確実な方法は…


布団4

布団にしろベッドシーツにしろ、一番確実なのはプロに任せること!

クリーニングに出しちゃいましょう。



動画の血液は事件でもあったかのような感じで付着していますが…笑

あそこまで酷いものでも、プロにかかればここまで綺麗になるんです。



酸素系漂白剤で大失敗…というようなことがないので、お気に入りのものはプロに任せた方が安心だと思いますよ!



布団やベッドシーツに付着した血液の落とし方まとめ


布団5

1.石鹸で落ちる(簡単に洗えるシーツはコレで解決!)

2.酸素系漂白剤を使う(使い方、買い間違いに要注意)

3.クリーニングに出す(プロに任せる!)



自分で綺麗にできない、クリーニングに出すのは何だか恥ずかしくて嫌…という場合は、もう諦めて新しいシーツや布団を買い替えるというのも一つです。


ちなみに、私は血液の付着がきっかけで買い替えたことがあります。


そう頻繁に買い替えるものではないからこそ、良いタイミングだと思って割り切るのもアリですよ!



油汚れも血液と同じくらい落としにくいですよね。こちらの記事の方法をお試しください!
一人暮らしの女子へ!油汚れの洗濯、リアルなたったこれだけのコツ

Sponsored Links